保育園、学校、学童等コロナ情報 (4月11日まで)

「保育園、学校、学童等コロナ情報 (4月11日まで)」を作成しました。詳細なリンクが必要な方は、グーグル検索等をお願いします。

 

※ 感染された方を揶揄する目的は一ミリもありません。ウイルスがあれば、誰だって感染します。専門家会議のアナウンスから学校が再開しましたが、「学校という場所は本当に安全なのか?」の検証のため、もし交渉をする必要が生じた際、先方を説得するための裏付けのために、情報を集め始ました。

 

結論として、先生も生徒も、感染の広がる地域で学校に集まることは、危険に思えてなりません。分かっている範囲でも、学校ではクラスターが発生し、先生から生徒への感染もあります。

 

保育園も立て続けに先生の感染やクラスター感染の可能性を含む検査が行われており、勤務している先生方は命がけの状態に思えます。

 

学校に関わるあらゆる職種の方が感染されており、家族の方から子供への感染、子供から家族、バイト先等の地域への感染もあります。

 

子供はクラスターの中心になりにくい、学校は開校できるという判断は、現在の状況では…改めるべきではないのでしょうか…。

 

 

もくじ

 

 

1、先生の感染

■ 教員の感染

4月3日 愛知豊田市の小学校で複数の教職員の方々が感染者と濃厚接触が判明、臨時休校。感染者が出なければ4月13日から開校 

 

4月4日 愛媛県高校の先生の感染が判明。発熱するまで学校勤務。部活指導を受けていた高校生1名に陽性反応。 教員→生徒感染

 

4月5日 埼玉県立高校の先生の感染判明。家族から感染の可能性

 

4月7日 沖縄県の中学校の先生が感染判明。生徒との接触は不明

 

4月7日 福岡県北九州市の小学校の先生の感染確認。母、兄弟とも感染確認済。4月11日時点で同じ小学校から計3名の先生方の感染が確認されています。  

学校内クラスター感染

 

 4月8日 東京江東区の小学校の先生の感染が判明(4月3日より発熱)。小学校を消毒。が、4月10日に同僚の先生方3名が発熱。内2人は4月6日の入学式以降に発熱。入学式等での子供への感染は不明。  学校内クラスター感染の可能性あり

 

 4月8日 和歌山県の中学校で複数の先生方の感染が判明。4月9日段階で、同学校内の7名の先生方が感染と判明。仁坂知事は、「湯浅町の病院に続いて、県内で2つめのクラスターということになる。」 学校内クラスター感染

 

 

■ ALT(外国人指導助手)

 4月1日 仙台市内の中学、高校でALTをしていた方が感染、授業再開延期

 

 

 

■ 学校の事務職員さん

 4月7日 愛知県豊田市の高校の事務員さん感染判明、始業式延期

 

 

 

■ 保育士さん

沖縄県県南部保健所管内にある自治体の認可保育園の副園長先生の感染判明。家族から感染。4月6日から休園

 

4月10日 名古屋市立の保育園の保育士さん、そのお子さん(中学生)の感染が判明。現在園は休園(2、子供の感染にも記載)

 

4月11日 宮城県仙台市保育士さん3人感染、園児、職員の方々42人PCR検査へ。すでに園児6人に微熱症状  園内クラスターの可能性あり

 

4月11日 北九州の認定こども園保育士の先生、9日に感染が確認された90代の方の家族。家庭内で5名感染確認。10代の子供を含む  

 

 

 

■ 調理員さん

4月10日 群馬県 高崎市 保育園の調理員さんの感染が判明

 

 

 

■ 塾の先生

 4月6日 北九州市の塾の先生の感染が判明。塾の生徒27人は2週間の自宅待機

 

 

 

 

2、子供の感染

子供は重篤化しにくいという前情報でしたが、中には重篤化する子も。亡くなる子も目立ってきました。子供の感染は、家族からの二次感染が多いと言われていましたが、家族は陰性、リンクの追えない子供の弧発例も出ています。WHOや日本小児学会からは、子供は軽症で済むという認識への警鐘や、子供も成人同様の感染のしやすさであることがアナウンスされています。

 

 

 

■ 家族から感染

4月5日 埼玉県未就学児の感染判明。事前に家族の感染が判明

 

4月6日 愛知県で0歳のお子さんの感染が判明。家族の勤務先が集団感染

 

4月8日 富山市中学生感染判明、小中学校休校。お父さんからの感染濃厚

 

4月8日 文京区の保育園に通う園児が感染判明。(感染経路は記述がありません)

 

4月9日 滋賀県中学生感染判明、7日に感染が確認された方の家族

 

4月9日 神戸、北播磨地域に住む小学生感染判明。家族からかどうかは分かりませんが、同じ事務所管内に住む30代の方の感染が確認されています。

 

4月10日 名古屋で保育士さんとその中学生のお子さんの感染が判明。保育園は現在休園

  

4月10日 千葉県でお子さん2人が感染。いずれも未就学児で、同居するご両親も9日から10日にかけて感染が確認されています。



 

■ 家族以外から感染/弧発例

3月31日 東京都内6歳未満のお子さんの感染判明、その後重症。感染者との接触渡航歴なく、弧発例

 

4月6日報道  東海地方で新中学1年生の感染が分かりました。家族は陰性

 

4月9日 島根県で高校生が感染。4月10日お母さんの感染が判明。4月11日バイト先の飲食店の20~40代の常連客4名が感染判明(3月下旬に来店)。 

※ 専門家会議では、家庭内で大人から子供に感染する例は多いが、子供から大人に感染する例はまれ。子供が学校で万一感染し、家庭に持ち帰っても大丈夫だろうとして、学校再開の一つの根拠になっていました。が、この件では子供から大人へ感染しています。


 

 

■ 大学生の感染(一部)

3月31日 京都産業大学クラスター感染

 

4月6日の時点で少なくとも48大学で感染者(NHK取材)

 国立大学が、北海道大学東北大学東京大学大阪大学神戸大学九州大学など12の大学。公立大学県立広島大学と、愛知県立大学。私立大学が、早稲田大学明治大学関西学院大学京都産業大学など34の大学

 

4月8日 兵庫県10代の学生3名感染判明

 

 

 

■ 重症化した子供、亡くなった子供

3月25日 米国初の子供の死者。10代(ロサンゼルスのすぐ北にあるランカスター出身)。発症前の健康状態は良好

 

3月30日ベルギーで12歳少女死亡。発熱から3日。医者は「子供は後だ」。救急車も現れず

 

4月5日 文春オンライン 欧州13歳の少年は隔離され看取られることなく亡くなる

 

※一方で高齢者は重篤化しやすいとされる中、イギリスでは98歳や99歳で治られる方も。アメリカでは104歳、オランダで107歳の方も生還。ある程度の傾向はあっても、一概に年齢で分けられるものではなさそう

 

 

 

■ 乳幼児の危険は高い

4月1日 山梨県で0歳のお子さんが感染。重症で集中治療室へ

 

4月2日 アメリカ コネティカット州で生後6週間の赤ちゃんが感染、死亡

 

 

 

■ WHOも子供は軽症で済むという認識に警鐘

WHO 子どもも新型コロナ感染、重症化リスク「年齢だけではない」

www.afpbb.com

 

 

 

■ 日本小児学会/その他

日本小児学会新型コロナウイルス感染症に関するQ&Aより 

子どもの感染者数は成人と比べると少ないですが、感染しやすさは成人と変わらないこともわかってきました。」

www.jpeds.or.jp

 

4月7日 CNN ほとんどの子供は軽症で済むが、中には重症化する子もいる。亡くなった子もいるというニュース

edition.cnn.com

 

チャイルドリサーチネット

「子どもの新型コロナウイルス感染症の実態について - CRN 子どもは未来である」

子供の年齢別の重篤化のパーセンテージ

www.blog.crn.or.jp

 

 

 

3、保護者の感染

4月7日 茨城県の中学校、保護者の方の感染が判明。入学式中止

 

 

 

4、保育園休園

4月3日 新宿区で自粛要請

 

4月6日 非常事態宣言で渋谷区保育園休園

 

4月9日 東京都23区では千代田区中央区墨田区、文京区、渋谷区、杉並区、豊島区、足立区が原則休園。そのほか自粛要請。江東区のみ未定(4月9日時点)

 

4月9日 北九州市の保育団体、保育園利用の自粛を市長に要請

 

 

 

5、学童休止

4月6日から東京都世田谷区も学童61か所を休止

 

 

 

6、学校再開に警鐘を鳴らす医者

DIAMOND Online 4月7日 米ニュージャージー州で、感染症専門医として勤務する日本人医師・斎藤孝さん
2ページ目の最後

「今でも日本では電車通勤が普通に行われていて、学校の授業も再開されようとしているそうです。この状況ではクラスターどころではなく、不特定多数が日常的に感染リスクにさらされます。」

diamond.jp

 

AERA 4月13日号 日本福祉大学教授の野尻紀恵さん

「再開する場合でも、先生方が、感染症の専門家からリスクを高めないためのレクチャーをきちんと受けられるわけではないでしょう。学校現場に任されたまま、『距離を空けなさい』『窓を開けなさい』だけで再開するのは本当に危険です」

「全体の感染者が増えれば、子どもにも死のリスクが及ぶ可能性はある。治療薬や検査体制が確立できるまで少なくとももう半年、各自治体すべて足並みをそろえて休校をやったほうが、効果もある。」

headlines.yahoo.co.jp

 

 

 

7、遠隔授業

■ 遠隔授業の取り組み

先生への感染を避けるため、医療への圧迫を少しでも抑えるため、学校で遠隔授業をする必要があるのかどうかは熟考して頂きたい。技術的には自宅からも配信できるはず。

 

4月10日 埼玉県三郷市 「三郷市内小学校及び中学校生に、ノートパソコン一人一台を配備して、また、ネット環境のないご家庭にはモバイルルーターの貸し出しを行い、オンライン授業を可能とする環境整備を行う運びとなりました。八潮市吉川市松伏町等も同等です。」

ameblo.jp

 

福岡市、遠隔授業の取り組み(2月から授業が動画で配信)

https://clvs.fukuokacity-ftc.jp/clevas/

 

熊本県高森市が遠隔授業開始へ 子ども宅に無線LAN整備

kumanichi.com

 

4月8日 熊本市教育委員会遠隔授業へ向け、教員向け研修 

 

4月15日~5月6日 東京都 小学生向け生活・学習支援番組をスタート(東京MXTV)

www.metro.tokyo.lg.jp

 

■ 文科省発表

4月10日 萩生田文科相GIGAスクール構想積極推進を示唆

 

4月10日 文科省家庭学習を通じて学力を身につけたと確認できる場合、学校再開後に同じ内容を授業などで扱わなくてもよいとする特例の通知

 

4月10日 家庭学習もリポートの作成や登校日の小テストなどで、教師が学んだ状況や成果を確認できれば、評価への反映を認める。とのこと

 

 

 

8、教員の在宅勤務、時差出勤を求めるガイドライン

4月7日教育新聞 文科省 教員在宅勤務や時差出勤を求めるガイドラインを改訂

(有料記事)

www.kyobun.co.jp

 

4月9日 朝日新聞デジタル 東京都立学校の先生は原則自宅勤務。非常事態宣言解除まで登校日はもうけないとのこと(特別支援学校では預かりあり)。市区町村立学校にも協力要請

headlines.yahoo.co.jp

 

 

 

 

9、小学校休業等に関わる助成金

今回、風俗営業等関係事業主及びその雇用する労働者を支援の対象とする等の見直しを行い、支給要領の改正とQ&Aの更新を行いましたので、お知らせいたします。」とのこと。

 

www.mhlw.go.jp

 

4月10日「対象となる休暇取得の期限を延長し、令和2年4月1日から6月30日までの間に取得した休暇等についても支援を行うこととしています。申請受付開始は4月15日(水)頃を予定とのこと。

www.mhlw.go.jp

 

 

 

 

10、一斉授業での子供の選別

4月9日 学校側から新型コロナの感染を防ぐ目的で、自主休校を求められる子が出たと報道。愛媛県の小学校 親が長距離トラック運転手の世帯、小学校が子どもの登校認めず謝罪

 

 

 

11、学校休校をもとめる子供たちの運動

■ 札幌創成高校

北海道教育委員会へ札幌創成高校の生徒などで作るグループが、休校を求める署名を提出しました。NHK北海道等で取り上げられています。

 

■ 茨城県立の日立一高

4月7日 茨城県立の日立一高の三年生の生徒有志がストライキを表明。毎日新聞ほかさまざまなメディアで取り上げられています。

 

■ 山梨県より全国一斉休校休園要請

山梨県の子供たち(?)が主体となっているようです。全国一斉休校休園要請

www.change.org

 

■ 山梨県より山梨県公立校休校延長要請

同じ山梨県の子供たち(?)が立ちあげているようです。山梨県公立校休校延長要請

www.change.org

 

■ 山梨県の高校生が主体となって山梨県の県立学校休校運動

こちらは高校生が主体となって行っているようです。山梨県の県立学校休校運動

www.change.org

 

■ 新潟市、自主休校の子供が日に日に増える

新潟市教育委員会によると、学校・園が順次再開した6日が26人、7日が105人、8日が107人、9日が203人、10日が268人の子供が自主的に休んでいる。

 

www.niigata-nippo.co.jp