みなさんのところ、どんな

f:id:toridashi-foh:20200317101821j:plain

沖縄戦のさなか、「いつか胸を張っておひさまの下を歩きたい」と友達とガマ(洞窟)で言い合った、みたいな話を伝承で聞いたことを思い出しつつ。いつか胸を張って公園でピクニックしたり、花見したりしたいなあ。

 

さて、学校が休校になって2週間余りたった現在、娘が夜になると寂しいと言い、泣き出すようになりました。祖父母に電話をさせたり、旦那と夜の自販機に買い物に出かけさせたり、一緒にカードゲームをしたり、お話を聞いたり、犬をいじったり、いろいろするけれど根本的な解決になっていない感じがする。

 

ずっと自分の興味のある話を聞いてくれる友達が欲しい。ずっと共感してくれる友達が欲しいという。でも冷静になって、あなたの級友とそこまで自分の興味の話はしないでしょ、と聞くと、確かにそうだねという。現実の友達はストレスとちょっとの温かさと違和感と発見が混ざったもので、決して自分の思い通りじゃない。またそこがグラウンディングさせてくれて、現実って感じでいい。

 

多分自分の居場所が家の外にないため、ある種の変な言い方だがストレスがなさすぎるんだと思う。ストレスは人間社会の学びでもある。それがゼロになると、途端に所在なくなり、不安になり、不安定になり、自分が消えそうになる。そういう経験、私にもある。ずいぶん大人になってからだけど。

 

娘が精神を壊さないか心配しつつ、昼間に友達が放浪していそうな公園に一緒に行ってみようよと提案したり(しかしどうも昼間は提案しても動かない)、ひとまずこの限られた時間、何か目標をもって練習するのはどうかとダメ元で提案してみたり。

 

今まで興味があって「できたらいいな」と思いつつ、着手できなかったものは何かないか聞いてみる。楽器はどうかと旦那がいい、いろいろな楽器の動画を見せ、弦の仕組みを教えたりしていた。何でもいいから情報をむさぼる様子の娘がいた。どうやら新しい情報にものすごく飢えているようだ。

 

そういえば3学期の終わりという時期的に、学校から出た宿題は1年間のまとめの部分。家でさらにドリルを買ったが、やっている内容は今年度の復習。新しい広いでも狭い意味でも多分学びにも飢えている。

 

友達というのは象徴的にそこに集約されていて、その要素も多分にあるだろうけど、いろんな飢えがそこに吸着している気がする。そういえば春休みはスキーに挑戦したいといっていたっけ…。

 

本人も不思議がっていた。いつも夏休みとか長期休暇で、こんな風にならないのにと。長期休暇でほとんど友達に会わない。だけど通常、旅行や里帰り、博物館、外食、プール練習、いろいろ体調を崩さない程度に、無為に過ごさないようにと、6月7月ころからリサーチし、組み込んでいる。これは乳幼児期、2人きりで無限に思える夏を過した経験から、私の恐怖でそうしているんだけれど。そして本人も最近は「これをする」と目標を持つようになり、暇があると泳げない自分を克服しようと、親をプールに誘ったり。

 

不要不急の外出を控えろと言われ、学校も厳しい方なので、見回りや電話確認がある。なかなか外で新しいことに挑戦、とはいきにくい。せいぜい縄跳び…。そしてうちの子は、私にあまり似ず、結構派手なことが好き…。旦那に似て、好奇心旺盛なのです…。

 

休みに入ってから、数冊本を購入した。どれも斜め読みしてしまった様子。それでも新しい本があると「わあ」といって喜ぶので、また本をぽちった。図書館が開いていたらなあと思う。

 

知っている学校では図書館を開放している。中にとどまって本は読めないが、貸出を行ってくれている。また校庭解放がある。うちの学校でもそれらがあれば、随分いいのにと思う。

 

学習内容を忘れないよう、毎日国語算数のドリルをやっている。子ども自身で本を選んで、毎日一冊読んで、自作の図書カードに記入している。一日1.5~2.5時間は人のほとんどいない近所で遊び、体を動かしている。縄跳びも随分うまくなった(当社比)。犬がいるので、犬の散歩にも出ている。マスクをしながら。

 

でも足りないのだろう。

 

4月からはどうなるんだろう。もし4月からもしばらく学校休校になるのだとしたら、心の準備と物理的な準備期間が欲しいので、できるだけ早く知りたい。

 

今自分で朝ご飯を作らせ(ジャムをパンに塗る簡単なお仕事)、ぽつぽつ話す。なぜか日が高い時間に公園にはいかない娘。今日も「まずはゆっくり」といって、外出を断られる。そのくせいつも夜9時に泣くんだよなあ。ちょっと強引にでも、つれて行ってみるかなあ…。