先生たちを、普通に次年度の準備に向かわせてあげてほしい。

f:id:toridashi-foh:20200302163217j:plain

トゲタたちの学校が休校になったら、たぶんトゲタは家を破壊するか、あるいは興味あることにまい進して、脳内だけ遠くに行くか。本が好きだと助かりますけどね…。

 

我が家の娘も、新型コロナウィルス対策で休校になり、家ごもりをしています。まだ土日月ですが、先の長さで私が見通しとれず、とりあえず日々のルーチンを模索しています。短い時間で宿題を工面してくださった学校の先生方、本当にお疲れ様です。おかげで一日が少し立体的です。

 

ツイッターによれば、担任が各児童宅を訪問する案が出ていたり、電話で逐一児童の報告を聞く案が出されている学校もあるようです。

 

虐待や食事等のネグレクト、またそのような理由でなくても、日々の栄養が給食なしでは取りにくい児童は、一か月時間を空けるのは不安ですが、何だかそんなに先生を酷使しないで、逆に病気にかかりやすくなっちゃうよ、と思ったりします。家庭訪問となったら、逆に病気を媒介しないとも限りませんし。トップダウンで命令が下ったら、少々無理をしても(体調が悪くても)、先生たちやりそうだし。

 

中には学童応援に行かされる先生もいるとか。そうした環境が得意な先生はいいですが、そうでない先生もいるでしょう…。

 

昔学校現場にいたころ、今頃から3月末にかけて、成績処理、年度末の書類の仕上げ、提出、教室整備、机の移動があったら身辺の整理、パソコン回収やLAN配線にともなうあれこれ、異動があった場合は4月1日から、いきなり右も左もわからない状態で、分掌で駆け回り、主任職だった場合は生徒も先生もわからない状態で仕事が降ってきたり、何かもう、ばたばたでした。

 

ぶっちゃけ自分の仕事の足並みが揃うのは、最速でもGW明けてから。通常の校種ではありませんでしたが、そんなわけなので、春休みはもう少し長くし、異動も早くし、早く学年や分掌等のメンバーをそろえてキックオフし、打ち合わせも3月中に終わらせて、各自新年度の仕事を児童生徒がまだ来ない間にある程度できるくらいの余裕が必要なんじゃーーーー?と思いながら、コーナーを丸く走る勢いで過ごしていました。

 

異動はこの状況でも4月1日を待つのでしょうが、そんなわけで、せめて次年度の計画や、教室整備や、教材準備や、書類の整理にこの1か月を当てていただいても、それは直接的に次年度の教育のクォリティに反映されると思いますので、何一つマイナスじゃな

 

ところで手の甲に凄い痒いぷつんこができているんですが、ノミとかでしょうか…。犬が、散歩→私の布団 だからなあ…。

 

My dauther is spending her time in the house doing her homework, reading online books, watching YouTube, drawing pictures, stroking the dog and eat what she likes (eat vegetables).

 

Thanks to companes which offers free online contents. You can access to many online contents for free now.

www.gakken.co.jp

nlab.itmedia.co.jp

www.recruit-mp.co.jp

houkago.asahi.com

www.kosodate.co.jp

piyolog.hatenadiary.jp