犬のおしっこ話

我が家のボス、保護犬をもらった時のことを思い出して描いてみました。

 

保護犬の手続きは本当多岐にわたり、2時間3時間の手続きを経て、電車で帰宅しました。こちらもヘトヘト、犬も多分ヘトヘト。そうでなくても当時使っていた犬用のキャリーバッグは犬に大変不評で、入れるのに一苦労でした。

 

f:id:toridashi-foh:20200113153140j:plain

我が家の犬は物怖じしない性格だったらしく、あっさりキャリーバッグから出て、部屋の隅々、あちこち嗅ぎまわっていました。

 

f:id:toridashi-foh:20200113153203j:plain

f:id:toridashi-foh:20200113153239j:plain

この後「ワーーーイ」という感じで走り回ったりもしていました。そして

f:id:toridashi-foh:20200113153302j:plain

思い切りマーキング。彼女は気の強いマーキング系女子(メスだけどマーキングする)だったらしく、初めての場所では必ずおしっこします。おしっこの直後でもおしっこするので、がんばってひねりだしているらしく。

 

年ももう中年。しばらくトイレを教えようと画策したものの、お互い何か不幸な感じになっちゃうので、清く犬用オムツを常用するようにしました。

 

お金かかりますが、お互い気楽に過ごせるようになったので、もう諦めることにしています。

 

というわけで、動画に出てくる彼女はいつもオムツ姿になっています。保護施設でもオムツだったので、まあ、受け入れてはくれているのかな。彼女の散歩のあと、お風呂のあと、多分トイレしないだろう時間帯には、オムツを外していたりしています。それが何かものすごい違和感があって、裸感がすごいです。

 

f:id:toridashi-foh:20200113155422j:plain

ただの犬のバックショットですが、私たちからすると、撮っちゃいけないタブーなものに見えています…(^^;)。

 

YouTubeに保護時の、今見るとかなり悲惨だったんだなという写真、現在のもけもけの映像を合わせてアップしました。

 

www.youtube.com

 

寒い日、ぜひもふもふを見に来てください。