ミスドばかり食べる

f:id:toridashi-foh:20191124102124j:plain

クリスマスが近づいてきました。その前にいろいろすべきことがあるのですが…。限界まで逃げる気分らしいです。

 

最近ミスタードーナツばっかり食べています。ミスドとコーヒー。これが自分のほっこりタイム。仕事帰りに買って帰り、子供と食べる。あまりに連日それなので、子供のほうが飽きはじめました。私はまだまだ飽きないのだけど…。

 

ポケモンコラボをしていて、いつの間にかコラボ商品を全制覇してしまいました。子供が。「ピカチュウのしっぽ」、おいしそうだったな…。

 

今日は犬を風呂に入れました。元繁殖犬の彼女は、多くの繁殖犬がそうらしいんですが、歯がボロボロ。先週歯石と抜歯の手術(全身麻酔)終え、手術前検査や手術、経過観察で、気づけばしばらく風呂に入れておらず、すっかりくちゃいくちゃいに。

 

今日は少し暖かくなるということで、風呂に入ってもらいました。今ふかふかになり、毛布を3重にかぶって、昼寝しています。

 

昨日は彼女を譲渡してくれた場所に遊びに行き、昔馴染みの犬と再会。それぞれの犬にそれぞれ命があって、小さいくせに性格があって、全部友達みたいな気分になる。

 

できれば全部飼いたいけれど、獣医代や万一の保険料、またトリミングや日々のお手入れを考えると、まあ一匹が限度です。

 

自分が諦めることで、他の子は他所のよりよいところで飼ってもらい、幸せになる可能性があるわけで、そこは潔く自分の生活を見積もる必要があるんでしょう。だけど、本当いとおしい。

 

生活が便利になり、機械やコンピューターがぶれない仕事をしてくれるようになり、生活のために動物と同居するということがかなり珍しくなったのでしょうが、生活のために動物と同居するというのは、大変だし合理的でない部分もあるのでしょうが、とても楽しいものだったんじゃないかなと、犬と同居し始めて、思います。

 

羊を追う犬を見るのは爽快で、小高い丘をよく走る犬は頼もしい相棒で、犬もそれを誇りにしていただろうし。人がそういう朝、昼、夜を繰り返していく日々は、現代無意識に使う筋肉とは違う筋肉を使うように、今知らない部分が思いがけず楽しく、また大変でもあり、わくわくもハラハラも不安も楽しみもあったんだろうなと。

 

YouTubeでもっぱら、走る犬の動画を見ています。犬の動画って結構多くて、犬の動画で犬の生活費が稼げたら、ある意味現代の仕事する犬だなと思ったり。