夏休み

f:id:toridashi-foh:20190730102559j:plain

子供が夏休みに入り、小学校の保護者面談などがあり、小学校から持ち帰った洗い物が一式済み、自転車がパンクし、飯を作っても作っても足りない、そんな日々です。

 

夏休み直前にボタンを掛け違った感のある職場の子が、元気に二学期来てくれるかな、もしや私は大変あの子を追い詰めてしまったのではないかと不安になったり、同僚にその程度の学力、能力で仕事しようなんて甘いと叱責される夢を見たり、そんな日々です。

 

和歌山カレー毒物事件の被告の息子さんがインタビューに答えていた記事を読みました。

gendai.ismedia.jp

 

児童相談所児童養護施設の話が出ていて、内容がかなり酷いものだったので、色々と認識不足なところがあるんだろうなと。今関わっている子供の中には施設の子もいるので、夏休み、どうしているかなと思いを馳せています。

 

記事の中に、ロッカーが限られていて、そこにしか自分の私物を入れられないと言う記述がありましたが、多かれ少なかれ確かに自分のものを置けるスペースが限られているだろうから、あまり「持って帰ってお家で保管(という名の、もう使わないので、処理はお任せ)」という指示は良くないんだろうなと。私にあげてもいいよ、私の家にちゃんととっておいてという子は、私に頂戴と今度から言おうか。

 

夏休み思い出される顔ぶれは、施設の子や、ご家庭が苦労している子。よく食べて、のんびりできていて、楽しいことがあるといいけれど。そんな想像は、まるで施設の職員さん、親御さん頑張りを知らないで、失礼でもあるよなとまた思ったり。

 

秋にはバサーがあるようなので、行ってみようかな。