朝顔

f:id:toridashi-foh:20180729180721j:plain

子供が小学校で育てた朝顔を持ち帰りました。

朝顔ってアジサイと同じで、土のphによって花の色が変わるんでしょうか?我が家の朝顔は水色っぽい色。でも、つぼみは紫色。なので、コンディションによっては紫になるんだろうな?という、危うい色合いの花をつけます。

 

ブルーカルセドニーを彷彿とする色です。明らかにばちっと美しいというより、空気のようにはんなりあって、あまり意識しないけれど、改めてみると何て美しいんだろうと。Tシャツの美人のような、疲れない美しさというか。

 

調べてみたら、園芸の品種改良が盛んだった江戸時代に行われたものが多いようです。

アサガオ - Wikipedia

 

種もつき始めました。ぷっくりした大振りな実で、けなげだなあと。

 

家では子供が幼稚園でもらってきたザリガニが先日亡くなり、同じく幼稚園でもらってきた金魚がメタボぎみながら元気。平素せわしなく動くものたちの世話に追われていますが、今日気づかされました。植物って、いいなあ…。

 

夏の日の緑の葉は、何かを思っているようで、見えないけれど振動しているようで、自分が知っているけれど忘れた言葉で語っているようで、ずーっと見ていられる。植物をずーっと見ていられる自分に驚きます。年かなあ。

 

夏は、ひまわりやハナアオイも咲き、夕方に散歩に出ると、本当に景色が華やかで豪華です。夏は祭なんですね。やがて来る秋に向けて、ちょっと景色を惜しんでいます。