『いやいやえん』35年以上ぶりに再入園。(部分的にネタばれあります)

Amazonのレビューによると、名作という人と、非常に印象が悪かったという人に二分されるようです。どちらかというと良い印象の人が多いようだったので、購入。読んでみて、ははあなるほどアクが強い。でも人間臭くて子供臭くって、私は好きでした。

 

著者は『ぐりとぐら』の作者でもある中川李枝子さん。元保育士。『いやいやえん』の前に我が子と中川李枝子さんの『たんたのぼうけん』を読んでおり、娘はどうも中川臭(なんとなくある)が好きなようだと感じていたので、意を決して『いやいやえん』に挑戦。結果、どんはまりでした。

 

『いやいやえん』は、オムニバス形式でいくつも短編が収録されています。「しげる」という、世の園児を煮詰めたような虚構の少年が、どの物語でも登場します。時にメイン、時に脇役。しかしそのどれもやんちゃくれで、園にいたら手を焼くだろう、先生にしたら「腕の見せ所」な子。きっと実際にいたら、思い出深い子になるような子として登場します。

 

最初、物語の中で上級生に邪険にされる「しげる」に同情していた我が子も、途中から「しげる」の立ち位置が分かり、新しい物語に登場すると「出たな、しげる」「待ってました」状態。今度は何をしでかしてくれるか、わくわくしながら聞き入っていました。

 

子供としては、やってみたいけど大人に叱られるんだろうな…気持ちは分かるけれど、自分は我慢するな…というギリギリをついてくる「しげる」。共感しかないといった様子で、我が子は彼の一挙手一投足に爆笑でした。園に行くのに服を着ない。食べるのは一つだけという約束の果物を、毎度二個ずつ食べていく…。

 

本が後半になるにつれ、はたと気づきました。あれ、私もこれ、読んでもらった事があるぞ。お山に登る話。私は時々似た情景を夢で見ます。

 

またタイトルにもなっている『いやいやえん』。当時、私は幼馴染たちと、「赤は女の色、青は男の色」と色でジェンダーの区別をする謎の議論の真っ最中で、黄色の分類で喧嘩をしていたものですから、「しげる」が似たようなことを言っているのにシンパシーが湧き、その記憶がトリガーとなって、読んでもらったぞこれ、と思い出しました。

(私が母の趣味もあり、黒や青や緑を着ていて、幼馴染に男の色と言われたことが発端での議論でした。そんなこと拘る奴いるの~~?と思っていたら、お話に出てきたので、ほ~~?となったのを覚えています)

 

そしてこの最後の物語でもある『いやいやえん』、読んでもらった時にちょっと強烈すぎたのも覚えています。今になると、決してアウトとも言えなく、抑えるところは抑えているので、一つの保育の在り方かもなと読めたのですが、子供の頃はちょっとびっくりしたのを覚えています。

 

Amazonのレビューで印象が悪かったという方の中には、当時の自分のように、特にこの短編が賛否両論なのかもなあと思ったりします。個人的にですが、大人になって読み返すと、アリでした。

 

個人的にですが、大人が子供を反省や変容に追い込むのではなく、「自由」を徹底した保育現場で(安全確保だけはギリギリのラインで行っている)、自然と「しげる」が何かを感じ、「(元の)ちゅーりっぷ保育園に帰るよ」と言うのが、ルソーの『エミール』のような思考上の教育実験のようにも見え、その流れも自然で、非常に意味深い物にも感じました。

 

我が子はすっかり「しげる」と友情を交わし、文中の彼に途中途中自分のセリフを差し入れ、話しかけていました。『いやいやえん』がすべて終了し、本を閉じたら、急に寂しい顔になり、「もうおしまいって寂しいね。」と。本が終って寂しがるのは、初めてです。「しげる君にはもう会えないの?」

 

本を開けばいつでも会えるよ、ご本の子は、読んでくれた子といつも一緒なんだよ、となだめ、寝かしつけ。それでも、切ないですよね。分かります。この切なさ、中年になっても克服できないなあ。

 

しかし母も35年以上恐らく経って、「しげる」君と再会したのです。大人になってピーターパンと再会したウェンディ以上の隔世ぶりですが、そこまでの哀愁もなく、相手が「しげる」故でしょうか、相変わらず彼と過ごす時間は最高でした。

 

「中川李枝子さんという人が書いたんだって。」と娘に話すと、「…教科書の人だ!」と気づきました。すげえなおい。小学校1年になったばかりの彼女は、教科書のはじめのはじめに、中川李枝子さんの『あさ』という詩を勉強していたのです。初めての先生と、初めての子だらけの教室で、声をそろえて音読したそうです。

 

何か縁が深いですね。

 

ちなみに中川李枝子さんの童話を読もうと思ったきっかけは、彼女が書かれた大人向けの本、『子供はみんな問題児』をふらりと書店に入った際、買って読んだからで。その中に、まるで「しげる」のモデルになったのでは、と思えるような、元やんちゃっくれ園児だった青年が出てきます。立派な大人になって、保育士だった李枝子先生の前にふたたび現れるのですが、そこはぜひ、本文を…。

 

しげる」との別れに凹む娘にその話をし、そのモデルのような彼も、よく「しげる」のように園の物置に閉じ込められていたらしいよと言うと、就寝前、目をとじかけて欠伸をしていた娘、欠伸の途中で吹き出していました。

 

それから、自分が幼稚園を作るとしたら、こんな工夫をする、なんて話を始め、興奮してなかなか寝ず。イチゴが嫌いな子には、イチゴのショートケーキにしておやつを出す、とか言っていました。彼女なりの工夫のようです。幼稚園の名前は「さくら幼稚園」だそうで。

 

実は我が子の今のところの夢は、幼稚園の先生です。もし本当に幼稚園の先生になって、『いやいやえん』を子供達に読んだらと思うと、そんな教室に私もいたかもしれず、あの赤い本を中心にぐるぐると回っている感じで、本て何とも本当に不思議なものだなあと思います。

 

私、本が怖い時期があったんですよね。でも実際やっぱり、結構怖いです。これ以上の、人間の脳みそに作用する芸術はないんじゃないかしら。

 

 

(Amazonアソシエイトです。クリックすると商品詳細&購入用ページが開きます)