5000円越えから0円セルフカットまで。髪の毛切ってみた

最近ごく平均的な感じの美容院で髪を切っていません。そういえば様々な価格帯で髪の毛を切って来たなあと思い、まとめてみました。ちなみに全部、ショートカットです。

 

5000円強カット

6000円はしなかったような記憶があるのですが。切ってくれていたのは、とあるタレントさんのヘア担当もすることになった、海外で手腕を磨いた美容師さん。知識も豊富で、カットの腕もすごく、いつも自分で慣れている髪型以外を提案してくれ、それがきちんと素敵になる。何なら、自分が「多分こんな感じが一番似合うんだろうなあ」ループに入っているものよりも、ずいぶんよく仕上がる。

 

この当時の写真は、自分で見ても「お、いけてる」と思うことが多いですよ。正直、お金を支払うのであれば、このくらいの事をされたいなあ…と思う。途中で違うお客さん担当になったりするので、カット1つで半日がかりな印象。その間にお茶とか茶菓子とか出て来た記憶がある。

 

お値段以上。まあ、ちゃんと切ってもらおうと思ったら、このくらいのお値段が、自分の求めるものなんだな~と学びました。

 

現在はとにかく時間がもったいなく、通っていません。たぶん美容師さんはより出世して、お店を離れているとか、お値段跳ね上がっていそう。

 

ちなみに、いつもオーダーであまり変化のないヘアスタイルばかりさせられていて、フラストレーションが溜まっていたらしく、思春期の頃ツーブロックにしたことがあると話したら、もみあげなしのテクノカット(?)や、前髪がスタートレックのスポックみたいなヘアスタイルにされた事もある。私は気に入っていたが、家族からは「攻めすぎ…」と言われた。

 

4000円強カット

子供が生まれるまで、何となく通っていた価格帯。自分が頼んだ髪型を、きれいに仕上げてくれる。襟足の癖とか、髪の多さとか、色んな癖をディスらずにきちんと対応してくれる。新しい髪型を提案されることは特にない。まあ、妥当で、安心な印象。

 

時々他のお客さんの担当になったりして、待ち時間多し。さらに混んでいることが多い(私は基本美容院を予約しようという頭がありません)。場合によっては予約なしでは髪が切れなかったり、数時間待ちになることも。さらに予約していても、1時間半以上スタートがずれたこともある。切り始めて終るまで、2時間半以上は見ておいた方がよい。正直今の生活には、時間がもったいなく、ふらっと行ってさくっと切れないので、通っておらず。

 

3000円代カット

以前住んでいた自宅の近くに合った、個人経営の美容院。お姉さん一人でやっていた。価格をよく覚えていないのだけど、安いなと思ったので、多分これくらい。完全予約制。予約なしでは入れない。その代り完全に美容院に一人だけで切ってもらえるので、子供が赤子のころ、家族で行き、旦那と子供に待ってもらっていた(最悪泣きだしても、他のお客さんがいないので)。

 

時間は確かきっちり1時間。出来は丁寧だけれど、満足度は真ん中やや下という感じ。あまりレパートリーがある印象ではない。まあでも、決しておかしな頭にはならない。

 

現在家が遠くなったので、通っておらず。

 

3000円代カットその2

家の近くの古い美容院。予約要らず、アクセスがよく、開店している時間帯が長いので、時々通ってみた。うーーーーん、技術で物申すより、口で物申す感じ。やたらとあれこれ髪をディスられる。襟足の癖、髪の多さ、癖などなど。そして付加してお金を払ってもらいたいらしく、露骨に薬剤購入を勧められる。仕上がりは、全く4000円代の通っていた美容院に及ばない。カット時間は1時間程度で済む。

 

困ったときは通うけれど、正直いい気分にならないので、できるだけ避けたい感じ。何でしょう、人の髪をディスるのが、弱点を指摘するのが、プロの仕事だと思っているのかな。たまにそういう美容師さん、いますが…。

 

1500円強カット

家の近くにできたので、行ってみた。完全オートメーション化。券売機で先払い。カット20分くらい。さっさと自販機感覚でカットができるので、2度ほど通ってみた。一度目は当たりの美容師さんで、正直3000円代カットとそん色なし(それ以上に気に入ったかも)。早く済む、面倒な営業トークがないので、え~~~ここが私の美容室なんじゃないか?と興奮。

 

しかし2回目行ったところ、多分平均的な美容師さんで、平均的なサービスなんだろうが、うんとね、襟足の長いワカメちゃんみたいになった。お釜をかぶっているような。まじか~。しかしシャギー入れてください、というのは値段に対してはばかられ、帰宅。

 

予約なし、早い、安い、当たると大当たりというメリットはあるのだけど、博打要素多い。今後通うか検討中。

 

ちなみに、髪を切った後って何か違和感があったりする事がありますが、1週間やそこらで、何となく顔が馴染んでくることが多い。が、1500円カット以下からは、時間が経とうが経つまいが、決して馴染むことは…。

 

1000円カット

昔、職場で1000円カットで切ってもらった人がいて、その人が可愛いからというのがあるのだけど、何だ普通じゃないかという印象があった。なので行ってみた。

 

早い、安い、予約要らず。券売機で前金制。カット時間の目安は10分らしい。…う、うん、仕上がりは見事にお釜をかぶったとっさん坊やになった。

 

切り終わってみたら変、どうにか修正せにゃ、という部分を完全にそぎ落としてのこのお値段なんだろうな。一応鏡を見せてくれ、「どうですか?」と聞かれるが、逆に「どうですか」と聞き返したい気分に。あれこれ注文するのもお値段的にはばかられ、帰宅。1500円カットとまあ、変わらない印象。

 

通うか、通わないか。通うなら、自分でシャギーを入れる前提でおおまかに切ってもらうなど、工夫をするかも知れない。便利で安いし、どうせすぐ伸びるのに高いなあ…とか、髪切りで休日が一日潰れるのかあ…というストレスは皆無。

 

その後自分で本当にスキばさみで軽く調整してみた。自分でゼロから切るには技術が要るが、軽く顔の周りをすくくらいで、結構何とか自分の中の及第点になった。今後は1500円~1000円カットで、仕上げ自分でやろうかな。

 

0円セルフカット

正規職を辞し、子供に全力の時期に自分で切っていた。あまり悲壮な決断ではなく、知人のイケメンが自分でずっとカットしていると言っていたので、私もその技術が欲しいと思って。

 

もともと、美容院はいうなれば注射くらいの気分で、決して行きたくないが、行かないと社会生活がなあ…という重い気分で行っていた。

 

セーターを買う時もそうなのだが、自分でできないからお金を出さざるを得ないんだよなあ…と少々ブルーになる。

かつて魔女だった母は、薬草の技術と空を飛ぶ技術があったのに、私は空を飛ぶ技術しか受け継げなかったなあ(『魔女の宅急便』)的気分になることがある。

実際に自分の祖母はセーターを編めたし、母は簡単な服なら裁縫できる。私はどちらもできない上に、買うことに慣らされてしまい、習得する努力もしなかった。

何となく今後、買う術が今より取り上げられるようになるのでは、という予感がし、そういう時、頑張って技を継承しなかった自分のような人間は、武器のない赤子のようなまるで丸腰状態になりはしないだろうか、という恐怖もあったりする。髪は、自分で切れるが、何となく「ごく当然」という意識が自分にある。なぜだか。

 

正直、正面はセルフカットでも何とかなる。何ともならないのが、後ろ。あえての狙いではなく、完全にだいじょばない髪型って、なかなか街中でも見かけないのね。私の襟足は散切り状態。あるいはまったく襟足がない、つんつるてん状態。悲惨だった。悲惨で痛々しい髪型で生きてみると言う、貴重な体験になった。そこから1500円カットにしたところ、家族にすごく喜ばれた。

 

よって、セルフカットはまだ早いということが分かった。

 

今後日本がゆるやかに貧乏になって行くのなら、美容院の使い方も、平均の値段が下がって行くかもなあ…なんて想像する。昔ユニクロは安い服の代名詞だったけれども、今やそこそこいい服では…?GUとかが出てきたし。

 

そんな感じで、美容院代も平均が下がりそうだなあと思う反面、1500円以下の美容院は、いうなれば「こうしてください」のオーダー以上のことは恐らくしないので、出来上がりは、びっくりするくらいのび太君似だった(ぺっしゃんこの、シャギーの入っていない、毛先がびしっと揃って、お釜被ったようなショートヘア)。

 

実はこれまで美容師さんたちが、「切ってはみたものの、何か変だから量を調節してやろう」とか「このまま切るとぺしゃんこになるから、内側の毛量を調節してやろう」と、サービスをしてくれていたことを痛感させられる。そして、それって、サービスする側のモチベーションとしても、きっと大事な部分だろうなあと思う。

 

自分も、まったく違う分野ではあるけれど、サービスを提供する側で、「契約通りやり、それ以上のことをするな。それ以上の場合は値段を上げなきゃもうからない。」と営業さんに言われたとき、モチベーションが地に落ちたのを覚えている。

 

ある程度余剰なお金があり、その遊びの中で、よりよい状態にできるよう技術を磨き、自分のできうる限りで最上の状態に持っていくことが喜ばれる場所じゃないと、技術って育たないだろうなあ…とも、思ったりする。技術を求められない、磨けない、何かまっすぐ喜ばれない(経営サイドに?)技術屋さんって、心が迷子になりそうな気がする…そんなことないのかな。(私はジャンル違いだが、かつてそうだった)

 

1500円カット、1000円カットの美容師さんたちは、申し訳ないくらいに笑顔で、荷物なんかもきちんと保管してくれ、きちんと対応をしてくれる。きちんと伝えた通りに切ってくれる。だけど、ちょっとこうしてやろう、という自由ややる気や技術面での向上心…が許される方が、どっか、生きるのは楽じゃないかな…とも想像したりする。

 

ただ、美容院勤めだった友人によると、本当にブラックな場所が多いらしく、そこも保障される前提で、だけれども。(1000円カットのお店は、美容師さんや理容師さんが土日休める、がうたい文句だった)

 

案外、お値段や時間で「このくらいでできるよね」と試算される以外の、個々人がこそっとやっていたサービスが、実は大事だったりする…気がする。自分で1500円、1000円の価格帯、手軽さが気に入っていて、何を言うなんですが。