3びきのちびくま

f:id:toridashi-foh:20171105121323j:plain

子供が大きくなってきて、読み聞かせを頼まれる本の文字量が多くなってきました。怪傑ゾロリシリーズや、はれときどきぶたのシリーズに手を伸ばすようになってきました。

 

が、変わらず好きな絵本もあるようです。何年も、なんべんも読んでくれと言われる絵本。例えば『ちょっとだけまいご』という切り絵の美しい絵本や、指人形のしかけのある『3びきのちびくま』という絵本。

 

amazonアソシエイトです。クリックするとamazonの商品ページが開きます。)

 

『3びきのちびくま』に至っては、オムツ姿の乳児のころから読んでいる気がします。今も相変わらず笑いながら楽しんでいます。こういう本って、いいですよね。大きくなったとき、きっと何かの機会に手にとって開いた時、懐かしく、遠いふるさとに出会ったような気分になるのかも知れない。

 

本日子供は風邪のひきはじめ。一緒に留守番をしつつ、暇つぶしにクマを描いていて、黄色のクマってなんか好きだなあと着色している自分がいました。数はそうだな、3匹がいいなと思って、気づけば、これは『3びきのちびくま』では?

 

自分にも刷り込まれているようです。この絵本を読むときいつも奇跡的にあった楽しい時間が。絵本の周囲には、それなりに、色々なことがあったんですけどね。