中学時代に読んだ本(原田宗典氏)

仕事先の子供が、誰とも趣味をシェアする機会に恵まれないと、お前でいいか的に好きなものを教えてくれる時がある。好きなアニメ、音楽、漫画、ライトノベル…。

 

偶然かも知れないが、今のところ男子のほうが狭く深い趣味が多い。そして、少し首を突っ込んでみると、もっともっとその世界に引きずり込まれる傾向もある…気がする。

 

そういえば昔IT会社にいた時、取引先の韓国の人と英語で機器のトラブルシューティングをやる内、仲良くなり、『ジョゼと虎と魚たち』という映画の大ファンだと告白された。主演の池脇千鶴が韓国に来る機会がありそうだったら、是非教えてくれ、とも言われた。というか、それらのメールが同じ日に一気に来た。もはや『ジョゼと虎と魚たち』を知らんし、地味にあんまり興味もない、とは言えない熱量だった。

 

結局私はその映画を見るために、会社帰り忘れもしない冷たい雨の晩にツタヤに入会し、そしてまだビデオレンタルが開始されていないそれのために、DVDを自腹で買うことになった。

 

お陰で取引先のその人とはメール友達になり、機器の相談をいつでもしやすくなったのだが、何とも、自分の趣味にここまで巻き込みたいと思うんだなあ?と、学びというか。私であれば、できるだけ人目を避けて趣味に没頭するが、結構多くの人は自分とは違う。

 

そんなわけで(?)現在、仕事先の子供から好きなものの詳細を教えられると、それが余程の高額でない限り、ちょっと覗いてみることにしている。現在は、ライトノベルというものを読んでいる。なかなかに、男性向きである。私はこの幼児の女児をああしたり、こうしたり、どうしたりを、どういうスタンスで読めばいいんだろうと思いながら、とりあえず読んでみている。

 

厨二病とは便利かつ素晴らしい言葉で、仕事先の同僚から「どうですか?ライトノベル」と聞かれると、「まあ、中学生だけに厨二病ですけどね…」で上手に…説明ができてしまったりする。だけど、自分が中学生の時も、こんな文体でこんな特殊能力で美形の青年が主人公の本、やたら流行ったよなあとも。

 

試しに同僚に「中学時代何読んでました?」と聞くと、その人はその後の人生で歴史の研究をするのだが、中学時代は歴史ファンタジーを読んでいたらしい。へえ。そしてその後大学で歴史を学んだ際「あの物語はこの歴史的出来事を下敷きに書かれていたんだなあ」と、テキストで再会した、と言っていた。

 

私は中学時代、何を読んでいたのかと聞き返され、まあ、同人誌で男子がくんずほぐれつの薄い本を読んでいたけれど、その他は、そういえば原田宗典という作家の本をよく読んでいたのを思い出した。

 

後にテキストサイトが台頭するまで、その人の他愛なくて人間臭くて日常的でおかしなエッセイは大人気で。先日大麻所持で捕まったらしい。一度、その名前が雑誌にあって、どうされているんだろうと開いて知ったのだが、どうも精神的に患っていた時期もあったらしい。

 

彼のエッセイは、格好つけることが下手で、どうも決めたい時に決まらずに格好悪くて、しかもそれが恐らく多くの人が身に覚えのあるものだった…と思う。彼の書く小説の方は、少し頑張り、背伸びしている息遣いがあって、どちらかというと受け取る側より作りたい人間だった自分にとって、共感できた。

 

今考えてみれば、自分はどことなく進んで恰好つけない人生を選んでいる。決めたい時に決まらない、そんなことをデヘヘと笑いながら生きている。中学時代の読書は、結構案外人生の根幹を示唆しているのかもなあと、同僚と話しながら帰宅した。

 

ちなみに同僚は次の行き先に遅刻し、靴は水没したらしい。思い返すと原田宗典氏のエッセイのようでもある一日だったと思う。