やわらかい ぱん

焼き肉はホルモンが好きです。みなさんはどうですか。

トリンプのスロギーというブラを買う

定期的に家電やら、下着やら、一気にガタが来る時がありますよね。この夏は私は下着がそれで、一気に買い替えを余儀なくされています。

 

子どもを産むまで、夜昼問わず24時間ブラジャーをつけていないと、気持ち悪いと感じる性質でした。しかも、ワイヤーブラを使っていました。冬は背中がこすれてかゆくなったり。

 

恐らくワイヤーでがっちがちにホールドして云十年、そのせいもあったのか、私は呼吸が浅いです。もともと背丈があって、背中を丸めて人と話す癖があり、猫背。呼吸も浅く、その生活習慣が、何となく体のつくりに出ている気がしていました。

 

子どもを産んで、乳牛生活に突入すると、ワイヤーブラはまず無理で、授乳用のブラになります。いつでもどこでも取り出せるように、という作り。最初はすっごく慣れなかったのですが、背に腹は代えられないので、授乳ブラで暮らし始めたところ、ほどなくして慣れ、これで結局2年弱暮らしました。

 

すると、今度はワイヤーブラが痛く感じ、卒乳後もワイヤーブラを付ける気がなくなってしまいました。それから、ワイヤーなしのものを試したりしていたのですが、とにかくきつい。…。

 

以前はシルエットもきれいで、お値打ちに感じた無印良品のブラを再度購入してみました。が…デザインが変わってしまっており、サイズも合わず。そして合っていないせいか、背中のホック部分がずれて、肌に当たることが多々あり、痛い。

 

そんな折、アマゾンでトリンプのスロギーを見つけまして。…まるでステマ記事みたいですが、これすごい楽。

 

水着のような、薄いゴムのような、非常に伸び縮みする繊細な生地に、カップがついています。スポーツブラみたいな感じですが、おそらく通常のスポーツブラより、不安になるくらいつけている感がないです。

 

最初装着したところその心もとなさに、大丈夫かこれ…と本当に不安になったのですが、不思議なもので、自分の体幹で胸を支えなきゃという意識になり、呼吸も楽で、活動的で、姿勢もよくなった気がします。

 

そっかあ、ブラもコルセットだったんだな、と今では思っています。

 

私は小学校6年生くらいからブラジャーをつけ始めましたが、本当にイヤだったんですよね。あの過剰なレースも年齢に合っていない気がして嫌で。出来る限りスポーツブラでいたかったのですが、それだと形が悪くなると口すっぱく母に言われ。

 

今スロギーをつけてみると、楽で、シンプルで、拍子抜けな気分です。第二次性徴で、何もかもが塗り替えられてしまったような違和感が私は長年ありますが、ここにきて、スロギーは、第二次性徴もその前も、何だかあまり差がない自分に戻れた気がして、拍子抜けで面白いです。

 

平たくいえば、胸が膨らみ始めると、急に、「女」という、非常に着心地の悪いレースの悪趣味なコルセットを付けさせられ、それ以外はないのかと違和感の中で思っていたけれど、ここにきてのスロギー。胸のふくらみは乳のためであり、体は自分のためであり、それは子供のころと変わらない。そんな気分にも少しなれます。

 

時代とともに、ブラの答えも色々な反省や経験を経て、移り変わっていくんだろうなと感じます。

 

また、ブラをちょっと真面目に模索しようと思ったきっかけは、乳がん。最近本当に聞きますよね。公表する事が単に増えただけなのかも知れないですが。ワイヤーブラは当たる部分に負担で、あまり良くないと聞いてから、人間、年取って自然に崩れていくことに逆らっちゃなんねえのかなあ…と思ったりで、ブラを探し始めました。(検索すると、ワイヤーブラと乳がんは関係ない、研究の結果関係なし、というという記事がたくさんありました。)

 

まだ使用しはじめて間もなく、洗濯に耐えるのか不安です。でも願わくばこれ、思春期に出会いたかったな…。

 

追記: 我が子が何と福引で軽井沢旅行を当てまして!先日行ってきた時のことを動画にしました。こつこつ内職のように描きまして、実はちょっと自信作です(笑)。宜しければご覧ください。

www.youtube.com