やわらかい ぱん

焼き肉はホルモンが好きです。みなさんはどうですか。

新学期と仕事はじめはキティ先輩の力を借りる

キティちゃんは、誕生当時から日本のキャラクター業界をけん引する存在であるだけでなく、あらゆる業界のあらゆる者とコラボを辞さない、あえてプライドを捨てるという、大御所らしからぬ謙虚すぎるスタンスで、お馴染みですよね。

 

そのプライドを持たないスタンスが、キティ先輩を今も業界のトップたらしめているのだと思います。易経でもあります。天下を取っても、いずれ凋落するのが世の常。常に下々の言葉に耳を傾け、謙虚であること。これこそが、長続きの秘訣らしいです。薄い記憶とイメージで語っていますが。

 

私が20代後半のほぼすべての時間を拘束されていたとあるブラックめな会社の上司に、非常に真面目で仕事ができ、若干誤解されていて、不器用をこじらせている人がいました。とにかく、一所でわき目も振らず、絵に描いたように堅実なその人は、大変なキティラーでした。私はほぼ毎日その人に怒鳴られていたのですが、ある日キティちゃんの食玩をあてがったら、優しくなりました。どうでもいいんですが。

 

その日から、キティちゃんとその人の仕事ぶりが重なり、自分の中で、キティちゃんが好きな人は、岩にかじりついて1つのことを地に足つけて、こつこつなす人、なのではないかなあ…という、分母が限りなく少ないデータによるイメージがこびりついています。

 

さて、9月1日は若者の自殺が増える日なのだそうです。私もぼちぼち夏休みが終わり、仕事再開の足音が聞こえています。限りなくブルーです。存在は透明です。夏休みが永遠に続けばいいのに…いや先立つものの関係でそれは無理ですが、休みというのは不思議にあっと言う間です。私は育児休暇を2年という長丁場で取りましたが、当初永遠に来ないと思っていた仕事再開、結構あっという間でした。

 

ブルーな気分。仕事への不安。将来への不安。そういう時、私はキティ先輩のグッズをAmazonで探します。実際買わない事も多いのですが、キティさんの仕事ぶりを、自分の目に焼き付けて、がんばろうと思うのです。

 

妊活をされている方には有名なようですが、コウノトリキティちゃん、というストラップがあります。コウノトリに運ばれているキティちゃんで、妊活のお守りとする方が多いようです。実際嬉しい知らせがあった、という方も。

 

これがキティちゃんであるというのが、いかにキティちゃんが、いかにファンシーなキャラクター達が、自分たちにとって一番近い存在かと示しているようにも思い、今しがたトイレのついでにGを一匹葬って、そろそろ寝ようと思います。