やわらかい ぱん

焼き肉はホルモンが好きです。みなさんはどうですか。

結局人体も大自然であると…いうことで!

仕事が休みに入りました。何だか来年度からシステムが変わり、2つの仕事のうち1つがなくなりそうな気配。…ううーん。とはいえ、営業出来る仕事ではないので、いい案件があることを祈りつつ、同じく夏休みの我が子と過ごしています。

 

我が子が習い事を始めたのですが、これが一か月500円という破格。先生はかなりの年配で、子ども好きだから余生の楽しみとしてなさっている様子で、これで食う気はない様子。見ていると、完全に赤字です。

 

一か月500円なので、こちらも特に目立った成果は期待せず、先生も過度な気合いを入れず、非常にゆるいです。そのゆるさが、割といいかなあと。成果や効果ではなく、楽しむ時間を持つということに主眼を置いています。…実際そっちのほうが、本当の成果だと思うんですけどね。

 

一か月500円だと、こちらも気楽。そんな感じのお教室、自分もやってみたいなあ、いいなあと思うのですが、正気になると一か月500円じゃ全く生活の糧にならない。子供が例え10人来ていたとしても、一か月5000円^^;。でも、本音は、そのくらいの月謝の方が、過度(で明後日の方向)な成果を望まれず、純粋に楽しむために来るってことが実現するのかなあと、先生のゆるい教室を見ていて思うのです。

 

ちなみに先生はもう相当おじいさんですが、子供は先生にタメ口、「それ、もう、いい加減やめろよお前らはよ~~」は無視、意見はする。先生は見てくれスターウォーズの宇宙人か妖怪のようなので、まるで妖怪と子供が一時そこで遊んでいるような、珍妙な景色が繰り広げられています。

 

…すいません、これ主題じゃなかった。前置きがえらく長くなりましたが、そんなわけで、仕事から一時解放され、現在はまっているのがフェイシャル&ボディケア。しかしケアすればするほどドツボにはまる。

 

長年懸案の毛深さ(沖縄の血が半分入っているせいなのだろうか‥)は、脱毛器を大枚はたいて購入し、抜くことをしてみたら、埋没毛の嵐。現在は我慢して薄皮の中で伸ばし、ピンセットで痛くなく顔を出させられるようになったら、そこを脱毛器で抜く、という風にしてみています。いいのか悪いのか。一番体にいいのは、完全放置なんだろうなあと思いながら…。

 

森を切り開いて開拓すると、自然のしっぺ返しがその規模と同じだけある、という話を昔どこかで聞いたことがあります。人体も本当にそうですね。私の毛という森も(いや、森…というか、野原…くらいですよ…)、やっぱり乱暴に開拓したら、その規模と同じだけ暴れるんだなあと。自然なバランスの状態に戻ろうとして。

 

ダイエットもそうですよね。乱暴に体重を落とすと、リバウントや摂食障害のような混乱が生じる…。私実際、20代に摂食障害をやりまして、人体というのは、あらゆることがいい塩梅にバランスを保って生きているので、それを自分の生半可な頭でいじってはいけないんだなあ、と学ばされています。…忘れてましたけれど。意識で制御できるほど、自分の中の自然というのは頼りなく、不完全な存在じゃないんですよね…。意識よりずっとすごいです。

 

現在鼻の角栓も気になっています。毛穴ブラシか~。電動毛穴ブラシか~。色々Amazonを見ては気になっているけれど、ある時のことをふと思い出しまして。私は思春期大変ニキビや吹き出物に悩まされたのですが、これが、非常に急に調子よくなった時期って、旦那と暮らし始めた一年目。洗面所のないマンションでのことでした。

 

洗面所がないので、台所で洗顔。が、台所に洗顔用フォームやらクレンジングやらをごちゃごちゃ置きたくなく、結果どうなったかというと、朝はお湯だけ洗顔

 

夜中出た皮脂をぬるま湯で顔全体に広げ、「天然クリームじゃ」と我ながら質実剛健な朝支度でした。夜はさすがにクレンジングを自室からもってきて、化粧を落とすことをしていましたが、この朝お湯だけずぼら生活をしていたところ、なんと、驚くことに、ドラブルなしの肌になってしまい…。

 

あれこれはまって、顔面の皮膚がすっかり疲れてしまって見えるので、そろそろ自分の大自然に帰らないといけないかな^^; と思っています。