やわらかい ぱん

焼き肉はホルモンが好きです。みなさんはどうですか。

ムダ毛のブームはまだかな

先日、ソイエという脱毛器を買いました。…そう、ムダ毛の話でございます。

 

ムダ毛。特にこの夏の季節、どうにかしないとどうにもならない、ムダ毛。もともとカミソリを使っていましたが、粘着質の小さい子がいると使いにくく、カミソリ負けをする脆弱さも手伝って、違う脱毛法を模索していました。

 

そこで、脱毛器です。光でバチっとする脱毛器と、物理的に引っこ抜くタイプと2つありましたが、予算的なことと、カティングエッジなテクノロジーを怖がる保守的な性格と、やっぱりのべつまくなしまとわりつくチビがいることを考えると、物理的脱毛器のほうがまだ安全かなあ…と思いまして。光のタイプは、あれ直接見たら大変なことになりそうですし…。

 

というわけで脱毛器で毛を抜いているんですが、快適です。あんまり痛くもないんですよ。よくできているなあ…。風呂でも使えるそうですが、ドライな環境でも髭剃りのように使えるので、小さい子をお持ちのお母さんにはお勧め…。

 

子どもを風呂に入れて、自分の風呂はできるだけ最短で、という生活状態のとき、風呂にこもって時間をかけてショリショリなんかできないじゃないですか。髭剃り感覚で、出かける前にジョーっと脱毛できるので、これもっと早く手を出しておけばよかった…と思っています。

 

最近、水分が足りないのか、お腹の調子が崩れ気味です。まあもうそういうスペックだと半分諦めているのですが。

 

障害というものが、その人単体で考えるのではなく、環境的に、社会的に、生活上、望むこととそれを得にくい状況と関係しているものだと考えると、私のお腹の脆弱さは、もう十分障害枠だと最近考えるようになりました。

 

お腹の調子が悪い、外に出たくない。お腹が張る、人と一緒にいたくない。お腹がふくれる、着たい服が着られない。食べたいものが食べられない。私の腸は、腸カメラで見ると超きれい(ダジャレです)ですが、何故かサボタージュ多めです。心因性なのか、他の内臓がぐいぐい押しているのか、よくわかりませんが。良い悪いの周期もあります。

 

まあともかく、外から全く分からないであろう、私のお腹事情。自分でもよくわかっていなくて、何となく今日は気分が重いし、お腹も重いし、外で元気に活動したくない。人と一緒に寝泊まりしたくないとか、もう色々これまで生活の足を引っ張ってくれた、これって生活上の障害になっていると考えてもいいのかもなと。

 

外から見えないし、自分も「障害だ」という意識はなく、何とか見た目と足並みをそろえたい一心で、これまで大量の下剤を購入したり、まあもう本当に水面下で涙ぐましい努力をしてきていたのですが、ああこれ一種の障害だと自分で把握すると、少し腰を据えてお付き合いができる気もします。後20年後くらいには、過敏性腸炎なのか何なのか、私のような人も、何らかの障害認定が受けられる…日が来るかなあ(どうかなそれは…)。

 

話はもどって、ムダ毛。夏に、腕から足からわきの下から剛毛を出しながら女性が歩いていたら、それはやっぱり世間の目がありそうです。…まだ。性別によってはまったくこの処理をせずに済み、同性でも人によっては軽度の処理で済む。しかし人によっては相当毛の処理は大変で、負担です。時間的にも、精神的にも、皮膚的にも。

 

精神的…いや、毎回毛の処理をするとき、そこにある自分の一部(毛)を否定するわけで、あまり精神衛生上良い習慣ではないと思うんですよね…。

 

これもまた、一種生活をする上での障害と言えるのかもしれない、と考えたりします。本来あるものを、ないものと隠し、偽り、処理する。それでようやく人と並ぶ。あって健康上問題になるものではないですが、あればあるだけ生活する上で(文化的な…生活…だっけ)、人によっては精神面での負担も増す。

 

何が言いたいのかというと、私はもう云十年、毛ブームの到来を待っているのですが、なかなか来ないですねえ…。