やわらかい ぱん

焼き肉はホルモンが好きです。みなさんはどうですか。

大学を出なくても大企業に(ヒカル)

Youtuberのヒカルさんが、DMM.comを訪問して、高卒でも大企業に就職できるような事業を立ち上げたい、という動画が話題になっています。

www.youtube.com

 

これに対して、「成功しないんじゃないか?」という反論をアップしているyoutuberもちらほら。見た限りなのですが、総じて大卒のyoutuberな気がしないでもないのですが…、個人的には、高卒生に希望があることは、社会としてまっとうな気がするなあ…と。

 

大学はお金がかかります。大卒が社会に出る基本スペックとなることで、家庭の事情や自分の学力(例えば下地にLDがあるとか、無気力に陥っているとか)でそこまで行けない気がしている子にとって、高卒でもスタートラインに立てる(かもしれない)という動画は、健全に、というのは、当事者感をもって、10代を過ごせる情報にも思ったりします…。

 

現在、そんな感じの子供と仕事で接することもあります。中にはさほど成績は悪くなく、勉強させてみるとぐんぐん吸収する。ただ何となく学校に居場所を感じておらず、オンラインゲームに居場所を見出してしまい、昼夜逆転し、不登校気味の子もいます。

 

見ていて、一番吸収率の高いはずの10代の時期、あまりにも長い受動的な期間で、退屈になってしまうのではないか…と感じてしまう事もあります。

 

それの状態で、シンデレラストーリーのように、そのまま大企業に就職できるという訳ではないとは思います。ただ大学卒業まで大人しく頑張れというのではなく、高卒でもう港だ、あとは自力で自活だと言われたら、中学、高校と言う時間に当事者感が出るのではないかな、と。

 

今しか、無償で武器を手に入れられないとしたら。させられている感ではなく、能動的にいくつかの勉強は向かえるのではないかと。例えば企画書やメールを書くのに、漢字が分からなかったら。海外や外資系の企業で働くのに、英語が全然ダメだったら。

 

「今でしょう」の林先生が「勉強はぜいたく品なのだから、勉強したくないなら無理にしないでいい。もうそこで社会に出て働け。」的なことを言ったそうですが、ある意味でそうだと思います。

 

というのも、無気力に陥り、不登校になり、自暴自棄な子に教科を教えるのは非常に骨が折れ、「いつになったらやる気を出すんだろう」と大人同士話したりしますが…、勉強自体が好きという変わり者以外、勉強の努力って通貨みたいなもので、「この努力で後々報酬が」というのが明白で、しかも努力のスパンが自分の手の届く範囲でないと、踏ん張れない気がします。

 

高卒で社会人だぞ、後は自分で生きていくんだぞ、というのは、子供側の覚悟としても、現在の多くの家庭の経済状態からしても、健全な区切りにも感じたりします。

 

大学を就活という目的のために、手段として行くというのも、違うと私は思うんですよね。大学は、大学で学ぶものを目的に行く場所であるべきだと思う。

 

英語に関していえば、運用面は高校で一応の完成を見せている…はずです。大学に行かないと学がないのではなく、大学は今まで学んできた教科の、種明かしみたいなものじゃないかな…と乱暴ですが、思っています。特別に種明かしを見たい人は、どうぞ、みたいな。これまで生きてきた、世の中の正体をある角度から迫ってみたい人は、どうぞ、みたいな。(超楽しいよ…)

 

上記の動画で感じたのですが、高卒で初任給で大卒と同等の給料がもらえること。言われたことをするだけの人生ではなく、自分のオリジナリティを発揮するような仕事ができるかも知れない、という希望。叶うならば、とっても良いことだと思います。ただ、だから勉強しなくていい、ではない…。だから、勉強もしなくちゃいけない…。

 

もしかしたら高卒でスタートラインには立てる(といいなあ)かも知れないけれど、そこから先はオープンオーシャンなので、戦う相手は大卒であり、大学院卒であり、自分よりうんとカリスマ性のある高卒生であるわけです。

 

生き残るために、より勉強だったり、資格だったり、再び大学や留学やあるいは強烈なコネや資金や、利用できるものは何でも、「ずるい」と言われても。「高卒でいい」というのとは実は真逆で、「ここまであれば、生きていける」というスタンダードがない世界と言えそうです。

 

上記の動画で、DMMの方も仰っていますが、

「法務とか、専門的な部署では大卒の肩書きが必要ですが…」(的な内容)

つまり、高卒無資格で行ける土俵は、一番守られていない激戦区なのではないでしょうか。大学で、あるいは資格をとっていないと行けない専門職は、マニアックかも知れませんが、それだけ流入が少なく、ある種少しは守られているともいえると思います。

 

実際私が免許を問わない場所で今している仕事をするのと、免許を生かしてするのでは、待遇も賃金も違います。免許を問わない場所の仕事より、免許を生かした仕事のほうが、ぶっちゃけずっと扱いは人道的です。

 

ヒカルさん側の案が、高卒で大企業とつながりたい人をyoutubeで募集し、そこから色々な課題を出して300人選出。最終的にその300人をイベントとして集め、何かする、というものらしいです。スター誕生みたいです(知ってるかな…)。アサヤンみたいです(知ってるかな…)。ハンター×ハンターのハンター認定試験みたいな…。たぶん見る側のエンターテイメントとして、かなり面白いと思う。また、次世代のモーニング娘。になりたいと憧れた子みたいに、それを夢見る中高生もいるかも知れません。

 

でも、300人に選ばれ、イベントで呼ばれ、がピークになっちゃ、元も子もないです。そこから先も、半分見世物のように扱われる可能性もありながら、企業で生き残って食っていくには、やっぱり「高卒でも大丈夫」じゃないと思う。もはや「~だから」大丈夫、が崩壊していくって事なんでしょうね…。

 

…書いていたら、大学(院)で勉強したくなりました。学問って、本来あまり仕事とむつびつかず、やっぱり贅沢品なのかも知れません。大学出ないと就職が、というのはやっぱりおかしい気はする。でも、就職に背を向けて、数年間贅沢をして、世の中の種明かしを覗くのは、卒後1年2年で報酬にはすぐには睦びつかないけれど、一生スパンで、世の中を鳥瞰できる視点をもらえる良い経験だと思います。

 

ただ、無気力に陥っている子には、「高卒で大企業の道もなくはないらしいよ」と言うのは、いい刺激になるだろうなあ…と期待をしています。

 

学校に行き続けなきゃいけない。面白いと感じない勉強でしか、差別化されない。そんな気分で自暴自棄の子は、今、もしくは間もなく世の中に出ても、スタートラインに立てるというのは、熱中できるかもしれません。それで、内なるモチベーションでも、外側からの要因でもいいのですが、「学びたい」と思ったとき、再び学校や大学の門を叩ける世の中だと、いいなあと思います。

 

知り合いで一人、高卒で福祉職に入り、大卒でないとバカにされるという経験があって、有名私大に入った人がいました。かなりの博識で、研究者からも一目置かれる人でしたが、研究職には入らず、出版業界に再就職しました。

 

…考えてみれば、シングルタスクですよね。学校を終わらせて、仕事に入る。これからはマルチタスクで、学校で学びながら仕事をするも良し、学校を途中でやめて、仕事をし、また学ぶもよし、なんかそのほうが、当たり前な気もしませんか‥。