やわらかい ぱん

焼き肉はホルモンが好きです。みなさんはどうですか。

山形旅行の思いがけない土産。旦那と娘がどうぶつ将棋にはまる

先日、山形県天童市に行ってきました。宿泊した温泉旅館には、大きな将棋の駒と将棋盤があり、お客さんが自由に将棋が打てるようになっていました。

 

「なにこれ」

と興味津々。たまたま将棋のルールを知っていた旦那と、湯上りに初将棋を打ちました。すると、腕に覚えアリの雰囲気のおじさんがにやにややってきて、のぞき込むなり、

「お嬢ちゃん、こっちに動かせばこのコマをもらえるよ。あ~でも、お父さんのほうが有利かな~」

と、何なら娘の代わりに打つ勢いで参入。いきなり男性2人の真剣対戦になりかけ、天童ならではなのかしらと、いい思い出になりました。対戦、結局どうなったんだっけ。

 

娘はそれが面白かったらしく、帰宅後、紙をちぎってお手製の将棋を作り始めました。といってもマスは2行しかなく、いきなり王手状態からはじまり、先手が必ず勝てるという、ゲーム的に欠陥ばりばりのもの。

 

しかも彼女は自分が勝つために並々ならぬえこ贔屓をするので、彼女のコマは10個ほどあり、相手のコマは「王」のみ。すごい。こんなアウェイな試合ってあるかしら。

 

やる気にならねえと逃げまくっていたのですが、娘が泣く勢いで試合を懇願するので、どうぶつ将棋のアプリを落としました。旦那漢の120円課金。

 

父娘がどうぶつ将棋アプリにどハマり。延々並んでやっています。恐らく旦那が手加減したのでしょうが、娘が父との対戦で勝ったそうで、そりゃもう鼻血を噴き上げんばかりの興奮ぶりです。これで負けていたら、鼻水だらけで興奮するのですが。

 

一方私がアプリをしようとすると、娘が馬乗りになって、泣いてすがって止めるのです。

「だってお母さんは弱いから。負けたら悔しいでしょ。他の人のを見て、私のお手本を見て、練習してからがいいよ。」

「…いや、そんなに悔しくないよ。」

「え、悔しくないの?」

何か、母の精神を守ってくれたようで。