読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やわらかい ぱん

いつか絵本にまとめたいブログ

美術の勉強は何に効いた?

山形に友人に会いに行ってきました。新幹線で約3時間。心のふるさとが一つ増えました。どこに行くかじゃない。そこで誰と過ごすかだな~とつくづく思います。思い出深い旅には、そこにいつも人がいる気がします。

 

でも同じ日本とはいえ、ほんのりと、あるいは結構はっきりと違う部分があって、勉強になりました。私の現在住む地域は決して都会ではないのですが、そうはいっても余剰な土地はなく、新しい何かが生まれる余白がないように思います。広大な土地というのは、一種カンバスの白い部分のように、人の独創性を許すものなのかもなと感じさせられました。

 

友人に連れて行ってもらった乗馬の施設は、おじさんおばさんが趣味でやっている所だとか。趣味で10頭もの馬を大事に飼えるって、発想できないじゃないですか。せせこましい地域に暮らしていると。趣味で馬飼うて。チワワじゃないんですよ。

 

さらには家の前に沢山電飾や石造のキャラクターを置き(自腹)、近所の人から「ディズニーランド」と言われているお宅。私の住む地域でこれをやっても、よほど小さい子しか目にとめない気がする。目に留まらないと、独創性は育たない気がする。なんかいいな…と思ってしまいました。

 

でも大変なことも多いのでしょう。一緒に回ってくれた友人のお嬢さんたちが、雪を見ては辟易していた様子を見ると、雪は本当に重たく厄介なものなんだろうなと。一年の多く雪があり、不便なものの象徴なのかも知れないなあと。

 

一方雪に憧れのある娘は、雪を見ては「遊びたい、遊びたい」と立ち止まる始末。お嬢さんたちに「雪の何がそんなに嬉しいんだろう」と謎がられていました。

 

旅では銀山温泉も案内してもらいました。素敵だった…。娘はそこのお土産屋さんで、なぜか普通の猫のぬいぐるみを買い、今も大事に一緒に寝ています。楽しかったね~~と断るごとに言っています。また行きたいねえ。今度は季節を変えて、例えば初夏の山形なんて素敵だろうなあ。

 

初めて勤めた会社の直属の上司が山形出身で、気のせいじゃないと思うのですが…そこはかとなく上司に似たお顔立ちの方がいたり、「通りを歩けば沢山麩の看板がある」という上司の描写そのものの道があったり。

 

心のふるさとが一つ増えました。山形いいなあ。

 

さて、山形を案内してくれた友人は、美大時代の友人です。絵を教えてくれないかと声をかけられることもあるとか。いいなあ。私の住む地域は飽和状態で、仕事になりゃしません。でもその代わり、賞を取れる絵を教えて欲しいと言われるそうです。なるほど。

 

絵画の先生に何が必要か、それは賞を取れる絵を教えること。画壇にいること。何となくハイカルチャーにアクセスできるというブランドを売れること、というのをネットで見て、ハア…とため息をついたことがあります。

 

今日FBに同じ大学の後輩がポストしていたのですが、図工に評価はいらないのではないかと。私も大賛成です。道徳と同じくね。…道徳って評価対象になるらしいが…。

 

こうして、かつて一緒に美術を学んだ友人達が、「評価はいらない」「その子の描くものを100パーセント受け止め、肯定することが大切だ」と意見を同じくするのは、頼もしく感じます。

 

美大を出て、就職氷河期で仕事がなく、会社を転々として辿りついたものを教える仕事。英語(仕事で使っていた)と美術(小さい頃から好きで、岩にかじりついて美大に行った)のどちらを教えるか悩んだ時期がありました。

 

美術は仕事の口がかなり少ないという情報もあり、英語は仕事で使っているものの、自己流。一度きちんと大学で学んで、自信が欲しいというのもありました。しかし美術を選ばなかった一番の理由は、

「美術で行くところまで行って、私は食えなかったじゃないか。そんな子を再生産できないよ。」

という、ねじ曲がった悲しい理由でした。

 

美大の友人達が、どんな絵でもいい、下手でも技巧的でも、それを100パーセント肯定することが美術教育じゃないか‥?という境地にいることは、食える食えないではなく、きっと美術は心を育てたんだろうな…?と思います。

 

久しぶりに絵を描きたい春です。お絵かき帳をもって、娘と公園にでも行こうかな。