やわらかい ぱん

マジカルバナナ、バナナといったら黄色。教室の彼らももう成人。

予習復習、受験、不登校の子、塾に行かず自習をしている子にも是非お勧めしたい、授業が見られるyoutubeのチャンネル

www.youtube.co

 

とある男が授業をしてみた、というチャンネルです。葉一(はいち)さんという方で、有名な方らしいです。うっすら、どこから聞いたことはあったのですが、最近チャンネル登録をして、参考にさせていただいています。

 

全教科ではないようですが、それでも、1人で小中高の複数の教科を模擬授業し、配信されているのには、正直びっくりしています。小学校全科、あるいは中高だったらどれか一つの教科を専門的に配信されるなら、まだあり得るとは思うのですが…。小中高全部、理数中心とはいえ、色々な教科っていうのは、本当にすごいと思う。

 

ネットの情報によると、東京学芸大学(教員の名門ですね)を卒業された方だそうで、塾講師の経験もあるのだそうです。

 

私もお恥ずかしながら、英語を色んな子に教えているのですが、この方の要点を整理したホワイトボードの板書は、おそらくはまる子には、すっごくはまるのでは…と、勉強させて頂いています。

 

一斉授業ではどうもダメ、集団がどうもダメ、知的には障害はほぼないものの、いろいろな生きづらさを持っている子と最近仕事で付き合うものの、それぞれの困難さが違うため、引き出しをたくさんもって、授業のやり方もたくさん持っていないとなあ、と、勉強させていただいています。

 

長く不登校だった子を教えるようになると、こういった、小~高の授業のアーカイブがフリーで見られるのは、本当に本当にすごいと思います。どこかが助成を出してくれてもいいのでは、と思う位…。

 

この方は恐らくyoutubeの収益で収入の多くをまかなっているのでは…と危惧するのですが、競合が増えて、収益が減るのは、つらい。でも、競合がたくさんできて、子供たちが自宅でも、塾のお金がなくても、授業にアクセスできる環境が整えばいいと本当に思います。

 

学校の先生にさせるのは更なる負担なので、それは是非避けて欲しいんだが、外部のリソースを使うなどして(予算を割いて!!)、不登校の子にもスカイプでその日の授業を配信するとか…。

 

何にせよ、色々な授業のアーカイブが増えるといいなあと、思います。

 

不登校への対応の在り方について:文部科学省