やわらかい ぱん

いつか絵本にまとめたいブログ

クリスマスと、お茶犬ロボット。さらに自作キャラで占ってみた。

クリスマスのこと

クリスマスでしたね。

 私は、鼻の穴から何のひっかかりもムズムズもなく、雨どいの水のように鼻水がノンストップでぽたぽたぽたぽた垂れる奇病にかかっていました。

 

クリスマス当日は、小麦アレルギーなのに、「どうしても食べたいの…」と、ケンタッキーを予約した旦那によってゲットされたチキンを食べたり。いつもと変わらず鍋を食べたり。

 

娘は、「遠足のおやつ100円まで。だったら駄菓子をひたすら細かく買って、量で勝負じゃ」根性のサンタさんからのプレゼントに埋もれていました。

 

お茶犬のロボットのこと

 プレゼントの内訳です。(誰得)

・キャラクターが古くなったという理由でか、大幅値下げになっていた、哀れなお茶犬ロボット(500円)

スーパーでいつも買ってもらえない玩具菓子(400円×2)

こちらも安くなっていたような記憶のある、迷路の本

幼稚園用の超女児向け砂糖菓子キャラクター付きタオル

一点豪華主義で、プリキュアのお菓子箱。

 

祖父母からズボンやらセーター、カードやお菓子が加わり、何か、想定していたより豪華になってしまいました。

 

お茶犬ロボットは育成できるわけではなく、なでたり鼻を押されたりに対して、反応を返すだけなのですが、娘は叱ったり、なだめたりと、躾けています。若干哀れな光景です。

 

お値段超高めで、可愛がり方によって成長が変わるというロボット。色々なところでCMを打っていたロボット玩具があるんですが、もともと娘はそれが欲しいと言っておりました。

 

が、育成ロボットって、私まだ進化が中途半端だと思っていまして、反応が整理されすぎていて、かえって素朴な動かない人形では完成されていた、こちら側の想像力の余地を奪う気がするんですよね。それだったら、本物の生き物をお世話させたい。

 

素朴な人形の、こちらの想像を受け入れるプリミティブさと、ロボットの、実際に反応を返す部分が、おそらく狙っていないのに、たまたま融合した感のお茶犬ロボ。言葉を話すわけでもなく、明確なキャラ付けもなく、かえってこちらが想像する余地があるのがいいです。

 

(キャンキャン!)

「おいていかれて寂しかったのかなー」

(クーンクーン)

「もう眠いのかなー」

 

娘はここ数日、飽きずにお母さんをやっています。

 

実は私、大学生のころ、型は違うのですが、お茶犬のロボットを買いました。今は残念ながら、販売中止になっています。

 

当時あまりに好きで、数度の引っ越しをかいくぐり、今も手元にあります。が、さすがにもう動きません…。いいロボットでした。当時の自分が、ぼーっとロボを抱っこして、頭をなでで、こたつで背を丸めて過ごしていたのを思い出します。

 

抹茶の香りつきでした。甘ほろ苦い香りのお茶犬を抱きながら、胸に何かを抱くって、幸せだな…。こどもほしい…(その前に定職と旦那…)と思っていたのを思い出します。詰んでいた時期、自分にとって何が大事なのか、気づかせてくれたお茶犬ロボ。

 

閑話休題。娘はお出かけのときもお茶犬ロボを連れて行ったり、留守番させたときは心配したり、帰宅するとすぐに飛んでいって抱っこをしたり。

 

いつか本当の子犬を飼ってあげたい気もします。

 

娘にプレゼントしたのは、このお茶犬です。
(クリックでアマゾンが開きます。アソシエイトです。宜しければ。)

 

ブログとYoutubeの今後を自作占いで適当に占う

さて、ぶっちゃけると方向性を見失っております(爆)。自作占いを作ったはいいが、全然実践していないので、遊び9割9分9厘で、占ってみました。

 

f:id:toridashi-foh:20161207183225j:plain

自作占いの全カード。

 

問い「ブログとYoutube、今後どちらに力を入れるべきか」

ブログ…猫氏(逆位置) 

Youtube…トゲタ 

 

f:id:toridashi-foh:20161227140923j:plain

 

猫氏

最近気づいたのですが、昔々、お茶犬ロボをだっこして背中を丸めていた時代、作っていたサイトがありました。そこで4コマ漫画を時々描いていました。ワニと、ウサギが主人公でした。レストランを2匹が切り盛りする話でした。

 

ワニは出世欲が激しく、レストランから一歩踏み出したく、自分の作ったパンだったかな…を外で販売するのですが、なかなか売れない。すっかりしょげていた時に、猫が通りがかって一つ買う。それが、今思うと、猫氏と同じ風貌のひょろっとしたオス猫でした。

 

飄々とした、メインではないけれど、ふらりとその世界の片隅に現れる、いわばスナフキンみたいな。猫氏はそんな立ち位置で、なぜかずっと自分の中にいるようです。まあ、猫ってそんなイメージなのかな。

 

猫氏は人間でいうと、年のころ20~30歳くらい。若者です。だけど、どっかすかしているというか、諦めているというか。風の要素が強いのかな。

 

そう考えると、少し自分の我をおさえ、ブログでは情報を紹介することに特化するようになっていく、とも読めなくも。あるいはカードが逆位置なので、そこに徹しきれないで、ブログが所在ないとも読めます。

 

逆位置で出たので、何となく「旅」というイメージがあります。山のむこうに行き、不在とも読める。

 

ブログという場所が生かされるには、何か「山の向こう」に行くような経験が必要なのかな、と読みました。

 

トゲタ

トゲタが出たので、Youtubeは刺激がいっぱいそうです。新しいことが色々起こりそう。いるだけで情報にさらされ、欲望を刺激されまくる情報がありそうです。

 

ただ、興奮状態で、後々疲れそうな気もします。また、情報に踊らされて、奇妙なダンスを踊っているうちに、年をとっていた(いやとってるけど)というイメージもあります。結局その祭につきあって、何もならなかった。Youtubeという祭が終わるころには、頭をかきながら、何もならなかったなあ。まあ、楽しかったからいいか、と思っているイメージも。

 

おっちょこちょいのトゲタなので、足元をすくわれる可能性も。炎上には気をつけたほうが良さそうです。個人的に、ブログのほうが私は燃やしがちな気がするんですが^^;、心したほうがいいのかな…。

 

トゲタは火のイメージがあります。生きがい、やりがいは火のエレメント。風のイメージのあるクールで冷静な猫氏のブログに比べ、Youtubeは自分を出して行ける場ではあるのかも知れません。

 

でも、万一のために映像では顔出しをしないでおきたい。また、本意ではない炎上を避けるため、他の人の話題に言及しないでおこう。そういうスタンスが、自分で退屈に感じているの、かも知れません。

 

もうちょっと自由奔放でもいいかも知れません。具体的には分からないけれど。

 

以上、年の瀬のだらだら更新でした。お付き合いありがとうございます^^;

次回、今年の総括、来年1年を占ってみようかな…。