読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やわらかい ぱん

いつか絵本にまとめたいブログ

先週の占いの反省と、ペンタクルの女王は専業主婦の星という話

f:id:toridashi-foh:20160919204656j:plain

タロットのお話です。

 

今週の運勢を先日占いました。全体的な運勢を表すであろうアドバイスカードに、ペンタクルの10逆位置がでました。浪費とか、無駄遣いとかを意味するそうです。

 

toridashi-foh.hatenablog.com

 

アドバイスカードにこういう、微妙~によろしくない意味が出た場合、どう読むんだろうなあと悩みながら先週書きました。浪費、無駄遣いに気をつけろ、なのか、浪費、無駄遣いも必要、今回ばかりは大いにやりなさい、なのか。

 

一週間悩みながら観察したところ、「どうあってもいつもより自然と出費してしまう。財布を締めすぎても不自然で疲れそうだが、調子に乗って出ていきすぎないようには注意しましょう」が正解だったかな、と思っています。

 

いや~~~~~今週はお金、出ていきました。家族に一大事があったわけでもなく、そういうやむを得ないウェルカムではない事情、ではなかったのが幸いではあったのですが…。

 

なぜかいつもよりどうしても贅沢な夕飯を作りたくなったり、雨のせいで自転車が使えず、やむを得ずタクシーを使ったり、なぜか移動費がやたらとかかる用事が2つもできたり…。次週から気をつけよう^^;

 

さて、タロットの先生からタロットのコートカードについて習いました。こんな人、いるよねって感じの人物像を表したカードです。これ、作られたのが100年ほど前らしいのですが、今の時代も「いるいる!」というタイプの人が勢ぞろい。面白いですよ。

 

女王様のカードが4つあります。カップの女王、ワンドの女王、ペンタクルの女王、ソードの女王。タイプは違えど、それぞれに世の中にいそうな女性のタイプです。

 

カップの女王は、情にもろく、人といるのが好き。商売でいえば、小さい子のお世話とか、水商売も向いている。あまり堅実ではないけれど、社会の中に大きな野望を持つことも少ないかな…?日々、右に流され、左に流されしてしまう。じみにスケベかも。カップは水をさし、水といえば、占星術ではかに座、さそり座、うお座をさします。明示的に対応しているわけではないようなので、「あの人はカップっぽい」とか「ワンドっぽい」とか、印象のインスピレーションで使うようですが。悩み事を話すと、我が事のように一緒に傷つき、寄り添ってずっと聞いてくれそう。

 

ワンドの女王は、目標があり、キャリアプランもあり、競争心もあって、専業主婦におさまるのはちょっと苦手。内勤の事務も苦手。社交的で、エネルギーがあり、男勝りなところもあるかも知れないけれど、裏表がなく、ずっこけると大いに凹み、お酒を限界まで飲んでまた傷だらけで復活するなど、面白かわいくて憎めない人。ワンドは火をさし、星座を対応させると、牡羊座、しし座、射手座が当てはまります。キャリアウーマンを表し、その中でも、生活を安定させるための手段ではなく、生きる目的として仕事をしている人に多く出るかも。勇み足で、おっちょこちょいなところあるけれど、それがまたチャーミング。

 

ソード女王は、洗練されており、情報通で、クール。あまり情で判断せず、広い視野とデータで理知的に物事を判断します。公平であり、バランス感覚が優れている。検事、判事などが向いているそう。私の中では、ITなどの先端の仕事をする女性も入りそうに思います。編集者やジャーナリストも良さそうです。iphoneの新バージョンをまっさきに購入していそう。ソードは風をさし、星座を対応させると、双子座、天秤座、みずがめ座があてはまります。

 

そしてペンタクルは、土を意味し、対応する星座はおうし座、おとめ座、やぎ座。こつこつと地道な努力を重ね続ける人。一時の感情で投げ出したり、逃げ出したりせず、初志貫徹の人。地に足ついて、その場に歯を食いしばってでもしがみつき、最後には大成する人。大器晩成の人も多い。合理主義者でもある。現状を愚痴ることはあっても、「ここまで努力したのなら、今更他に鞍替えするより、ここがいいいだろう」という考え方をする人。仕事は、土木、建築、不動産、手堅いタイプの金融、また専業主婦も意味するらしい。

 

…という授業を聞いて、思ったわけです。専業主婦って、ペンタクルの女王なのか。これは相当な仕事だぞ、と青ざめたのです。地道でコツコツとした途方もない積み重ねを苦にしない。けっして飛躍せず、派手さもなく、地味であり、生活は大きく変化することもない。言葉をかえせば面白味は少なく、退屈かも知れない。しかし逃げずに飛躍せずに、突飛なことに飛びつきもせず、こつこつと地道な努力を続け続ける。

 

世の中、働く女性の割合がぐんぐん増えて、それこそが自立した一人前の女性となってきていると感じます。だけど専業主婦をやって知るのは、これ、決して逃げの選択肢ではないということ。むしろ、精神的な負担は相当です。だけども、昨今は特に未熟な扱いを受ける風潮…。

 

しかしカップ、ワンド、ソード、ペンタクルの女王を4人並べてみると、ペンタクルの女王の忍耐強さは相当。それこそ、他の3人の女王と、少なくとも肩を並べる存在なわけです。…個人的には4人の中でも、相当な大人に感じます。

 

ワンドの女王はキャリアウーマンを示しますが、むしろペンタクルの女王よりすっとこどっこいで、アップダウンが激しく、若々しい感じです。また、カップの女王のほうが、周囲に翻弄されて、くよくよしていそうです。ソードの女王は理知的でクールですが、辛抱強さ、タフネスさ、根性でいえば、ペンタクルの女王には叶わなさそうです。

 

簡単に稼ぎがない専業主婦って言うなよ、これ、4大クイーンの一つよ。相当精進なさいと言われた気がしました。

 

今週まんまと散財したわたくしは、ペンタクルの女王を心にとめて、反省しているのでした…。