やわらかい ぱん

焼き肉はホルモンが好きです。みなさんはどうですか。

ホロスコープはじめました。3つの宮と、楽しい休みの過ごし方を考える。

f:id:toridashi-foh:20160825162908j:plain

トゲタ達はみんなでお泊り会。夏の大三角形見えるかな…?

 

さて、タロットに次ぎ、占星術の丸い表、「ホロスコープ」を学びたい。せめて中級くらいに独学で仕上げたいなあと思っています。

 

まずは入り口に、鏡リュウジさんの子供向けの本を買いました。

 

 

(クリックでアマゾンが開きます)

 

かわいい。鏡リュウジさんと、イラストの荒井良二さんのコンビ、カード付きのタロット入門書を出しているよと大学の先輩がおしえてくれ、それから、欲しい~欲しい~と思っていました。

 

でも、タロットは気に入ったカードの相棒がいるし…と思っていたら、占星術でもこのコンビが!わあいわあいで購入。数日前、この本を読み終え、実験台に自分と、娘と、旦那の生年月日のホロスコープを作りました。

 

さて、自分と娘の性格、当然違うわけです。何かそろそろ好きなこと、自分の自信になることでも習ってみたら、と思うのですが、何が向いているんだろう。そんな気持ちで、ホロスコープを作ってみました。

 

自分はもう幼児のころから、引きこもってずっとお絵かきをしている子供でした。興味の幅は狭かったです。色々習わせてもらったけれど、結局最後まで続いたのは、お絵かきかなあ…。^^; 結局幅、広がってないような…。

 

その点娘は正反対。お絵かきや作ることは大好きだけど、外に出さないと家の中でエネルギーを発散できず。何にでも興味があり、好奇心が強く、人に慣れるのに時間がまるでかからない。かからなすぎて、よく驚かれます。

 

気づいたら新しいお友達を作っているので、公園で結構楽…。年下の面倒見がずいぶん小さい時からずば抜けてよく、見知らぬお子さんのお母さんから感謝されることも少なくなかった…。人にさえ会えれば「楽しかった」と言う子です。こうも違うと、不思議なもんです。

 

ホロスコープを比べたら、私と本当に共通点がなく…。共通点といえば、美的感覚を担う金星が、2人とも天秤座にいること位。どうりで、娘はモノづくりやファッションが好きなはずです。私より、こじらせている気がするけど…(今、全身キラキラに着飾って、『ミニオンズ』のDVDに夢中)

 

風のエレメントが一番多い娘さん。火のエレメントも意外に多い。そして、水のエレメントが皆無(笑)。…ちなみに母は水のエレメントが一番多いので、性格がウェッティでびしょびしょです。

 

娘の風のエレメントは、タロットでいうと、ソードにあたります。理性的で、クールで、情報通。ちょっと地に足つかない理想主義者の側面も。確かに年齢のわりに、理性的に、客観的に物事を見る印象も。

 

次いで多い火のエレメントは、タロットでいう、ワンド。直観や目標、やりがいや競争心。

 

ソードが理知的に計算するのに対し、ワンドはもっと直情的で、本能的で、プリミティブな印象が。娘はこの2つとも強いのかあ。将来社会に自分の位置を見つけたら、理想に突き進むバリキャリになるかも知れませんね。

 

娘は活動宮という、活動的でリーダー気質の性格を強くお持ち。母と父は不動宮という、移動や変化を好まない、一つのことをやりたがる、ちょっと融通がきかない職人気質な性質。母子そろって柔軟宮ががくっと少ないので、人に流され、臨機応変にやっていく、ということは、苦手そう…。

 

さらに、娘は戦いの火星が獅子座に入っているそうで、曲がったことが大嫌い、正々堂々のリーダー気質。私は火星が、同情と共感の蟹座に入っているので、出鼻をくじかれ、競争心が今一つ発揮されにくいらしいです。旦那は火星がうお座なので、お祭りやライブでストレス発散タイプらしい…(笑)。

 

私、競争心が表に出てこないのは、成育歴かなあと思っていたんですよね。ホロスコープに出ていると、人のせいにしないで済みます(笑)。

 

娘は、才能を表す水星が、几帳面な乙女座に入っています。建築とか向いているよと本にあった。ああ~、なんか分かる。きっちり図面を引くのとか、すごく好きそうです。

 

同じことでも、ストレスに感じる人、そうでもない人。これが親子だと、何をふくれているのか分からなかったり、そのつもりでなく傷つけていたり。

 

頭では親と子は「別の人格」と分かっているけれど…。別の人格だから、分からないんだ。あるいは、分かってもらえないんだ。そう思うと、関係が切れたような、ぽつーんと孤独な感じがします。が、占星術だと、それぞれの人がそれぞれに無神経な方向がありつつ、夜空の星のようにひしめきあっている気がして、不思議と寂しくはない。そんな感じが気に入っています。

 

さて。友人たちのバカンスの様子がFBでシェアされて見られます。パワフルに各景勝地を回る人。一か所のリゾートホテルに拠点を置いて、小さな範囲に足を延ばしてゆったり遊ぶ人。クルーズやツアーで、各地のスポットに、のんびり楽ちんで連れていかれる人。

 

どれも素敵!もう一度バカンスしたい~~~~。そこで、ふと思った。もしかして楽しい休みの過ごし方って、活動宮、柔軟宮、不動宮で違うのかも。あるいは風、水、土、火のエレメントでも違うのかも?

 

実母がクルーズが大っ好きです。ツアーも割と好きなようです。理由としてはのんびりできて、あれこれ自分で手続きしないで、楽だからとか。船に揺られ、海を眺めながら、昼寝をしたり、ペーパーバックをのんびり読むのだそうです。

 

彼女はもしかしたら柔軟宮が強いのではないかなあ。船やツアーはお任せでのんびりできる反面、けっこう人間関係が密室。それにストレスを感じないためには、柔らかい性格が必要な気もします。

 

対して実父は活動宮が強い人なのかも知れません。何かを立ち上げたり、がつがつ仕事ができる人。リーダーになり、みんなを刺激したり、引っ張って行くタイプ。

 

父の旅行スタイルは、全力制覇、です。分刻みにスケジュールを入れ、どんどん体験をします。体験できることは、余さずしたいタイプ。父と旅行すると、疲労します。だけど結構楽しい(笑 私も活動宮が一番ではないですが、強いです)。体験スキューバダイビング、パラセーリング、グラスボート、バナナボート、全部やります。母がのんびり派だったので、夫婦でよく喧嘩になっていました。

 

結局、父娘でシュノーケルやパラセーリングを体験し、母はホテルの部屋でのんびり、と行動を分かつことに。

 

普段父と口を利かない思春期、父娘だけでの体験ダイビングは、今もすごく鮮明に覚えています。並んでショップの片隅で説明ビデオを見るところから始まり、それぞれウェアを選んで、白い砂浜で耳抜きの練習をして。さらに海の真ん中でトイレに行きたくなり、インストラクターに「その場でOK」と言われたものの、いざとなると出ない…何の話だっけ。

 

そして4歳児の娘もまた、間違いなく全力制覇です。お出かけしたら、目いっぱい、限界まで、あらゆる事をやって、ヘロヘロで帰宅です。やれなかった事を後に残すことが嫌みたいです。仕方ないので、「3分だけ遊んでおいで」とか言って、とりあえず全部網羅する(苦笑)。

 

…そうか、祖父と娘を出かけさせたら、案外相性いいかもなあ…。

 

旦那も好奇心が強く、じっとしていられない人なので、てっきり全力制覇かと思いきや、これがそうでもない。夫婦2人で出かけて何をするかというと、これが笑っちゃうんですが、二人で喫茶店でずっとお喋りしています。1時間、2時間はあっという間。同じものを見て、あれこれ話すのが楽しい。そして自分が専門や興味に、何かっちゅうと引きつけます。

 

 最近では、夫婦でシン・ゴジラを一緒に観ました。観たあと、あれこれ夜中まで語り合っていました。何をそんなに語ることがあるかね。だけどあれこれ語るのです。それが楽しい。

 

2人で旅行に行くとしたら、珍しい街に一緒にいって、やっぱり喫茶店であれこれ語るとか、USJにいつか行きたいのですが、それでやっぱり、パーク内のレストランで、あれこれ語っていそうです。

 

2人とも、不動宮が一番多いんです。何かをしたいというより、何かをした後、あれこれ議論するのが楽しい気がします。そして自分の仕事や、興味のあることに肉付けしていく。あくまで休みは、仕事のためにある、という気もします。そこに美味しいコーヒーとお茶請けがあったら、完璧。これまた、他の人には、「なにが楽しんだ…」になりそうですね^^;

 

まあ、若干こじつけ感がありますが。ああ、夏が終わりますねえ…。海行きたかったなあ。