やわらかい ぱん

焼き肉はホルモンが好きです。みなさんはどうですか。

紅イモとベトナムと展覧会の告知

f:id:toridashi-foh:20160625121609j:plain

食べましたよね。 -食べてません。

 

 

沖縄のお菓子を調べ続けております。

 

沖縄のお菓子を調べると、登場する年代が結構固まっている。琉球王朝(1429年~1879年。書いて驚いたのだけど、400年以上あるのね)の時代です。

 

紅イモを調べてみたところ、1605年に中国の福建省から持ち帰られたのだとか。沖縄では「ウベ」という呼び方が一般的とウィキペディアにあり、そうそう、その名前は聞いたことがある。そしてこれ、フィリピン語からきているそうです。ということは、フィリピンでも獲れるのかな、紅イモ。フィリピンからも輸入していたのかな…?

 

(後日調べたところによると、ウベと紅イモは厳密には違うイモのようです。フィリピン産の山イモの一種らしい。イモ色々…)

blog.goo.ne.jp

 

www.okinawadivingadventures.com

 

上記のページには持ち帰った人が野国総管とあるのですが、ウィキペディアによると、この人が持ち帰ったのはサツマイモらしい。

 

野國總管 - Wikipedia

 

何となく紅イモ周辺が曖昧ですが、1609年には薩摩藩からの侵攻があり、17世紀初頭は、沖縄の周囲にたくさん船の往来があった時代なんだろうなあと想像しています。

 

調べてみるとヨーロッパの大航海時代は15世紀中ころから17世紀中頃とのこと。この時代、世界中あちこち目まぐるしく船が走っていたんだろうなあ。

 

船での行き来といえば、冊封使は中国→琉球だけでなく、南北朝鮮、ベトナム冊封国だったらしい。地図で見ると、ラオスとかミャンマーも中国に隣接しているけど、冊封国だったのかなあ…。

 

冊封使 - Wikipedia

 

ベトナムの食文化はフランスに多く影響を受けているそうですが、中にはこんなお菓子もある。ちょっと中国風じゃない…?冊封時代の名残りなのかなあ…。

www.vietnam-sketch.com

 

 以下、告知です。

 

今年の夏の終わり、友人が主催者の一人である展覧会にちょこっとだけ出品することにしました。

 

展覧会名 てれどろ

 

場所 ギャラリー健

galleryken.com

 

会期 8月22日 月曜日から 28日 日曜日 

11時~19時。最終日16時ま

 

 よろしくです~。