やわらかい ぱん

焼き肉はホルモンが好きです。みなさんはどうですか。

タンナーファークルーというお菓子とこげぱん

f:id:toridashi-foh:20160619013117j:plain

タンナーファークルーという沖縄のお菓子が好きです。小麦粉と砂糖の油っけの少ない、クッキーとパンの間みたいな。

 

牛乳があると、一緒に、言葉少なにどんどん食べてしまう。餡子が入っていないので、菓子としての主張があまり強くなく、微妙にソフトな触感が、何か辞め時を逸してしまい、どんどん食べてしまう結果に。

 

タンナーファークルーの形状をじっと見ていて、こげぱんというキャラクターを思い出した。リラックマの会社、サンエックスがかつて出していたキャラクターです。

 

こげぱん、結構好きでした。気づいたら市場からいなくなっていて、今ではグッズはヤフオクでやっと手に入る程度。こげぱんこげぱんよー。昔はゲームセンターのプライズにも、キャラクターグッズ屋にもいたのにねえ。

 

その絵本で、沖縄旅行のものがあった。…amazonで1円で。

 

本の料金1円。送料250円ちょっとという、お得なんだか損なんだかの価格設定だけど、アマゾンでぽちってしまった。

 

クリックでアマゾンが開きます。  

 

 届くのが楽しみ。

 

沖縄のお菓子、異文化なのかノスタルジーなのか、面白いです。沖縄のスーパーでその迫力にびびった「のー饅頭」。片手を広げたくらいの大きさがあったけれど、餡子が甘くないので、食べられてしまった。豆感がうまかった。

 

のー饅頭 - Wikipedia

 

お菓子というと、ただお茶受けではなく、信仰とくっついている部分もあって面白い。私が初めてタンナファークルーだったか、クンペン(ピーナッツのぽろぽろした餡が入っている)だったかを食べたのは、祖母のお葬式だった。

 

丸いお菓子を連ねて人型を作って、これが肉体です、と言われて、親族で食べた。ふ、不思議だなと思いながら食べた。ば、ばあちゃん、はむはむ…。

 

ところで、さっきから祖母の葬式は思い出すのに、祖父の葬式が思い出せません。やったはず、さすがに祖母の葬式をあれだけやって、祖父をしなかった訳はないんだが…。