やわらかい ぱん

焼き肉はホルモンが好きです。みなさんはどうですか。

それぞれの職業病

f:id:toridashi-foh:20160615133250j:plain

雨と寒さで誰も布団から出てこない。プリキュアのアプリで娘を起こしてみています。起きて、何かスイッチを切ると、プリキュアがほめてくれるそうで。

「ぷりきあに褒められた…」

といって、朦朧と布団から出てきました。

 

さて、携帯が壊れました。購入して7、8年のガラケーです。娘の幼稚園の連絡がメールで入ってくること、欠席のお知らせをメールですることで、携帯ないと困るなあと思っていた。

 

買い換えなきゃいけないかなあ。面倒くさいなあ、で、2週間。ぼちぼち家族にも携帯が壊れていることがバレ始め、お前は災害時どうする気なんだ(お前はいいが、娘の所在が分からなくなったらどうする)と言われ、そうだなあ~~と思って2週間。

 

今日はえらい子モード(私が)で、携帯ショップに行って来ました。

 

ねえ、携帯ショップの張り紙、すごいね。あれ、ぱっと見て意味が分かる人がどれだけいるんだろうか。割引とか、新規サービスとか、他にもインターネットサービスとか、何かいっぱい貼ってあった。

 

いや、わかるんだろうな、SEの人とか、プログラマーの人は。

 

かつてIT会社に派遣で入って、いろんな雑用をしていた際、販売する機器のチラシを作ったことがあった。イラストレーターとフォトショップで作り、解像度を印刷レベルまで高めて、もちろんカラーで。で、できたよとサンプルを普通のプリンター(白黒)で出力して、SEであり部長であり、のおじ様に見せる。なまはげにも似た迫力ある彼がじーっと見るのは、スペック表のみ。

 

「字、センタリングして。」

 

「表が見にくい。背景色交互にして。」

 

「何で明朝使うんだよ。ゴシックにしてよ。」

 

一般向けの機器ではなかったので、そのチラシを受け取る相手もまた、エンジニア。だから、表しか見ない。これ、表だけで良くないっすか。そう言って「それじゃ味気ないじゃない。表もっと上にして」と言われたのを思い出す。

 

携帯ショップの壁という壁、机という机にあふれ出る情報の嵐を見ながら、こういうのをつい目で追って、「お、安い」と胸躍らせる人もるんだろうなあ、と思うに至る。そんな近場でキャッチボールしているのを見せられてもなあ…。

 

携帯ショップが開くのが10時から。娘を幼稚園に送り、直接行くと少し早すぎる。いったん家に帰ると絶対家から出たくなくなる。仕方ないので早めに行き、どうしよう、贅沢しちゃう?と、コーヒー屋に入った。

 

各机にコンセントがあった。周囲はパソコンを開く人がずらり。ビジネスマン風もいれば、私服の人もいる。こういう所でブログを書いて、稼いでいる人もいるんだろうなあと勝手に想像する。

 

ソイラテのショートサイズを頼んだら、何かすごい量来た。へえ、これでショートなんだと思いながら飲む。暖かい豆乳がおいしかった。カウンター状の背の高い机と椅子に座っていたのだが、することもなく、周囲をきょろきょろ。

 

天井は、空調などの配管がむき出しの構造になっている。恰好いいんだが…。

 

昨今くる日も来る日も義両親の家を掃除していると、気になる。…あの配管の上は埃がたまるよね。どれくらいの頻度で掃除しているんだろう。店舗は朝早く、夜遅くまでやっている様子。ほとんどがアルバイトの人。開店前、閉店後に掃除するといっても、そんなに時間外にシフトを組まないだろう。せいぜいだから、床掃除と机を拭くくらいだろう。

 

定休日もない様子。だから、お正月…くらいかなあ…。お正月もやっていそうだが…。1年に一度は掃除するのかなあ、配管の上…。年に一度じゃ結構汚れていそうだけど。えー、一見恰好いいけど、どうしてそんな内装にしちゃったんだろう。定休日のない店舗には不向きじゃないか…?(本当、どうでもいい突っ込みでゴメン)

 

ふと目を落とすと、目の前は衝立になっていて、お迎えの人と視線が合わないように目隠しになっている。その上が幅広の木材で、テーブル状になっている。

 

…光の反射か、自分の手が置かれているテーブルと同じ塗料だが、少し白っぽい。

 

そーっと指で触ってみる。…埃がついた。とりあえず人が手を置く机だけ拭き掃除をしているんだろうなあ。…配管は、ずっとそのまま掃除せずかもなあ…。

 

雰囲気がよく、落ち着いたBGMのかかる店内。やや暗い照明。すごくゆったりしたような気がしたが、実際のところは、商売っていうのは、角を丸く掃きながら、何とかみんなやっているのかもなあと思った。