読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やわらかい ぱん

いつか絵本にまとめたいブログ

色々小言を言われたり、障害児枠だとも言われましたが、元気です。

f:id:toridashi-foh:20160526155127j:plain

なんかいっぱい降ってきた。

 

今日は私の住んでいる地域、夕方から天気が崩れると聞きました。娘は鼻風邪で園をお休みしています。気圧も上下がはげしく、疲れが出る季節ですね。

 

さて、表題です。

 

前所属していた保育園で、チックを発症した娘。来年度障害児枠だ、とも言われました。市の子育て相談室に定期的に通ったり、当時の職場だった療育先に相談をしたり、結局保育園を退園したり、色々ありました。保育園を退園し、幼稚園を調べ上げて転園するまでの半年間、娘と24時間一緒でした。ブログはその頃に息抜きとして始めました。

 

保育園では2歳から箸を持たされ、強制的に練習を家庭でもさせられてきました。が、一向に持てない。母も随分保育園の先生から責められました。家庭でやっているのかとか、娘だけだ箸が持てないのは、とか。

 

ぶっちゃけると、2歳から箸持てなくて全然いいと思っていた。スプーンが逆手です、園では教えたのにまた戻ってると言われた時は、逆手なのは、手指の発達段階のワンステップですからと、頭痛。が、家庭と保育園で足並みがそろわないのは、かえって娘が不憫に思い、それとなく、家庭でも取り組んではいました(心とは裏腹に)。

 

これ、さらに以前の違う保育室でもオムツでありました。家庭で指導しているのか。2時間の間隔でトイレに連れていって、オムツに出ているのであれば、1時間、1時間でも漏れているのであれば、30分ごとにトイレに連れていけと言われました。…それ、まだ膀胱にオシッコをためる機能が育っていないってこと…ですよ。トイレ自立していないのは娘だけだとも脅されました。

 

いや~~~。私の従弟は5歳でもオネショでしたが、成人した現在は多分本人もその事を忘れているくらい、普通にトイレ自立していますよ。1年2年は誤差範囲じゃダメなんですかね。昔はそうだったと思うけどなあ。

 

で、結局娘はきっちり3歳の誕生日前に自然と日中のオムツが取れ、4歳の誕生日前に自然と夜間のオムツが取れ、5歳の誕生日を待たずして、何だか普通に箸を使い始めています。遅くても早くてもいいのですが、発達の本によると、大体ど真ん中です。何を先生達は焦っていたんだろう。トイレ図書の発達の本を見ながら、いつも首をかしげるのです。

 

先生たち、レディネスってものがあるから。

 

見よう見まねで娘が平仮名を書いています。まあ鏡文字だししっちゃかめっちゃかなんですが。でも、50音をまともに練習をしたのは、私は小学1年の時でした。が、現在定期購読しているベネッセの教材は、ひらがな練習です。テレビを見ても、子供番組で、園児に七夕の短冊を書かせている。…う~ん、学習指導要領では、ひらがなの読み書きは小学校1年のはず…。

 

昨今、幼児への発達の期待が早すぎやしませんか。その子が無理なくできるのなら構わないけれど、子供が各々の発達段階をじっくり過ごすのは、子供の権利のはず。本来子供特有の面白さ、かわいらしさって、この発達が追い付いていないガチャガチャの反応だと思うのですが。それを楽しむどころか、眉をひそめたり、眉を上げることが多くなった気がします。

 

発達に合わないことを急かせることで、発達障害を本来持っていないおっとりさんや、慎重さん、命令されるのが嫌いな子も、二次障害を負いかねない時代だと私は読みます。

 

子供と接する仕事の場合、もしかしたら人と接する仕事全般そうなのかも知れませんが、安易に接する側がカタルシスを求めない事。これは療育で保育士見習いをしていた時に重々思い知らされました。自己肯定感を子供を統率できることに求めないこと。重要だと思います。

 

むしろ、心があり、子供と一緒に困っちゃう先生の方が、大人の側からしたら迷惑なのでしょうが、本当の意味では救いがある気がします。

 

な~~んてえらそうなんですけどね~~~~っ!(鼻水娘との引きこもり生活に退屈しながら)