読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やわらかい ぱん

いつか絵本にまとめたいブログ

娘、おねしょでしょん。

4 People(人々) 11 Books (本)

f:id:toridashi-foh:20160503114122j:plain

性格ってもって生まれたものだなあと思います。赤ん坊の頃から慎重でビビりの娘。

 

ワンパクな幼馴染たちが、掴まり立ちをするや否や、まだ赤ちゃんの脚で無理やり歩き始めたのと比べ、立ちあがってから、転ぶのを恐れ、一歩も歩かない時期が長くありました。支えなしですっくと立ち上がるものの、歩かない。ようやく歩いたのは、床にやわらかいカーペットを敷いてある部屋ででした。乳児心に、転んでも痛くなさそう、と思ったのかなあ。

 

その性格は今にも引き継がれ、彼女はしっかり何かができるまで、挑戦すらしません。そのお陰で、挑戦するまでえらく時間がかかるものの、できるようになると、失敗も少ないのです。今回、初めておねしょしました。体調が悪く、両鼻から鼻水が出ている昨今。GWは自宅でゴロゴロ。

 

そのせいもあったのでしょう。気づけば母子で水たまりの中に寝ていて、掛布団はお釈迦。マットレスは分解して洗濯と天日干し。慌てて掛布団を買いに行きました。

 

今回、着替えさせる中、やばい…の顔。わざわざとがめませんでした。すると、洗濯したり、天日干ししたりの最中、殊勝な事を言ってくれました。…まあ、寝る前には手の平返し、トイレに行かない、ああ行かないんだよ、なんですが。

 

f:id:toridashi-foh:20160503115836j:plain

新しい掛布団にイチゴのカバー。どっちもかなり安く見つかりました。イチゴのカバーに大興奮の娘。

 

「わーいかわいい~~~~!!」

 

と止める間もなくダイブ。薄手布団なので、思い切り頭打っていました。

 

 

おねしょ、といえば、思い出す絵本。

f:id:toridashi-foh:20160503120433j:plain

 その1 『ノンタン おしっこし~し~』

f:id:toridashi-foh:20160502112908p:plainノンタンの画像をクリックでアマゾンに飛びます)

 

 

 娘が保育園からトイレトレーニングを強く要請されたのは、何と2歳のとき。アマゾンのレビューを読み、藁をもすがる思いで購入した本。

 

娘をピカピカのおまるにまたがらせ、これを一度読んだら、奇跡的におまるにおしっこができたのです!…これはもしかして、苦労せずにオムツ取れたりして!?とぬか喜びしたのもつかの間、奇跡が起きたのはその一度だけ。それからは結局順当に時間がかかり、日中のオムツが取れたのは、3歳の誕生日直前でした。何もそんなに焦ることなかったよって、今になっては思いますよ…。

 

 その2 『ノンタン おねしょでしょん』

f:id:toridashi-foh:20160502112908p:plain ノンタンの画像をクリックでアマゾンに飛びます)

 

 往年の名作。私も小さい時に読んでもらいました。この本によると、オネショ布団は天日に干すだけなんですよね。それで…いいのか?いいのか…

 

オネショの心配がない年齢になるまで、取り換えが効く布団を工面するのが正解かな~と思っています。