やわらかい ぱん

焼き肉はホルモンが好きです。みなさんはどうですか。

漫画 『カップラーメン』

f:id:toridashi-foh:20160418234224j:plain

f:id:toridashi-foh:20160418234230j:plain

f:id:toridashi-foh:20160418234236j:plain

f:id:toridashi-foh:20160418234250j:plain

f:id:toridashi-foh:20160418234254j:plain

 

手持ちのケント紙が切れたので、漫画原稿用紙に移行しました。でかすぎて何か緊張します。ケント紙はスケートリンクのようでGペンはスケート靴のように自在に滑りました。それと比べ、手持ちの漫画原稿用紙はもっさり引っかかります。ケント紙は消しゴムがどうにも汚くなる時があって、う~んだったのですが、ケント紙のほうが、好きだなあ…。(いい消しゴムってあるのかな)

 

マンガ原稿用紙は、紙の周囲に定規が印刷してあるので、枠線を引くのは楽…なんだろうけど、その枠線が印刷に出ないように薄い水色なので、目がよろしくない自分には、かえって何かきついです。

 

ペンがスース―走らないので、自在に入り抜きを楽しむことができません。うーん。かつてつけペンが大嫌いだった理由は、意外にもこの紙質によるものだったのかも。

 

ケント紙でマンガ原稿用紙というものも、調べてみたらありました。今回購入した原稿用紙がなくなったら、そっちに切り替えようかな。

 

手持ちのケント紙が切れたので…ということは、50枚入りだったので、50枚漫画を描いたみたいです。描く人にはだから何、の数字なのでしょうが、人生最大で3~4枚の漫画しか描いたことのない自分にとって、ちょっと唖然とするような、高揚するような数字です。まだまだ描きます。

 

それにしてもピースケ(人間)の顔と等身がふらついています。一番人間が描き慣れないってどういう事だ。私は小さい時から何を描いていたんだ。

 

相変らずスキャンがド汚くてすいません。