やわらかい ぱん

焼き肉はホルモンが好きです。みなさんはどうですか。

漫画 「にょろりのともだち」 1~19ページ(完結)

 

f:id:toridashi-foh:20160322091724j:plain

f:id:toridashi-foh:20160323073002p:plain

f:id:toridashi-foh:20160324084420j:plain

f:id:toridashi-foh:20160325095848j:plain

f:id:toridashi-foh:20160325095916j:plain

f:id:toridashi-foh:20160326084830j:plain

f:id:toridashi-foh:20160326084836j:plain

f:id:toridashi-foh:20160327151937j:plain

f:id:toridashi-foh:20160327151945j:plain

f:id:toridashi-foh:20160328215510j:plain

f:id:toridashi-foh:20160402012422j:plain

f:id:toridashi-foh:20160402012432j:plain

f:id:toridashi-foh:20160402012441j:plain

f:id:toridashi-foh:20160403113622j:plain

f:id:toridashi-foh:20160403113634j:plain

f:id:toridashi-foh:20160404105200j:plain

f:id:toridashi-foh:20160404105216j:plain

f:id:toridashi-foh:20160405103103j:plain

f:id:toridashi-foh:20160405103111j:plain

 

 

① 何だか淡々としすぎて山場がない…

② コマ割りが非常に単調

③ てか枠線…

④ 思ったよりにょろり、ピースケが活躍せず、トゲタに持っていかれた

 

色々反省がありますが、反省するための「とりあえずやってみよう」なので、良かったです。

 

描いてみて痛感したのが、動けることが、漫画を引っ張っていく一番簡単なエンジンになるようで、動きが激しいトゲタに助けられた感があります。もっと感情を表現できる術があれば、動きの少ないピースケでも引っ張れたんでしょうが。ただピースケに託したテーマは、短い時間軸の1本では描くの難しかったです。次回反省を生かします。

 

そして今回ここまで描けたのは、偶然キャラクターたちを動物にしたのが良かったのかもと。次回人間で描けるかなとキャラクターを何個も描いているのですが、動物ほど楽に描けないんですよね…。意識の中で、顔は顔、髪は髪、足、手、とパーツがバラバラで、全体でまるっと描けず。要素が多すぎるのかなあ…(単に私の画力の問題か…orz)

 

…今たまたまTVで「クレヨンしんちゃん」が流れたのですが、そうか、人物もあれだけ可愛いデフォルメでいいのかも。

 

多くの同年代の絵描き女子がそうなんじゃ…と想像するのですが、子供の頃は女の子やお姫様、少女マンガを真似して、キラキラした画風を描き、思春期、少年漫画に傾倒してBLを読み漁る関係で、自分もすっきりした、少年漫画のエッセンスの入った男子を描き。ただそれで描ける世界観が自分にあればよかったのでしょうが、考えてみれば、全然自分の世界観と合っていない可能性もあるわけで。

 

考えてみれば、私が最も影響を受けた漫画は『お父さんは心配性』で、『うる星やつら』で、かなりの勢いで流血するし、顔面崩壊するんですよね…。

 

今回描きながら、恐れ多くも手塚治虫氏のまるっとした人物、藤子不二雄氏のまるっとした人物、あれいいなあと思っていたんですよね。憧れで絵柄を選んでいたけれど、動かしやすさで選びなおす必要がありそうです。

 

ここまで駄漫画を毎度見て下さり、本当にありがとうございました!…うん、分かってる、毎度見て下さりっていうか…見させられてたってこと^^;!!

 

ありがとうございました…。