やわらかい ぱん

焼き肉はホルモンが好きです。みなさんはどうですか。

自転車で遅刻厳禁の用事に出かける。縫い物地獄の始まりである。

今日は4月から娘が入園する幼稚園の保護者会。普段は通園バスを使用。ですが、今はまだ入園前なので、自力で行くしかありません。

 

娘はまあ、ざっくりいうと、さかな君さんと、栗原類さんを足して、うんと女子力を上げたような地黒のラプンツェル。乗れそうで乗れない集団生活。

 

そんなわけで、色んな考えがあるんでしょうが、幼児期くらい本人に合ったカリキュラムをと、知人に紹介された幼稚園へ。これが、いいんだが、いかんせん遠い。

 

普段は通園バスが出るものの、それがない現在、タクシーで片道3000円近くかけるか、電車を40分ほど乗り継ぎ、さらに徒歩で30分歩くか。我が家にはそもそも車という物はない。

 

どれも嫌だなあ。というわけで、母ちゃん朝から地図をプリントアウトし、自宅から自転車で行ってみることにしました。私にスマホとかいう物はない。何だそれ、貝殻だろ。

 

保護者会は遅刻厳禁。基本お近くのお家が多いので、よもや保護者会の2時間前に家を出発する家庭があるとはお思いじゃないでしょう…誰にこの気持ちを宛てればいいんだ。お思いじゃないでしょう…そこのあなた

 

電動自転車の電池の充電を忘れていて、残量60パーセント。後で気づいたが所持金1200円。色々うっかりギリギリ。ゲームでいうところの、同じコースなのになぜか難易度を上げてのスタートです。

 

人生、勝つか負けるかという価値観では病む一方のご時世。しかしこの勝負はまさに、勝つか負けるか。だか勝つ。そうしてペダルを漕ぎ出したわけです。かっけー。自分かっけー。腸かっけー。字間違えた。

 

結局、奇跡的に迷わず、1時間で幼稚園に到着。途中で豚のお義父さんを書留で友人へ送り、所持金770円。時間調整でフレッシュネスバーガーで娘にスムージーとポテトを食わせ、残り100円ちょっと。

 

大丈夫、帰り充電池の残りの範囲で帰りつければ、お金要らないし!(成功する選択肢しかないのは、日本人の悪い癖です)

 

娘を先生たちが見てくださる中、園庭へ放ち、私は保護者会へ。そして、出た。たんまりと縫わないといけない宿題。体操着入れ、上履き入れ、弁当入れ、コップ入れ、連絡帳入れ…。何をそんなに入れるかね。ずた袋一つで充分だよ、ビニールの。

 

我が家は実は保育室、保育園、そして今回の幼稚園と、何度も幼児施設の門を叩いており、そのたびなぜか別れも告げておりですね、何回この入学のイニシエーションを受けたか分からない。

 

一人っ子なのになぜか初々しい気分のしない入園の準備。しかし毎度施設によって求められる縫い物が違うので、使いまわせない。

 

というわけで、しばらくまた、縫い物です。布、買いに行かなくちゃ…。

 

f:id:toridashi-foh:20160304172745j:plain友人用の豚のお義父さんが友人宅へ出発し、何となく寂しげな面々。にょろりなんか、完全にだれてる。君、恋でもしていたのかい。