読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やわらかい ぱん

いつか絵本にまとめたいブログ

材料を書いていて、若干ひきつる。豚のお義父さんお迎えを待つ。

1 Original works(自作) 9 Photographs(写真)

友人用豚のお義父さん。お迎え待ちです。

 

大丈夫。不安じゃないの。人生とは待つことなりと、行きつけの立ち食い蕎麦屋のじいさんが言っていた。

f:id:toridashi-foh:20160303085418j:plain

ちょっと別れがつらくなってきているお義父さん。

 

ケーキ食べよう、ケーキ。おいしいよ、ケーキ。

 

そういえば義父の出してくれるケーキは、大体少し崩れています。持って帰るときに振るんだろうなあ…。

 

若干狙ってもいたんですが、ここ数日の制作日記で、「いいなあ~ちょっと豚のお義父さん欲しいかも…」という声を聞きつけましたよ。よぅし、よ~~しおばちゃん、ハンドメイド販売に乗り出しちゃおうかしらと、画策中。

 

creemaという、ハンドメイドを販売するサイトに登録し、何が何だかでトイレで膝を抱えています。

 

「自己紹介」という欄があり、あんた、ワタシの何が聞きたいのさ…と固まっていたわけですが。色々他の方のを見て行くうちに、そうか、質問が出そうな事を事前に書いておけばいいのか、と納得。

 

質問が出るといえば、材料とか塗料のことかな。

 

豚のお義父さんの材料は、娘が遊ばなくなった積み木です。元々廃材だったものを障がい者の作業所で一つ一つ加工してもらったもの。なので、材料の木はばらばら。しっかりとした身のつまった木材ですが、「ヒノキです」とか「楠です」とか書けない。何の木だろ、これ…。

 

書いていて自嘲ぎみに「…つまり、廃材の廃材ってか」と、自分で苦笑してしまった。

 

知らない家の子が頭っから舐めたかもしれない木材でできた人形を、誰か欲しがるかね…。まあ~そこに余った木材があったら、作り始めてしまったわけだけども。

 

これ、出品して大丈夫か不安になってきた。で、でも、中古積木をそのまま転売するブックオフ系列の店もあるわけだから、材料費をさしひいた額で提示すれば、許してもら…もら…。

 

今日も空がきれいだあ。

f:id:toridashi-foh:20160303094342j:plain