やわらかい ぱん

焼き肉はホルモンが好きです。みなさんはどうですか。

たんぽぽ手芸さんの「みみよちゃん」ブローチ、我が家にお嫁入り。

f:id:toridashi-foh:20151128002812j:plain

大学の先輩と、相方さんが、手作りですごーーく可愛い雑貨を作っていらっしゃるユニット、「たんぽぽ手芸」さん。昨日1 day shopをアトリエでされていると知り、わあ、行きたい行きたいと、娘を説得して出発。

 

「ブローチがあるよ…。」

 

そう、娘はブローチに憧れているのです。

 

17時までの1 day shopでしたが、途中の児童館、児童公園で引っかかり、あれ、14時に駅を出たはずなんだけど、もう暗くなってきたぞ…。

 

さらに私は要手帳レベルの方向音痴。地図を片手に来た道を戻ること数回。よく娘4歳は付き合ってくれたなあ。君、人格者だな…と身内ながら感心する次第。ちなみに、多分普通の方は、迷う要素ゼロです。

 

結局ギリギリの時間に滑り込むことができました。

f:id:toridashi-foh:20151128011416j:plain

フェルトと陶器の気持ちのこもった、暖かく優しい作品を作っていらして、見ているだけで体が温まり、緩んでいく…。やっぱ一点ものって全然違う…。暖かさが違う…。

 

今回一点購入しました。

 

購入した後も、作品にろうそくの火のように作り手の思いがほのかに暖かく燃えているようで、まるで作品が生きているみたいです。

 

いつも、かわいいものを見つけて、買ってみても、「買ったらそこでお終いだなあ」という気分を味わってきました。子供はそれをごっこ遊びに使ったり、普段もアニミズムの世界にいて、物を生かし続けられるのかも知れませんが。いつからかなあ、そんな風に感じて仕方なくなったのは。

 

買った側から、何だか冷たくなっていくような気がしていたのです。

 

だけど、このブローチ、ブローチの向こうに作家さんたちが見えて、すごく暖かい。いいもんだなあと思いました。これから、よく知る人の作品を、少しずつ集めていくっていうのも、もしかしたら豊かかも知れない。ある種正解かも知れない。

 

ブローチには名前がついていて、「みみよちゃん」と言うそうです。みみよちゃんを下さいと言ったとき、作家さんたちが「あ、みみよちゃんが」と言っていたのが可笑しかった。わかる、わかる…。作ったものって、情がわきますよね。大事にします!!

 

これからみみよちゃんを身につけて、外にお出かけするのが楽しみです。みみよちゃん、色んな景色を一緒に見ようね。

 

ブローチ。秋冬に特に憧れるアイテム…。冬、ブローチ、というだけで、ポエジーがある気がします。そうえいば昨日、たんぽぽ手芸さんにたどり着く前にパン屋さんにつかまり、そこのイートインで食べていた時、お隣で俳句のお勉強をしている方がいらっしゃいました。

 

ブローチって、秋冬の季語になりそうと思うくらい、この季節に似合います。

 

たんぽぽ手芸さん(ブログもあります)

tanpoposyugei