やわらかい ぱん

焼き肉はホルモンが好きです。みなさんはどうですか。

栗原類さんの本を買った。サクサク読めるけど、突っ込んでいて面白い。

(amazonアソシエイトです。クリックするとアマゾンの詳細&購入ページが開きます)

 

発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由』 栗原類さん著。

本屋さんでぱらぱら立ち読み。タレントさんの本だし、軽い感じのきれいな自分語りなのかなーと思いきや、結構突っ込んだ読み応えのある内容でした。購入して、読んでいます。

 

アメリカの帰国子女である栗原さん。アメリカ、日本の両方での発達障害児の支援のしかたが描かれていて、視野が広がるようでした。

 

例えば…これは障害に関わらずですが、よく遅刻する子に対して。日本ではクラスメートに「また遅刻かよ」とディスられがち。だけどアメリカでは、クラスメートがそうしようものなら、大人が「あなたには関係のないことでしょう。」とぴしゃりと注意するらしいです。確かに。例えば仕事等のチームで、その人の遅刻でチームが足を引っ張られるではない限り、別に他の人が何時に来ようが、私に差し支えない。

 

こうしたエピソード一つ一つが面白いです。

 

中でも特に感銘を受けたのが、お母さんが書かれている章です。

発達障害児には、不得意分野の支援もさることながら、得意なものを一つでも見つけ、そこを伸ばしてあげることも大事。もしかしたらとびぬけた才能もあるかも知れない。救済的なイメージといえばそれくらいしかなかった自分にとって、お母さんの書かれる以下のような内容は目から鱗でした。

 

お母さん曰く、発達障害児にこそ、広く浅くいろいろな体験を。知っていること、体験したことがたくさんあれば、それを通していろいろな分野で人とつながれたり、友達ができるかも知れない、と。そして、一つのことだけで自分を支えていると、定型発達の人でも、それがぽきっと折れたとき、軸を失って、クライシスに陥りやすいと。

 

いや、それは本当に仰る通りだと思いました。私自身、非常にわかる経験が…。得意なものを一つ持つのはいい事だけれど、一つだけに集中する必要はなく、それもするし、あれもしてみるし、これも触れてみる。そういう広さ、雑味は、むしろ積極的にやっておくべきかもな、と感じました。

 

障害児、どっかど定型からずれている子を育てるときの心労は、この先どうなるんだろうというモデルのなさが大きな原因の一つに感じます。

 

ある程度育った当事者(保護者、支援者)の本は、参考にしようとする人、それぞれ決して同一人物ではないのだけど、見通しを持つための1ピースになり、心強く、要らぬ不安が、いらぬイライラが、脱線への不安が軽減されて、健全になる気がします。

カクテルパーティー効果が働かない

長くブログを読んでくださっている方は、ご存じかもしれませんが、我が子はどうも薄氷を踏むような感じで、学校生活を送っている子です。家では何の障害もなく、やや繊細すぎるきらいは生まれつきあるものの、親である自分は特に困難さも感じずに育てています。

 

が、ひとたび集団に入ると、それが一斉指示の厳しい集団であればあるほど、難しさが出てくるようです。

 

以前いた保育園がそれで、新年度は先生の加配をつけるか、あるいは現在の新しい幼稚園のように、まったく違う環境にうつるかで悩み、結局後者を選択しました。

 

一年間新しい幼稚園ですごし、見たところ、保育園ほどの困難さはないようで、指示がわからないとき、緊張して真っ白になりがちなところも、周囲の子をチートして、一生懸命やり遂げていました。

 

本来ならお遊戯も、合奏も、手順を覚えて、自信をもってやって、達成感を味わうところでしょうが、おどおどしながら何とかやっている姿を見ると、要らぬところで苦労をしている可哀そうさは若干あります。それでも、達成感はあるようで、「すごかった?」としきりに聞きます。もちろん、すごかったよ~~と褒めるわけです。

 

が、連絡の時間が特にダメな様子。一生懸命先生の声を探して聞いても、周囲のざわざわにかき消され、聞こえないようです。昨日はついに先生に、名前を呼んでも無反応なことに、「もう何度目だろう??」ときつく叱られたそうです。すっかり落ち込んでしまいました。こういうのが重ねって、二次障害になっていくんだろうな…という不安があります。大好きな先生なだけに、親も胸が痛いです。(先生は不可解なのだろうと察します。さらに進級の時期なので、こういうときって、先生たち厳しくなりがちなんですよね)

 

これまで、分からないこと、聞き取れなかったことは、先生にもう一度質問してごらん?と言ってきました。どうやら何度も聞いて過ごしていたようです。「お話し中だから、質問できない…」など、タイミングも見計らって、質問をしていたようです。5歳の子が。可哀そうになってくる。

 

保育園で指摘されたことも併せ考えるに、我が子には、カクテルパーティー効果が働かない(沢山の音から、聞きたい音を取捨選択できない)といった特性があるのかもしれない、と疑い始めています。騒音のある状態では、私の声を聞き取るのも、あまり得意ではありません。

 

そのほか、短期記憶の容量が少ない可能性、微細運動が苦手な可能性、鏡文字がぬけない可能性、もしかしたらボディイメージがうすい可能性など、色んな可能性は平行してあるのですが、恐らく本人無自覚で、周囲から冷たい目で見られ、自己肯定感を下げまくっているものは、この聴覚関係だろうと…。

 

小学校に入ったら一斉授業。背が高いため、ただでさえ定型の子でも声が聞き取りにくい、板書が見えにくい、集中が途切れやすい、後ろの方になる可能性があります。今のところ幼稚園では、絵本のお話は恐らく誰よりしっかり聞いて覚えていたりするので、あまりにしんどいようなら支援級を調べる必要があるかなあとか、あるいは座席の配慮をお願いしたら、何とか乗り越えるのかなあといったことを考えて、あまり眠れず、今朝、です。

 

視覚優位だろうから、視覚から指示を入れてみてください、と、保育園では言っていました。保育園は、発達年齢より上のことに挑戦させ、達成感を味わうという方針のところでした。新しい幼稚園では、もう少し丁寧な指示の出し方だったので、今まで表面化しなかったのかもしれません。

 

ざわつかないところでは、言葉だけの情報でも、まあまあ入るよう。周囲の音をおさえる耳栓もあるようですが、耳栓は、使いすぎると、耳栓のある状態に慣れ、その状態でも音を拾うようになるのでは、という体験があって、まだチェックしているだけの状態です。

 

赤ん坊のころから、友人の家に行き、たくさんの人がいる状況では、大泣きが止まりませんでした。人見知り、場所見知りがすごかったです。いつのころからか、目立った場所見知りはなくなり、人見知りもまあ人並みに。

 

発達に沿って、色々な目だった部分はなりを潜めてはきているものの、さて、実態がまだよくわからず、どうしてあげたらいいものか。とりあえず無自覚で叱られるより、自分の困難さを言語化できるほうがずっと助かるだろうと、武器を持たせるつもりで、「ざわざわしたところで、1人のお声が聞こえにくいね」と教えようと思っています。

 

 

 

お母さんの作るお菓子はまずい

昨日、我が子と旦那と、動物園に行ってきた。

小さな遊園地もくっついている動物園だったが、それには興味を持たず、動物の名前を読み、動物を観察する娘。ひらがなに続き、いつの間にか覚え始めたカタカナ。動物の名前はカタカナ表記。いつの間にか、それを読むことができていた。

 

動物園の広場で、年の近い子がいると、話しかけたり、一緒に追いかけっこをしたりする。だけれど、そのうちに飽きるのか、足元の植物の実に夢中になる。いくつも拾う。一緒になって遊んでいた子供は、所在なげに「一緒に遊ぼう…」という感じで近づくが、それには背をむけて、実を拾う。そして「これ何の実?」と大人に聞く我が子。

 

もっと小さい頃は、保育園であまり友達と遊ばないと、よく保育士の先生に言われた。親の前では、遊びたいときは延々子供と遊ぶので、首をかしげていた。友達が同じメンツで飽きたか、あるいは緊張しているか、あるいは園庭や教室内の遊びにバリエーションがなくて飽きたか。そんな気がしてはいたものの、心配はしていた。

 

今思うに、娘はよく園庭の落ち葉や実を広い、当時ようやく覚えたひらがなを読んで(当時はまだクラスの誰もひらがなを読めなかった)、木々に取り付けられたプレートから、樹木の名前を憶えていた。興味のある話が、なかなか大人(保育園の先生は忙しい)や友達とできずにいたのかも知れない。

 

我が子もだんだんと育ち、色々な気持ちを自分の言葉で説明できるようになってきた。こうなってくると、ある種の心配も減ってくる。うんと幼児のころ、なぜか頑なに父親を遠ざける時期があったが、今は一緒に行動もできる。自分の気持ちも言えるし、何気なく言われたことも乗り越えられる位の身辺自立や、社会性もついてきた。

 

昨日、プッチンプリンを食べながら、お母さんの作る牛乳プリンは味がなくてまずい、という話になった。

 

お母さんのお菓子は、市販のものより微妙にまずいもの。クッキーは市販のものより甘くなくて硬いもの。ケーキのスポンジは市販のものよりボソボソしているもの。ババロアも市販のものより硬いもの。

 

そういう小説もあったな、と思い出した。誰の、どの小説だか忘れたけれど、専業主婦の母親の文化に反発して、キャリアウーマンになり、そして母親を精神的にゆるす、みたいな話だった気がする。ずいぶん贅沢な話だな、と思った。

 

その小説の中で、母親の作る野暮ったいケーキが出てくる。市販のものと比べて、野暮ったいし、味もまあまあ…。我が子のいう、お母さんのお菓子の評価を聞いたとき、それを思い出した。

 

母のお菓子をあんまりなんだよなあ、と思って次の世界に進めることは、いい事かも知れないと思う。

 

私の母は、当時は珍しいキャリアウーマンで、それでもフルタイムで勤務していた時代の自分よりはずっと時間もあり、クッキーを焼いてくれることもあった。けれど、食べてわかる、彼女は、素朴で野暮ったい母の味ではなく、オレンジピール等を入れる、子供のために膝を折らない味だった。

 

私にとって母は、故郷という背後に残して、新しい世界に向かうものではなかった。どちらかというと、私が残され、母が新しい世界に向かっていく存在だった。「いってらっしゃい」と玄関から、仕事のある母を、仕事も用事もアイデンティティもない私が見送る光景は、多分、子供の育ちの面では、不可抗力とはいえ不健康だったろうなと思っている。

 

私は幼馴染の専業主婦の母の作る、卵くさいカステラに憧れた。

 

娘と旦那と私は、昨日、ファミリー向けではない、老舗の洋食店に入った。我が子は、スープは音を立てないんだよというと、すんなりそのようにし、パンは一口にちぎって、バターをつけるんだよというと、すんなりそのようにした。オレンジソースのかかったババロアを堪能し。座って待つ時間が長かったのに、充実した表情をしていた。

 

今日は朝、いつも怖いと言っていた妖怪ウォッチの新しいコーナー『黒い妖怪ウォッチ』を、怖くないといい、すすんで見ていた。

 

トーストをよく焦がす私に、フライパンで焼けばいいんじゃない?などと、まだ若干明後日だが、自分で考えて、えらそうにアドバイスしていた。

 

どんどん大人になって行く。

 

今日私は、我が子が自分のお小遣いで買った、動物園のぬいぐるみ(モルモット)と、幼稚園で充実しているだろう娘のお留守番をしている。もうすぐ年長さん。初めて保育園に行ったのは、たった2歳の時。年長さんは途方もなく大人に見えた。現在の幼稚園にうつり、年中さんになって、年長さんとは背丈が同じでも、やっぱり内面の育ちが違うなあと感じていた。でも、もうすぐ進級の春。きっちり、年長さんになるんだなあと、娘を見ていて思う。

 

…正規職をやめ、家の空き時間の合間をぬって、パートに出たり、講師をしたりしている。今日は仕事の予習をしないといけないのだけど、何だか娘の成長著しく、心が足並みがそろわずで、のんびりしている。

ギフテッドの子にむけた支援

ブログで読んだ情報のシェアです。

 

発達障害、グレーのお子さんで、特定の分野に非常に興味がありつつ、同年代の子供と話題が共有できず、話し相手が欲しいお子さん。平均的なお子さんと比べると、不器用だったり、幼かったり、純粋すぎたり、苦手はことはあるけれど、一方でとびぬけて興味の強いことや、興味の強さ故に学習がすすんでいる事があるお子さん。

 

こうしたお子さんが身内にいたら、門をたたいてみたら…?と勧められる場所は、東大のロケットしか知りませんでした。

rocket.tokyo

 

今回、拝読しているブログで、面白い試みが立ち上がったことを知りました!

nanaio.hatenablog.com

 

こちらのブログで、子供の興味関心等と学生や専門家とのマッチングを行い、リモートや実際会ったりという機会をもうけるという試みが立ち上がったことを知りました。

 

branchkids.jp

 

面白い…!

動向を見ていきたいです。

予習復習、受験、不登校の子、塾に行かず自習をしている子にも是非お勧めしたい、授業が見られるyoutubeのチャンネル

www.youtube.co

 

とある男が授業をしてみた、というチャンネルです。葉一(はいち)さんという方で、有名な方らしいです。うっすら、どこから聞いたことはあったのですが、最近チャンネル登録をして、参考にさせていただいています。

 

全教科ではないようですが、それでも、1人で小中高の複数の教科を模擬授業し、配信されているのには、正直びっくりしています。小学校全科、あるいは中高だったらどれか一つの教科を専門的に配信されるなら、まだあり得るとは思うのですが…。小中高全部、理数中心とはいえ、色々な教科っていうのは、本当にすごいと思う。

 

ネットの情報によると、東京学芸大学(教員の名門ですね)を卒業された方だそうで、塾講師の経験もあるのだそうです。

 

私もお恥ずかしながら、英語を色んな子に教えているのですが、この方の要点を整理したホワイトボードの板書は、おそらくはまる子には、すっごくはまるのでは…と、勉強させて頂いています。

 

一斉授業ではどうもダメ、集団がどうもダメ、知的には障害はほぼないものの、いろいろな生きづらさを持っている子と最近仕事で付き合うものの、それぞれの困難さが違うため、引き出しをたくさんもって、授業のやり方もたくさん持っていないとなあ、と、勉強させていただいています。

 

長く不登校だった子を教えるようになると、こういった、小~高の授業のアーカイブがフリーで見られるのは、本当に本当にすごいと思います。どこかが助成を出してくれてもいいのでは、と思う位…。

 

この方は恐らくyoutubeの収益で収入の多くをまかなっているのでは…と危惧するのですが、競合が増えて、収益が減るのは、つらい。でも、競合がたくさんできて、子供たちが自宅でも、塾のお金がなくても、授業にアクセスできる環境が整えばいいと本当に思います。

 

学校の先生にさせるのは更なる負担なので、それは是非避けて欲しいんだが、外部のリソースを使うなどして(予算を割いて!!)、不登校の子にもスカイプでその日の授業を配信するとか…。

 

何にせよ、色々な授業のアーカイブが増えるといいなあと、思います。

 

不登校への対応の在り方について:文部科学省