クロムハーツというお嬢さんが、いつまで経っても自分の生活になじまず苦悩

f:id:toridashi-foh:20180817085741j:plain

子供と一緒に旅行疲れでぶっ倒れている時、義両親から「今度温泉行こう~♪」のメールあり。お元気すぎてびびる。地下鉱脈と直結して、地球エネルギーでも吸い上げているんじゃなかろうか。

 

さて話は変わりまして、宝物自慢です。昨日は時代劇の悪代官のように、自分の宝物を磨いて、うふうふして、仕舞うという、クズのような娯楽をして、大変楽しく過ごしました。

 

就職氷河期派遣社員でHPやDTPの仕事を始めた頃、「初めての給料で高い物を買うと、仕事が続く」というトンデモ都市伝説を先輩から聞き、じゃあ、じゃあ、じゃあ私ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーtっと欲しかったものがあったの!!と、正規代理店に万札握りしめて行って、買ったものがあります。

 

それは…クロムハーツフローラルクロスリング。

 

尊い…。

 

しかし自分には高すぎる山だったようで、何だかんだで大事にしすぎ、それをつけて外出することがどうもuneasyといった感じで、そのうちしまい込むようになっちゃって。

 

その頃ごついメンズシルバーの人気はすごく、特集した雑誌もよく見かけました。それこそ雑誌なんかを見ていると、まだ素人の域を出ていないのでは…と素人目にも思ってしまう、ファンアートに近いようなブランドも。

 

そんなドメスティックな出来立てほやほや感のあるブランドのシルバーも、複数購入しました。大概は通販で。届いてみて、「いや指輪には重すぎない!?」とびっくりするような、肉抜きが全くなされていないものもありました。「指折れない!?」とびっくりするような、横の指にめちゃめちゃ当たるものもありました(クロムハーツでもあるけど)。

 

それらと比べると、クロムハーツのいくつか(そうそう、沼特有の『仲間を呼ぶ』が発動され、もれなく増えます。ご注意を)は、無骨ながらも若干段違いに精工で繊細で、自分がど庶民出身のくせに、良家の娘さんをお嫁に迎えてしまったかのような、おっかなびっくりが自分の中から消えず。

 

相手はシルバーの塊で、自分よりも丈夫で堅牢なはず。自分だったら打ち身捻挫骨折のような衝撃も、多分大丈夫でしょう。死後も、変わらずけろっとそこにある物でしょう。だけど何か壊れちゃうんじゃないかと不安で、日常使いができない有様。人はこれを指して、「身の丈に合っていない」というんでしょうね。。

 

まあしかし、身の丈に合っていないは正解でして。いつもよれ~っと着ている服に、クロムハーツの面々は、育ちの良さというか、デザインの良さというかで、合わないことはないけれど。ビンゴの服に合わせられ、目を輝かせ、頬をぴちぴちと光らせ、「私はここから来たの!」と自分の正体を知り、その目でこちらを見返すこともないのです。

 

いつも自分の正体を知らないままそこにいる、哀れさがあるのです。

 

クロムハーツを普段使いしようとすると、気になり始める靴、ズボン、シャツ、カバン、帽子…。さらにはその恰好でママチャリもどうかって事に自分の中でなりかねず、その一つ一つって、すごいお金がかかる。

 

日常使いして、一緒に経年劣化していくのが夢だったのに、悲しい事に、クロムハーツの面々は、いつまで経ってもぴかぴかです。

 

 

※ 何となくクロムハーツを良家の「お嬢さん」に例えていますが、別に性別も年齢もこだわりはないです。違和感のある方もいらっしゃるだろうな、と思って…。

夏の3世代旅行2018 ~横浜編~

毎年恒例の3世代旅行。今回は神奈川県の横浜に行ってきました。

f:id:toridashi-foh:20180815111326j:plain

 

平素山間に暮らしているため、海が見えるだけで、どのチャンネルだっけと、戸惑いがある自分がいました^^;。

 

横浜には大学の先輩がやっているお店があり、横浜に行く度にお世話になっています。今回いつもより長い滞在だったせいか、道行く人が、どっか先輩に似ている事に気づく。土地柄ってあるんだろうなあ。

 

さて、義母は脚が痛いせいで、普段自宅からなかなか出ない生活になってしまっています。今回横浜を選んだのは、ミニマムな範囲に色々なお店があり、入浴やスポーツ系のレジャーが楽しめない義母にも楽しめるだろう、お買い物が充実していそうだという点でした。夜もにぎやかで、ふらっと出かけられそう、という旦那の目論み。

 

狙い的中で、いつも大人しい義母が心底楽しめたようで、今回は珍しく帰るのを嫌がり、「まさか、もう帰っちゃうの?」とチェックアウト後、義父を気丈になじるという。

 

そこでチェックアウト後、荷物を宅配便で送ってから、みんなで赤レンガ倉庫に行ったり、海沿いを散歩したり、シーバスに乗ったりして楽しみました。

 

義父はどういう訳か無類の水族館好きで、かねてより八景島シーパラダイスに行きたがっていました。そこで旦那が知恵を絞り、交通を調べて向かったのですが、何と我が子は直前で「海に行きたい」と断固シーパラダイス入園を拒否。何とか丸め込もう…とする大人相手に、ついには逃亡を図るという。素晴らしい。強く生きろ。

 

結局義両親だけでシーパラダイスへ行き、子と旦那と私は、「海の公園」という、ほど近い海水浴場へ。

 

f:id:toridashi-foh:20180815112054j:plain

 

するっていうと、びっくりする位海藻が育ちまくっていまして。周囲の人が口々に「ワカメの味噌汁みたい」と言う位で。水中を歩くと、砂が水中に舞い上がり、白濁し、まさにワカメの味噌汁。そして中学生くらいの男子たちが、裸足でその海藻味噌汁に突撃するのをチキンレースにするくらい、そりゃもう一面、水中ずっと、一面の海藻で。

 

そんな中を子供は大喜びで入っていき、旦那と炎天下、2時間つかりっぱなし。死ぬんじゃないだろうかと、陽炎の立つ海岸を右往左往して見つけ…。

 

結局老夫婦は暗くなるまでシーパラダイスで遊び、我々はお昼には海岸をあとにして、ホテルに退却しました。途中の車中、旦那はホテルの朝飯で羽目とベルトを外しすぎてお腹をこわし、発射秒読み状態。子供はぐったり。色々必死な旅でした。

 

f:id:toridashi-foh:20180815112401j:plain

 

この間義両親はことのほかシーパラダイスを楽しんだようで、くじ引きで2等を当て、随分大きいチンアナゴのクッションを持ち帰り、プレゼントしてくれました。ありがとう。

 

子供が「家の枕じゃないと眠れない」と言い張り、家からくたびれたぬいぐるみクッションを持参しておりまして。帰り、新たに巨大なチンアナゴが荷物に加わるというストレスは、私は関知しないだけには年をとりましたよ。ありがとう。(マジでそんなにストレスではない自分が意外だった)

 

何しろ義母が嬉しそうだったのが良かった。帰る段になり、赤レンガ倉庫に行きたかったとか、船に乗りたかったとか、色んな要望が出てきて。

 

一緒に回る人が楽しそうなのが、旅で一番楽しいエッセンスかも知れませんよね。いい事書いて落ち着かないので、うんちのマークを付けておきます。💩 義母がうんちって意味じゃないですよ。私の腸内は旅行中ずっと便秘で、大変でしたが。

 

f:id:toridashi-foh:20180815114132j:plain

 

ホテルの便箋に描いて、手持ちで撮影してまして、思い切り影が出ていて、色々とすいません。

 

初日、ふらっと入った中華料理屋さんがすごく美味しくて。義母が無類の豚足好きなんですが、私も今まで食べた豚足で、一番美味しかった。牛肉も豚肉も美味しくて、野菜の味付けもスープも美味しくて、何なら白米もおいしくて!以前横浜に来たときも、家族でふらっと入った中華料理屋さんがえらい美味しくて、何だ、全体的にどこもすごくおいしいんじゃ…??

 

そこで飛ばし過ぎて、初日に私のお腹が硬直。以降ずっと一口食べると激痛と言う状態で。これは、子供がお腹にいた時に便秘になったときと同様の苦しみ。思わず「いいい~~~っ」と声が出るくらい、本当に誰のせいでもないんですが、猛烈に痛いんですよ。

 

私はハレの日の食生活が、年々ダメになっているなあ…と実感。正月も、よくこれになるんですよね…。

 

f:id:toridashi-foh:20180815115044j:plain

 

結局2日目の昼、夜は、コンビニでカップラーメンや、ミックスナッツ。我が子に「何食べたい?」と聞いた結果が、これ。私も何より塩分の強い汁が欲しく、別のランキングで、今回の旅で一番美味しかったもの、カップラーメンの汁でした。

 

義両親,特に義母はとても楽しんだ様子でした。一方で子供は朝疲れすぎて鼻血を出す、歩くのに疲れ、パパに抱っこしてもらう、車中ではすぐに寝てしまうなど、ギリギリでした。子供に合わせるなら、日帰りか、あまり移動しないで済む場所で、のんびり一泊かなあ。まあ、来年にはもっと体力がつくかも知れませんが。

 

私は赤レンガ倉庫のスヌーピーカフェで、旦那にスヌーピーのコースターを買ってもらい、ほくほく。考えてみれば、旦那は何か楽しいことがあったのかな。ああそうそう、「万葉倶楽部」という温泉施設が気に入ったようでした。

 

3世代のバラバラのニーズに答えてくれた横浜。また訪れたいです。ありがとう!!

 

糸幽霊蜘蛛

f:id:toridashi-foh:20180810125007j:plain

(クモの写真が最後にあるので、苦手な方はご注意ください)

 

糸幽霊蜘蛛(いとゆうれいぐも)が出ました。「幽霊」とつくのが、夏っぽくていいです。脚が妙に長い、アメンボのような姿です。小さい虫を食ってくれるそうで、堂々住まわっています。

 

今日朝、子供がどふぅと毎年夏恒例の鼻血を出し、半目開けたらベッドに糸幽霊蜘蛛。子供にどんどん近づいてくる。ビビッて飛び起きる子供。血に寄って来たのか?と謎ですが、そのまま悠々とベッドを横切って行き、キッチンの天井に落ち着きました。

 

f:id:toridashi-foh:20180810125134j:plain

日帰りバスツアー、楽しかったです。

f:id:toridashi-foh:20180809065238j:plain

先日、子供向け日帰りバスツアーに参加してきました。久々に添乗員さんのいる旅でした。楽しかった~~。

 

人生何度か、添乗員さんのいる旅がありました。実際は仕事用いい人マスクを、多少なりともそりゃかぶっているのかも知れませんが、いつも素敵な添乗員さんに当たり、旅が終るとそれっきりさようならするのが、すごいつらいです。

 

海外のお客さんを乗せる観光タクシーの運転手さんが、お客さん帰宅後、お手紙をもらうことが多いと以前テレビで見たけれど、それをしたくなる気持ちが分かる。

 

今回は子供にやさしく、気をかけて下さる添乗員さんで、添乗員さんの子供らを見る目が本当に子供好きなのかもなあと感じさせられ、有り難かったし、嬉しかったし、添乗員さんもこの仕事、楽しそうで、いい仕事に当たって良かったなあと謎視線。

 

我が子は実は宿泊が苦手です。ごり押しすれば、まあ何とか行けるのですが。上機嫌で出発し、朝、昼、夕方、夜の風呂…までにっこにこですごし、寝る段になると…急に空模様が悪くなり、家に帰りたい、家のベッドで寝たいと、時に泣き出すのです。

 

旅行の何が高いって、宿泊費。大枚はたいて一番のご褒美、子供の笑顔が見られないというのは、なかなかなんか。

 

日帰りツアーはなるほど盛りだくさんで忙しく、ヘトヘトになるものの、経済的にも宿泊より有難く、子供の泣きも一つ減る。自分も地味にホテル宿泊は好きでないと気づかされ、日の最後にゆっくり自宅で眠れるのは嬉しい。翌朝帰らなきゃ…の面倒くささもない。荷物も少ないので、荷造りも荷ほどきも楽。

 

悪くないなあと思いました。旦那さえ乗り気なら、また是非参加させていただきたいです。

 

上手い具合に「ハレの日」「ケの日」の「ハレの日」が終った感じで、自分の中ですっかり切り替えが済んだ感があります。さあ、秋。

f:id:toridashi-foh:20180809064810j:plain

(まだ家族みんな寝てまして、暗い部屋でデジカメ撮影しておりまして、シャッタースピードが究極に遅く、手ブレしてしまってます。すいません。)

近所で石を拾って石磨き

f:id:toridashi-foh:20180807142237j:plain

お腹を壊し、夏に腹巻。いい加減アイス止めなよの図。

 

昨日の午前中、子供と外に石拾いに出かけました。あまりに暑く、30分くらいでお互い危険を感じ、帰宅。水は持って行ったものの、体が危険からかジュースを欲し、子供にリンゴジュースを購入。私は甘いコーヒー。帰宅してすぐ子供が冷凍庫に直行。アイスを食べ…お腹を壊してしまいました。冷やし過ぎたか…。色々すまん。

 

はりきるもんじゃないなあ…と反省。後は家でずっと石を磨いていました。使用したのは紙やすりです。

f:id:toridashi-foh:20180807143040j:plain

手前のこれが

 

f:id:toridashi-foh:20180807143133j:plain

こんな感じに。

 

f:id:toridashi-foh:20180807143218j:plain

石英を多く含んでいるようで、強い光だと、すけます。

 

f:id:toridashi-foh:20180807143407j:plain

石の反対側も透けます。真ん中は透けません。

 

この石は何という石なのでしょうか。石英の鉱脈が筋のように入りつつ、全体的にやや透明な褐色です。煮過ぎて色が悪くなった白菜っぽい色合いです。チャートって言うのかな(石名)。