エビス様とミルク神とナマハゲは、みな青い海の~向こうからやって来た 

最近七福神に急にはまり、本を読んだりしています。

 

元々七という数字に意味があって、歴代色々な神様が七福神に入れられたり、脱退したりしていたようです。吉祥天が七福神にいた事もあったとか。

 

中国、インド出身の高名なお坊さんや神様が、形を変えたり、融合したりしつつ、幕の内弁当のようにメンバーに加わっている七福神。生粋の日本出身は恵比寿様だけなのだそうです。

 

そもそも漁業の神様だった恵比寿様。その昔、海辺に漂流するいい物は「えびす」と呼ぶ風習があったとかで(想像するに『プレゼント』みたいな意味合いだったんじゃないかな…)、そこからヒルコ神(水に流されたので、いずれ海辺に漂着するだろうという発想で)と結びついたり、漁村の先祖崇拝と結びついたり、ざっくりですが、そんな話を読んでいます。

 

 Amazonアソシエイトです。クリックすると、Amazonの詳細&購入ページに飛びます。

 

この本を現在読んでいます。まだまだ最初の恵比寿様の部分ですが。ムー的な内容か?と思いきや、歴史の話が丹念に描かれていて、オカルト要素はゼロです。ああ、こういう風に民間信仰の神様って形を変えて時代に寄り添わされて行くんだなあというのが分かり、面白いです。

 

農村地域では、歴代土地を引き継ぎ、周期的な暮らしを繰り返すことこそ生きる知恵。そこには先祖崇拝が良くマッチする。…だけれども、自然相手ではなく、人の中で揉みくちゃになりながら、一夜にして財を失ったり、財をなしたりする不安定な商人の世界では、先人を崇拝し、その知恵を継承して行くだけでは、少々危うい。そこに商売の神様として、色々なご利益のある七福神が迎え入れられたのではないか、というように上記の本で読み取りました。

 

大黒様、布袋様はサンタクロースを彷彿とする袋を持ったり、打ち出の小づちをもっていたり、米俵に乗ったりしています。が、大黒様、布袋様と並んで福の神の一人である恵比寿様の持ち物には、袋がありません。釣り竿と、鯛が持ち物。漁網ではなく、一匹一匹釣るための釣り竿を持つのは、身の丈分のお金を象徴しているのだという方もいて、それが唯一七福神の中で日本出身の恵比寿様がそう、というのが、何とも面白いなあと。

 

昔大学で宗教学を学んだ時、日本にはなぜキリスト教が言うほど定着しなかったんでしょうね、というレポートのお題をもらいました。…とはいっても、清貧て日本の美徳にありますよね。恵比寿様じゃないけれど、「身の丈のお金」「かさ地蔵のおじいさんのように、貧しくても清い心が最終的に福を呼ぶ」「おむすびころりんの隣の爺さんのように、強欲は身を亡ぼす」って、昔話のセオリーのような…。

 

どうやってそういった道徳を築いて行ったんだろう。仏教の影響があるのかな…。(無知の癖にデリケートな問題を書いていて、すみません)

 

さて、海の向こうには理想郷があって、海から流れ着くものは良いものだ、という考え方。恵比寿様の話を読む前に、どこかで聞いたような…。

 

沖縄のニライカナイ信仰って、そういうもの…で合ってますか?日本にしても、沖縄にしても、島国で四方八方海に囲まれていることが、そういう信仰の土台になるのでしょうか。

 

さらに沖縄には、ミルク(弥勒)が海からやって来ると言う信仰もあります。ミルクムナリって曲、沖縄以外の地域でも、運動会やイベントのエイサー(というか琉球国祭太鼓というか)でやった方もいるんじゃないかな…。私も踊りました、NYで(笑)。←沖縄県人会っていうのがあるんですよ。

 

沖縄には先祖崇拝(長男が仏壇を引き継ぎ、漢字の名前も一文字引き継いでいたりします)も、外からやって来る神様(ミルク)も、かまどの神様(ヒヌカン)もあり、神様がたくさんです。

 

乱暴ですが、先祖崇拝があり、漁業の神様として恵比寿様がまつられ、商業の神様としても引っ張られ、さらに異国出身の神様たちと、宝船(海からいいものが流れ着く)に盛り込まれ、人の不安に寄り添って、やわらかく形を変えて行く様子は、沖縄の色々な信仰がそれぞれの場所に収まって、喧嘩するでもなく成立している感じに、何か共通性があるんじゃないかな、その当時の、純粋で素朴な信仰故に混沌とした様子が、何か今の沖縄の様子から学び取れるんじゃないかな、と想像してみたりしています。

 

海の向こうには、朝鮮半島があり、中国大陸があり、台湾があり。そこから流れつくものが、「えびす」と呼ばれたりし、海の向こう信仰の正体の一つだとしたら。歴史の授業で遣隋使やら遣唐使やら冊封使やら、私などはフラットにただ習いましたが、その時、その日、天国から直に使者が来る、くらいの大フィーバーだったのかもしれませんよね…。

 

そういえばナマハゲも、来訪神ではなかろうか。そして海の近くではなかろうか…?

 

外から来るものはいい物だ。そんな考えがあったんだなあと思いながら、吹いてくる風にも意味合いがあったんだろうかと思いつつ、北風を肌に受ける今日この頃です。

バーチャル七福神探訪

七福神て面白いですよね。神様詰め合わせ。絶対一神教の国ではありえない発想ですよね。

 

大黒様は、ヒンズー教の神様と日本の神様が合わさり「そういうキャラクターが出来上がった」と紹介されているのを読んだりし、私はゆるキャラやファンシーキャラクターが大好きなんですが、どこか根っこは、日本という風土にある種特徴的な?同じ心理的な部分から来ているのかなあと想像してみたりしています。

 

お正月、福袋の動画をずっと見ています。なぜかお正月はくじ引きや福袋に惹かれてしまう。また、縁起物に惹かれてしまう。

 

あまりに惹かれてしまい、500円出して、リラックマの縁起物根付を買ってしまいました。かわいいです。そのほか、550円でくじ引き式リラックマのアクリル縁起物もあったのですが、落ち着け自分、そんなに縁起物まみれになって、どうするつもりだ…と何とかノミの毛程の理性を呼び覚まし、耐えました。いや、まだ耐えきれていない。危険な状況です。

 

リラックマスヌーピーミッフィー、カエルのピクルス。各種有名どころのキャラクターたちが、各々だるまに扮しているグッズをファンシーショップの軒先で見ました。縁起物とキャラクターグッズは、親和性が高いのかなあと思いながら見ていました。

 

さて、話がぽーんと飛ぶのですが…。時々ワタクシ、小さな神社が幾つもあり、1つの地図にぐるっと入る地域で、神社巡りをする夢を見ます。大抵最後まで回り切れない夢です。

 

さきほど実際に子供を寝かしつけ、自分が寝るまでの自由時間、たまたま動画で東京・日本橋七福神めぐりを見つけ、見たのですが、その様子が夢の情景をものすごく彷彿とするのです…。

 

おいおい、何だかすごいオカルティック…と引いたのですが、もしかしたら物心つかない頃、実母に連れられて七福神めぐりをしたのかも知れません。何だかそう言われると、そうだったような気もします。実母に確認すればとお思いでしょうが、実母はあらかた記憶を断捨離してしまっているので(苦笑)、おそらく霧の中でしょう。

 

でも、印象付くほどきっと楽しかったんだろうし、そしてどうも夢で最後まで行き切っていないようなので、すっきりしない。実際に行ってみたいなあ。

 

義母を連れて行きたいのです。占い師の家系の義母は、信心深い。こういうラッキーなことはきっと好きだろうなあと。そしてその血筋なのか、うちの子供も神社仏閣にお参りが好きなのです。3世代でタクシーを貸切って、ツアーできないかなあ。

 

とはいえ義母は脚が悪く、恐らく少しの移動も困難なので、Door to door の介護タクシーツアーが理想的。

 

バリアフリー旅行(車椅子で旅行に行きたい)、シニアツアー、ヘルパーとおでかけ旅行|アイヴィーインターナショナル

 

東京観光 介護タクシーで調べたところ、上記の会社が出て来ました。東京3時間のツアーで、16000円代から。これで車いすレンタルもあると、さらに言うことないんだが…。

 

それにしても、正月に神社をネット上で見るって、面白いです。お参りはしたい。正月だから、縁起の良い事をしたい。だけど人混みにもみくちゃにされ、流れ作業的に、まるでスーパーのタイムセールのような鬼気迫った状況で、冷静に判断できないまま余韻もへったくれもなく破魔矢を買うのは、何だか違う…。物思い、祈りの時間こそ欲しいじゃないですか。

 

信心深い気持ちで、ネットでお参りをするというのも、結構ありなんじゃないかなと思ったりします。賛否両論ありそうですが…特に、「その場所」こそが大事な神様は、その場所に会いに行くが重要なのでしょう。でも、時にお参りしたい時、ネットで行けるっていうのは、私のような出不精で時間制約のある人間には、祈りの空間として、いいような気がします。

 

祈りといえば、正月七福神めぐりと並んで巡りたかったのが、故・内村昭蔵氏の手がけた建物巡りです。彼自身洗礼を受けているクリスチャンだったことが起因しているのか、幼児体験に正教会の祈りの空間があったそうですが。初めて彼の建築に触れたのは、明治学院大学でした。何かすごくど真ん中に共鳴し、驚いて調べ、お名前を知り。

 

その後浦添市美術館に行く機会があり、そこでも本当に何とも言えない居心地の良さ。死後文学作品を読み、共鳴するのは私は非常に迷子になるので苦手ですが、建築は、優しくその人の中そのもののようで、ああ本当に素晴らしい人だったんだろうなと思いを馳せました。実際どんな方だったのか知らないですよ。

 

ともかく、祈りの時間ていいですよね。自分は父方がクリスチャンで、祖父が存命の頃、毎日食事前にお祈り(簡易的ではありますが)があったのですが、それが祖父と共になくなり、祈る事が、どれだけ自分に必要なことだったのか、思い知らされています。

 

お祈りが好きなんですよ、私。てめえには食うための仕事と、お祈りしか人生にないんじゃないかな、と思ったりします。暇になると、信心深くなります。仕事が始まるので、多分忘れます(笑)。

【オリジナル占い】 2018年 各星座の今年一年

明けましておめでとうございます。もう2018年ですか。長生きしているなあ(笑)。

 

紅白歌合戦では、安室奈美恵さんの姿に「アムロちゃんももう40歳かあ。彼女が妊娠したのが20歳だったから、…20年間、私は何をしていたんだろう?」と軽い記憶喪失を自覚しました。おかしいなあ。この20年、本当に早くないですか。絶対時間泥棒出ていると思う…。

 

さて、新年は妙に信心深くなる自分。今年一年をざっくり占ってみようということで、何も確証のないオリジナル占いをまたやりました。

 

3年目くらいの付き合いになるキャラクターや工作物たちをカードにし、くじ引きしています。さらに色鉛筆を一本引き、それも足しています。

 

当たる確証は何1つない占いなんですが、新年の暇つぶしにでもしていただけたら幸いです。

 

びっくりしますよ。「腸と脳」というカードがあるんですが、それに色鉛筆で薄茶色が出て、出した答えはう〇こですからね…。

 

f:id:toridashi-foh:20161207183225j:plain

(向かって左上から)

がらくたサンタさん、トゲタ、ブタのお義父さん、カニのカズヤ君、イカ先生。

(向かって左下から)

トリさん、ネコ氏、腸と脳、にょろり。

 

牡羊座

カニのカズヤくん 赤

火(水)

やる気に満ち、一歩一歩をスパイクで踏みしめるように着実に進んで行けそう。お腹に力が入ったように、いつもよりも体力もあるようです。ただ、予備タンクを使っている可能性もあるので、あまり体力を過信しすぎないように。就寝前にリラックスの時間を持つなど、オンオフを意識するべきかも知れません。何にせよ、努力の分が成果として返って来る、充実したわくわくした年になりそうです。

 

牡牛座

トリさん 緑

水(水)

周囲の人に和みを提供し、決して主人公やリーダーとして脚光を浴びるではないけれど、実は周囲の人の心の拠り所になるといった、とても大切なハブになりそうです。悩み事を持った人から相談を受ける事も増えそうです。自分自身もリラックスし、肩に力を入れずに過ごせることが増えそう。また、リラックスするために過ごす場所から、新たな物語が始まる事もあるかも知れません。ご自分が無理をしない姿こそ魅力的らしい。そんな出来事に出くわすかも知れません。

 

双子座

トゲタ ピンク

風(火)

人間てチャーミングで面白いなあと再発見する年になるかも知れません。人に会う度、その人の意外な側面を知ることができ、ますます人に愛着が増しそうです。また、自分の良さを自然と見出してくれるあなたに、やや遠い関係だった人も、プライベートでも話してみたいと思う位に心を開いてくれるかも知れません。人間的な魅力が増し、あなたから刺激を受け、ファンになる人が増える年になるかも知れません。いつもよりも柔和な物腰になっているかも。

 

蟹座

ブタのお義父さん オレンジ

水(土)

自分の大切な所属、場所のために、一肌脱いでがんばる事があるかも知れません。縁の下の力持ちとして、また経済的な基盤を支えるために、張り切って頑張る事があるかも知れません。いつもに増して個性が光る年にもなりそうです。あまり人に知られていない趣味や知識が、今年のあなたの強い武器にもなってくれ、周囲の人を驚きと興奮に巻き込むかも。いつもに増して、お金に縁のある年かも知れません。嬉しい副収入があるかも?

 

獅子座

ネコ氏 緑

風(風)

春先から初夏、緑が元気を取り戻す頃、出先などで面白い出会いがあるかも知れません。情報収集がキーワードの年になりそう。フットワーク軽く、興味の出た場所には出向いてみると、あなたを引っ張ってくれる縁もありそう。また知性際立つ年でもありそうなので、資格試験や勉強など、鳥瞰的な視点に立て、いつもより合理的に進められそうです。家よりも外によい縁がありそうです。身軽なお出かけセットをカバンに準備しておき、ふらっと外に出やすいようにするのも楽しいかも知れません。

 

乙女座

トリさん(R) 茶色

水(水)

やや緊張するような場所から声がかかり、引っ張られる等、心身ともに結構忙しくなるかも知れません。それは今後の土台になりえるので、無理のない程度に堅実に丁寧に行うと良いかも知れません。呼ばれた先ではあまり脚光を浴びることはなく、どちらかというと裏方仕事や手伝いが多いかも知れません。巻き込まれているなあと感じる時があるかも知れませんが、その人の縁や仕事ぶりが、次の強固な架け橋になるかも知れません。

 

天秤座

がらくたサンタさん 赤

土(水)

理想があるとしたら、まさに今年、それに向けて確実に一歩一歩進みそうです。エネルギーが必要になりますが、今年は例年よりも体調が良く、全盛期のころのような元気に時に恵まれ、心まで軽くなりそうです。人の中にあり、喜ばれることで、心がぽかぽかと温かく、「これがしたかったんだなあ」と感じることがありそうです。是非身に着けたもの、手に入れたものは、人に還元してください。多くの人が灯がともったように笑顔になりそうです。

 

蠍座

腸と脳 薄茶

水(火)

アイディアに恵まれ、たくさんの結果を生み出しそうです。物づくりを仕事にされている方は、注文が増え、出荷量が増えるかも知れません。アイディアを得たり、仕事の幅を広げるためにも、情報収集を心がけ、上質な情報を摂取するようにしましょう。それだけ生み出されるもののクオリティが上がります。仕事等に熱中するあまり、あまり周囲が見えなくなる可能性があります。時々冷静になり、何が一番大切か、周囲を見渡し、バランスをとることも必要かも知れません。

 

射手座

トゲタ(R) オレンジ

風(火)

予想しなかった所から呼ばれるなど、わくわくする事がありそうです。また、新しいアイディアに恵まれ、「ここに行ってみよう。」という場所がどんどん出て来そう。今年恵まれたアイディアは、今後の助けになるかも知れません。周囲からはいつもよりもエクセントリックな印象を抱かれそうですが、それを上回るエネルギーが出てきて、周囲を圧倒しそう。時々地に足をつけるために、信頼できる仲間やパートナーの意見に耳を傾けることも習慣に。

 

山羊座

がらくたサンタさん(R) 赤

土(水)

個人の枠を超え、社会や所属している場所等に対し、何をすべきかという使命感が出て来そうです。そしてそれを実行にうつすための体力にも恵まれそう。何かぼんやりとでも計画があり、昨年時期や体力が整わなかった方は、今年は歯車が合うように着実に実行に移せる年になるかも知れません。周囲から力を得て、そのリーダー的な存在となって、大きなプロジェクトを成功させるかも知れません。その姿は、非常に「あなたらしい」もので、周囲からの信頼も厚くなりそうです。

 

水瓶座

トリさん 薄茶

水(水)

今年は人を支える一年になるかも知れません。これまで積み上げて来たものは一旦封印し、ルーキーとして学ぶことがありそう。リーダー的な存在として皆を引っ張るというより、守られつつ、やや下積みのような年になるかも知れません。周囲の人の気持ちが分かり、人によって意見が違うなど、「困ったなあ」という場面もあるかも知れませんが、周囲の人は遅かれ早かれあなたの優しさに気付き、なくてはならないハブのような存在になりそうです。

 

魚座

イカ先生(R) 紫

火(風)

高い場所に引っ張られ、意見を求められる事があるかも知れません。そこで、なかなか公の場所で話すことができなかった、熟成され、磨かれた考えをついに発表できるかも知れません。1つも2つも階段を上る年になりそう。それは目標数字やお金といった身近な意味ではなく、高次な物になりそう。一人で秘めておくよりも、大いに劇的に語ってもいいかも知れません。いつもに増してカリスマ性が増し、主人公的な輝きを帯びる年になりそうです。

 

良い年になりますように!旦那は今、平成ジェネレーションズ ファイナル(仮面ライダー)から帰宅しました。娘は私の背中に乗って、子亀になっています。

占いは占う方が絶対楽しいと個人的に思う…年末12星座手弁当占い

最近英語の勉強もかねて、きな臭いっすよ、オーラソーマの英語の本を読んでいます。色ってそもそも意味や無意識への働きかけがあるよなあと思って。読んでみると結構いい本で、文化や時代によって解釈さまざまで、どれも正解で、どれも常に真ではないけれども、という事がちゃんと書いてある。

 

そうそう、と思いながら読んでいます。地域によって、その日光の具合によって、またそこで培われた文化によっても、色というのは人への働きかけが違うなあと思う。どこだったか…南米の方の建築で、ショッキングピンクの部屋があって、そこにいるとナビゲーターの確か北野武さんが「眠くなる」と言っていた記憶があります。

 

ショッキングピンクの部屋。日本じゃなかなか「眠く」はならないように思う。ショッキングで。それも、その土地、その土地の光、周囲の建物との兼ね合い(文化)によって、きっと、そうか、眠くなると言われれば、そんなチャンネルも確かにあるなあと思ったのを覚えています。

 

昔日本で美大生をやっていた頃、私の使う色は黄色みがかった、地味な色が多かったです。さてNYに一年住んでみると、そこで使おうとした色が、ターコイズブルーカドミウムレッド。ビビッド。自分でもびびった記憶があります。え、ところ変わるとこんなに自分も変わる?じゃあ「自分の作品」てないじゃん。みたいな。

 

さらっと書いていますが、その後数年悩まされるお題でした。結局解決していないし、解決しないもんだ。人は多くは器で、外的環境によって変わる。場当たり的に無意識に変わることで、うまく変われない、見えないものを保っているんだろうなあ、が自分の今のところの答えです。

 

自分語りはどうでもよろしかった。そんなわけで、色にまつわるエトセトラを本で読みつつ、これ、占いにも出来そうだなと思い、今回子供の色鉛筆を思い切り拝借し、自作キャラクターの占いと絡めて、占いを考えてみました。

 

やり方としては、くじ引きと一緒です。カードを一枚引き、正位置、逆位置(Rで表記しています)を見て、さらに付加情報として、色鉛筆を一本引きました。カードの意味と色の意味を組み合わせて読んでみています。

 

右脳に効くんだろうか。普段あまり遊ばせない部位を遊ばせるので、楽しいですよ。あくまであくまで遊びですので、全然違うわ~~~~でしたら、平に平にすみません。ではでは、12星座年末の運勢です。

 

(自作キャラクター占い カード一覧)

f:id:toridashi-foh:20161231120809j:plain

 

牡羊座

ネコ氏(R) ターコイズブルー

年末は千載一遇の人気者のチャンス。多くの人と繋がり、思いやアイディアを広く言葉で伝えられそう。飄々としているため、成功しても、周囲からねたまれにくいでしょう。そもそも、目先の成功だけが自分の目的ではなさそう。広く情報収集の時。フットワーク軽く、時に泊まりなどで、見聞を広く持つのに良い機会かも知れません。

 

牡牛座

がらくたサンタさん(R) 茶色

今はまず足場づくりの時期。速いスピードで走って来た人は、ここで少し更なるステップアップのため、取りこぼしを振り返りたいです。今後の礎を築くことは、年末の一朝一夕だけでは無理かも知れませんが、地に足をつけて、自分の弱点や足りない部分、補てんしておきたい部分等を分析し、準備に乗り出すによい時期かも知れません。

 

双子座

トゲタ(R) 茶色

計画を綿密に練る時期。いつもに増して冷静さに恵まれ、やや長期の計画ができそうです。リスクが見込まれる方は、盤石な準備をしておきたい時期です。いざとなったら助けてくれる人を見極め、繋がるのも良いでしょう。ここでの準備は、その後の大きな力になりそう。準備、リスクヘッジなどで、新年の一歩を堅実にしたいところです。

 

蟹座

トリさん 緑

プライベートな雑用で、忙しいけれど楽しい年末になりそうです。リフレッシュし、すがすがしい新年になりそう。普段気になっている家の箇所や自室の大掃除、蕎麦やおせちの準備。家族の世話や手伝い。何やかんやに気が付き、まめまめしく働きそう。最後はお風呂で一年の垢を落としてさっぱりしてください。年明け、小さくても、心温まるニュースがあるかも。

 

獅子座

がらくたサンタさん 薄紫

いつもより冷静に、どこか達観した感覚で物事を見られそう。これまで気付かなかった事にふと気づいたり、人のちょっとした表情や裏に、一人だけ勘付いたりしそう。それは衝撃的なことばかりではなく「あ、この人こんな所もあるんだ。繊細で優しいんだ」のような、気難しい人のいい所かも知れません。一つ階段を上がる年の瀬になるかも…?

 

乙女座

イカ先生(R) 赤

次の目標、次の仕事、次の企画、やりたい事がたくさん。体調も今までと比べ、良くなりそう。エネルギーがふつふつとこみあげて来るかも。これまで体力が追い付かず、やりたかったけれど手つかず同然だったことに着手できるかも。勢いがあるので、「ついうっかり」も周囲の人にはチャーミングですが、あまりクリティカルな失敗や大きな失言をしないように、心の隅に。

 

天秤座

カニのカズヤ君 黄色

好奇心旺盛で、色々な事に興味が出て、またそれを自分の経験や糧にできそう。食べ物も美味しく、年末美味しく太っちゃうかも。思いがけなくわくわくの豊かな経験ができるかも。この時期の勉強や社会勉強、興味探求、読書や外出、旅行は、きっと身につき、血肉になって今後を支えてくれそう。年末楽しそうです。ライブに行く人もいるのかな…?

 

蠍座

ブタのお義父さん(R) 黄色

せわしなく忙しいのだけれど、ちょっとストレスやフラストレーションが溜まりそう。外出や1人旅、ジョギング、サイクリング、ツーリング、手短に散歩などで気分一新し、戸外で体を動かすことでストレスを排出できそう。受動的なことが多くなりそうなので、ある程度人のペースに巻き込まれる事を「そういう時期」と割り切り、食べすぎに注意して、時々ガス抜きの時間をもって。

 

射手座

イカ先生(R) 白

人の気づかいや優しさ、家族や友人の表立っては言えない心配事に気付き、心が優しくなったり、痛みを感じることもあるかも。人と触れ合うと、その人の気持ちが手に取るように分かったり、言葉以外の部分で深く共振することがありそう。ふとした景色、空の色に、深く感動する事もあるかも知れません。心が震え、感じやすい年末になりそう。

 

山羊座

ブタのお義父さん(R) 緑

充実した年末年始が送れそうです。普段仕事や学校等で忙しい方も、大掃除や正月飾りなどで家仕事の中心になるかも知れません。大掃除、年賀状書き、おせち。年末の慣例行事をしっかりと行うことで、新年は心機一転、エネルギーが充填されて、新学期、新年、すっきりと元気なスタートが切れそうです。

 

水瓶座

ブタのお義父さん 黒

さて、時間ができましたら、普段忙しさで深められない興味や疑問に時間を注ぎ込みましょう。引きこもって本に没頭も良し、図書館に入り浸るも良し、資料をあさるも良し、ラジオや新聞講習会。思考がぐっと深まる時期かも知れません。是非集中してご自分のテーマを追求してください。それは自分のためではなく、そうすべき役割が自分にあるのだという事かも知れません。

 

魚座

ネコ氏(R) 緑

年末、親しい友人と会ったり、や家族のもとに帰ることで、ほっと一息、緊張をほぐせそうです。リラックスし、穏やかで楽しい年末になりそう。つい手土産やプレゼント、お年玉などはずみそう。でも受け取った人の笑顔で、こちらも嬉しい気分になりそうです。帰郷等の予定のない方は、近所をぶらっと散歩し、普段駆け足で通り過ぎる街をのんびり堪能したり、お店の人とおしゃべり、なんて時間もいいかも知れません。

 

う~~~~んどうなんだろう、難しい。これ、出していいのかなレベルですが(苦笑)、なにげに半日かかってしまったので、アップしてみます。本当、まあ占い自体、多かれ少なかれ…ではある気がしますが、かなり信ぴょう性もへったくれもないお遊びですので、どうか軽く流していただけると幸いです。

 

タロットを以前習ったのですが、もうちょっと自由に読みたいな~と思ったのがきっかけです。何が楽しいって、占いをしていて一番楽しいのが、普段使わないイメージの世界をつなげて、一つの物語を作る所だなあと思います。

 

同じ青でも、冷静さだったり、母性だったり(聖母マリアの色という解釈もあるそうで)、海との繋がりで無意識だったり、チャクラの解釈で第三の目だったり、あるいは個人的な思い出に直結する場合もあるでしょうし、色々な解釈ができるので、イメージを遊ばせて「占いごっこ」をするのって、頭の柔軟体操のようで、結構楽しいです。

2018年の熊手を描く

昨年末、新年への願いをこめて、熊手を描きました。周囲にいるのは、自分で作ったキャラクター達です。

この願掛けの効果があったかなかったかは知りませんが、今年は食うには困らず、子供が福引で旅行券を当てるというサプライズもありました。家族では祖父が2度屋外で失神し、帯状疱疹もあり、あわや入院…もありましたが、結果として持ちこたえ、思い返してみると、元気で楽しく、恵まれた一年でした。

 

f:id:toridashi-foh:20170105205454j:plain

これが去年末描いた熊手。何で真ん中にカニを鎮座させたのか、よく分かりませんが、高級食材だからかな…?

 

これが先ほど描き終えた熊手。

f:id:toridashi-foh:20171224111352j:plain

来年はお金ももちろんなのだけど、色々な人と縁があり、繋がるといいなと思って。人の縁がお金の縁でもある。古き良き商売の基本かなとも。

 

来年は家族ともども大きく環境が変わりそうな年。よい人の縁があり、寂しくなく、心が人との繋がりによって耕される、そんな年になるといいなあと思っています。

 

…まあ、私自身がずっと人と一緒だとエネルギー切れを起こすので、どこかで一人ぼっちの時間を欲するが理由で、あまり大人数の人と繋がるのが苦手ではあるのですが。手始めに、年賀状を2枚だけ書きました(笑)。

 

みなさんにとっても、来年が温かく、よい縁に恵まれ、平和で笑顔に恵まれた年になりますように!!