やわらかい ぱん

焼き肉はホルモンが好きです。みなさんはどうですか。

体の硬さは心の硬さ。字の硬さも心の硬さ。

以前長くPTをされている先生が言っておられたのですが、「体の硬さは心の硬さ」と。PTの先生は別にしっかりと定義するつもりはなく、当事者の子供が、精神の張りも肩の力も関節の力も、意図的に抜けるといいよね、という意味で、拘縮した間接をマッサージしながら仰っていたのですが。

 

ここ最近思うのが、字は本当に本人を表すなあという事。肢体不自由やLD、字を書くことに難しさなどがあり、なかなか楽に書けないという場合は特別として、書こうと手を制御して、思い通り書ける場合、やっぱり字ってその人をよく表すような気がする…と、あくまで「気がする」ですが、思っています。

 

私自身昔はそうだったのですが、例えば「胃」という字を書く際、全部の角をきっちりと閉じていました。すべての辺がきちんと他の辺に繋がっていました。止める、はねるも神経を使っていました。

 

実際子供の字をいくつも見てみると、そんなお固い字を書く子はほんの少数で、結構ふわふわした字を書く子がいます。なぜか私の周囲には多いような…。角は閉じていない、辺は届いていない、止める、はねる、はらうも適当。

 

本人を見てみると、豪快でふわふわっとした字の子は、本人も豪快で、臨機応変な子が多い印象があります。でも一方、ちょっと~だいぶ爪が甘い…。憎めないのだけど。

 

一方固い字の子は、堅実でコツコツとした努力家がどうも多い気がします。例え普段は目立たなくても、テストになると点数が良い印象があります。しかし緊張しいで、できたところより、できなかった所に意識が向く傾向も感じたりします(ちなみに私もそうでした)。あくまで、印象ですが。

 

小さい字の子は、どことなく「これでいいのかな?」といった不安があるのだろうなと思わされます。一方大人で時々お目にかかる、お手本のように堂々とした美しい字の人は、何となく体力があり、好き嫌いがはっきりとあり、細かいことに立ち止まらない豪快で強い性格の人…という気がします。

 

日本では「きれいな字」を推奨しますが、これだけ字に個性が出るんだなというのをプリントやテストで見ると、どの字の癖も愛らしいものに見えてきます。

 

ちなみに我が子の字は、畏怖堂々で荒っぽいです^^;

 

その人となりを表すものを「相」と言うようですが(手相、人相)、字にも相がありそうだなーと思います。そして相が変わるとき、その人となりが変わるように、字を変えることで、性格にも変化ってあるのかしら、とも思ったりします。

 

そう考えると、書道って教室でみんな同じものではなく、個々に課題が出せたら、結構面白いだろうなあと思います。性格や体の固い真面目な子に、あえて楷書ではなく、例えば行書をさせてみたら、最初は戸惑いそうですが、どうなんでしょうね。

 

 

就学前健診と登校班と付き添いと

f:id:toridashi-foh:20171115222938j:plain

ずっと手をつないで歩けると思っていた。

 

友人知人の間で続々と就学前健診(小学校入学前の健診)を終えた声が聞かれる昨今。我が家もついに小学生が見えてきました。

 

「小学生かあ。」と感慨ひとしお。

色々あった。これからもあるかも知れないが…。

「とりあえず第一章終了の気分だよ。」

と旦那に言うと、

「第7章くらいでモヒカンになり、アメリカに行くという話になるかもしれないけどね。」

と言われました。まあ…目に浮かぶよ。

 

色々と物思いにふけっていた矢先、はたと気づきました。このお小さい人は、一人で小学校へ登下校するのだろうか?今まで手を放して歩かせたことすらありません。いや、すっとこどっこいなのと、何かそういう習慣がついちゃったから、なんですが…。なかなか幼児期の習慣て、抜けないです。

 

ハーネス必要かも位手をつながなかった乳児期。手をつないで歩きましょうを躾け、ようやく手がつなげるようになり、今度は繋がないと寂しがるようになった幼児期。気づけば今度は手を放す児童期。待て待て、まだ準備がうんと足りない…。

 

登下校は班なのか、個人なのか調べがついていません。班だったら安心な気もしますが、それはそれで色々なトラブルがあるようで、個人だったら最初は不安はあるものの、慣れてしまえば登下校のストレスは少ないらしい、とも。

 

いきなり玄関でさようならは、もう絶対無理です。入学までの半年弱、登下校の練習をするにしても。入学後1,2週間は校門手前まで、その後も安心できるまで、せめて大きな横断歩道までは見送りをしたい。親ばかと言われようとこれは必須。

 

調べてみると、子供が1年生の間は、ゴールデンウィークまで~一学期まで~年度末まで、送り迎えの親御さんは割といらっしゃるようす。考えてみれば私が1年生のころ、最初の何回か母が校門まで送り迎えをしてくれた遠い記憶があります。その後近くの5年生のお姉ちゃんたちが一緒に行ってくれるようになり、彼女たちの家まで、母が送ってくれていました。仕事があったのになあ。母になって知る、己の母の偉大さです…。

 

その後引っ越して新しい小学校になってからも、何度か大きい道路を渡るところまで見送りをしてくれた記憶が。そこでも年上の近所の子と一緒に行けるようになり、やがて同学年の子と一緒に行くようになり、気づけば一人でボーっと通えるようになり。

 

乳児期、幼児期、児童期の記憶って、あまり濃くないですが、その裏で親は七転八倒していたんだなあと思い知らされます。親が七転八倒しているときは、子供はまだ半分ピンボケで、その後覚えていないものなんだなあと、親になって気づかされます。

 

手をつないで歩けるのは、案外あと少しなのかなあ。とても寂しいです。ほっとするけれども、あっという間です。

宝探しが好き…?(自閉症スペクトラムの子供)

先日仕事先で、ひたすらに座学をやりました。後半子供達がしんどくなってきたのを感じたので、気分転換に宝探しゲームをやりました。部屋に単語カードを隠すだけ。ただそれだけ。

 

これが、どえらい受けまして…。特に自閉圏の子供がものすごく気持ちをフィードバックしてくれまして。「楽しかったですね!!」と、笑顔でカードを返してくれるのです。次から次に。

 

なぜ、そんなに受けたのか。いろいろネットで検索してみたりするのですが、ヒットしません。ない知識と頭で考えるに、自閉圏の人はその場所に変化がないか、に神経を払うと聞いたことが。例えば本の並びが変わっているだけで、ざわ、ざわとする、と聞いたことが。

 

その感覚で、無害と分かっている程度の変化を見つけることは、子供によっては楽しく感じるのでしょうか。そう考えると、左右に絵がある「まちがいさがし」なんかも、好きなんでしょうか。

 

フーン。今度間違い探しも使ってみようかな。

3びきのちびくま

f:id:toridashi-foh:20171105121323j:plain

子供が大きくなってきて、読み聞かせを頼まれる本の文字量が多くなってきました。怪傑ゾロリシリーズや、はれときどきぶたのシリーズに手を伸ばすようになってきました。

 

が、変わらず好きな絵本もあるようです。何年も、なんべんも読んでくれと言われる絵本。例えば『ちょっとだけまいご』という切り絵の美しい絵本や、指人形のしかけのある『3びきのちびくま』という絵本。

 

amazonアソシエイトです。クリックするとamazonの商品ページが開きます。)

 

『3びきのちびくま』に至っては、オムツ姿の乳児のころから読んでいる気がします。今も相変わらず笑いながら楽しんでいます。こういう本って、いいですよね。大きくなったとき、きっと何かの機会に手にとって開いた時、懐かしく、遠いふるさとに出会ったような気分になるのかも知れない。

 

本日子供は風邪のひきはじめ。一緒に留守番をしつつ、暇つぶしにクマを描いていて、黄色のクマってなんか好きだなあと着色している自分がいました。数はそうだな、3匹がいいなと思って、気づけば、これは『3びきのちびくま』では?

 

自分にも刷り込まれているようです。この絵本を読むときいつも奇跡的にあった楽しい時間が。絵本の周囲には、それなりに、色々なことがあったんですけどね。

子供、お腹風邪になる

f:id:toridashi-foh:20171022125005j:plain

 

はてなの匿名記事で、子供を産む女は途中でキャリアを捨て、女を捨てなければならない。子供を産む意味とは?的記事を読み。まあ、子供を産み育てるっていうのはまるでビジネスとは次元の違う事だと思うので、気が向いた人がしたらいいと思いますが。

 

できるだけきれいに保ってきた胸にいきなりかぶりつかれ、吸い尽くされ、何ならもろ乳さらしたまま眠ることも知る多少。ようやく授乳が終わったと思ったら、飲みすぎて水風船のような赤子の口から出ちゃったこと幾星霜。そして赤子はお腹が動きました、と顔を真っ赤にしてウンをする。人間は管なり。赤子はなかなか面白し。

 

我が家の赤子もだいぶん大きくなりました。途中、あまりに集団の指示が通らないので、障害児枠だと保育園で言われたり、右向け右はできない子だろうと自治体の相談室で言われたりしましたが、現在はまあ、マイペースで気の優しく、ほんの時々烈火の女になり、幼稚園の先生を驚かす程度の子供になりました。

 

現在の関心は、選挙とプリキュア。テレビの政権放送を熱心に見て

「感動した。」

とか

「この人いい人だね。」

とか言っています。街中で選挙ポスターを見かけると

「テレビの人だ。」

と注目しています。

 

そんな我が子が先日お腹風邪をひきました。39度を超す熱が出ました。タクシーで病院に連れていくと、降りてすぐ戻してしまうほど体調が悪く、水分も少しずつしか採れず、夜になっても熱が下がらず。

 

カロナール(解熱剤)を入れて、その夜はぐっすり。朝、いきなり平熱というびっくりコンボで、現在カレーライスを食べるほどに回復しました。

 

 

今日は旦那の大好きな選挙の日。夜8時から特番があるらしいので、我が家はポテチを買い込んで、しばし熱中する予定です。