ターコイズでオープンになってみた

仕事が相変わらずうまく回らないんだが、どうも占星術の世界では、2018年10月は最後の膿だしの時期らしい。そして11月からは木星蠍座から射手座に入るらしい。新しい世界に向けての最後の膿出し。そう思うと、何かしっくりくる。

 

というのも、ここしばらく、物事が概ね自分のキャパを超えるという経験をしている。キャパギリギリまで頑張ってしまうのは、実は旧体制を保守しなきゃと思うからで、そこで崩れて周囲に迷惑をかけちゃいけないと思ってしまうからで。

 

だけど、旧体制の保守、このまま何事もなく波風立てないの、とても無理だわというのを痛感し、心をすーっとそこから離して、冷静に見てみると、まあ、無理なシステムだったり、無理をさせられすぎていたりすることに気付く。渦中で一人、必死で保守しなきゃと思わされてた自分に気付く。

 

じゃあ、無理なシステムなんかうっちゃって、本当にいいシステムにしようよ。それが次の木星射手座の一年としたら、最後の最後に保守絶対無理、無理~~~!とみんなが抱えすぎている物を手放す時期が最後の仕上げにあるわけで、それが今ですと言われると、私は個人的に膝バシバシ打つわけで。

 

最近ずっと仕事に行くのに、お守りの石がないととても行けない状態。最近は最強魔除けのモリオン(黒水晶)や、マラカイト(結構魔除け、後リラックス)など気に入って持っている。今日もまた、とても無理難題が来ることが分かっていた。しかし今日、どうもこの石の布陣では、しっくりこないと感じた。

 

一見してマイナスな外部の決定を、いやいやこれは全方向にプラスなんだと言い換えることが可能、と自分で自分の胸に聞き、感じた。

 

すると被害を受けること前提のモリオン、マラカイトだけでなく、何かスコーンと明後日に抜けた価値観を持ちたいと思った。周囲の人が否を突き付けやすいだろう今日の状況に、明後日なことを言い出し、かく乱して、みんなもろとも「そうかもしれない?」位にはしたいし、それが正しいと自分で感じているのだから、言語化して、そういう風に伝えて行きたいと思った。(伝わるか?この文章)

 

ならばどの石をプラスして持つ?と考えた時に、今すでに射手座の影響を受けつつあるとして、この状況だとしたら、射手座を含む12月の誕生石でもあるターコイズはどうかと思った。何か抜けた明るすぎる水色は、今日にはさっぱりする。余計なことを切り落として、前に行きたいと思う今日には、いい気がした。いつもはちょっと苦手なんですが。

 

で、今日。予想と違う展開になったが、いい方向だったと思う。何しろ人が介入してくる日で、普段だと私は責任感がバカ強い反面で、一人で抱え込みすぎ、口出しされることが大の苦手なのだが、ここのところの経験と、ふと脳裏に能天気でバカ強い太陽を思わせる砂漠のターコイズの色が過り、本当にすんなりと人に頼ることができ、人にオープンにする事ができた。

 

ここ数日抱えている事件の解決法としては、唯一無二だったと思う。そう、一つの事を最善に進ませるには、人の力が不可欠。だから、頼り上手になりたい。相談上手になりたい。みんなで取り組み、一人過重だったら、それを訴えられるようでありたい。

 

ていうか、一人で何の得にもならない、鬱々を抱えるのは、もうこれ以上マジで嫌だ。

マラカイトの指輪

仕事でへまばかり。素だと務まらない職場で、気を張り、気を強く持ち、見える物を無視し、強引に進めねばならないことが多々ある。私は逆の性質があるようで、結構きつい。この案件は契約更新しないと決めている。しかし一応、首にならない限りは、契約期間は働くつもりではいる。

 

魔除けと称して、今年は結構石を買った。石を買うとき、自分が素ではいられない環境にいるという事でもある。だから、まあ、病んでいるんだなあ、無理をしているなあと自覚しやすい。

 

たまたま今日、あまり行かない街で、ネパール人(か?)のおじさんがやっている小さい店に入った。指輪がずらっと並んでいた。何なら積み重なって、埃をかぶっていた。

 

私は中学の頃から何に時間と金をかけてきたって、半貴石、パワーストーンの類。指輪になっていたら、どれが何の石かくらいは分かる。

 

マラカイトが欲しかったのだけど、なかなかない。ペリドットアメジスト、シトリンなどの透明度の高い、きれいな石が多い。あ~今ペリドットブームだったら、歓喜したなあと思いながら、物色(夏前、自分の中でペリドットブームだった)。

 

埃をかぶって積み重なった指輪ケースを物色し、奥から完全にくすんだマラカイトのリングを発見。はめてみたら、やや大きい。

 

おじさんが来て、何でも出すよと言ってくれるので、この小さいのはないかと聞いた。あると思うよと答えられるが、ざっと見た感じ、マラカイトは他にない。

 

違う緑の石を出されても、今日のところ興味がないので、「これ、マラカイトマラカイトが欲しいんだ」と先に伝える。すると「そう、マラカイト(ちょっと驚)」と意気投合し、探してくれるも、見つからない様子。

 

その大きいリングをおじさんから受け取り、内側をチェックするが、925(スターリングシルバー)の文字がない。「シルバー?スタンプがないんだけど、925のスタンプ、ある?」と聞くと、どっかに絶対あるよと言う。探すが、ない。その間もシルバー用のクロスでせっせと真っ黒に変色したマラカイトリングを磨くおじさん。磨けばきれいになるよ。磨いて綺麗になるのは、銀だよと。そうかもしれない。

 

考えてみれば、私の最初のアルバイトは、エスニック雑貨店だった。石が好きで、エスニック雑貨店に通ううち、大学の授業と被っているのに、週3でバイトを入れてしまった。毎日値付けのタグをリリアンの針みたいなので、ショールなどに紐づけていたっけ。

 

考えてみれば、その頃私が手にするエスニック雑貨は、日本の人が買い付けて、日本の人の店で売られていて、何だかその国から根が切れたような不思議なものだった。ネパール(?)人の風貌のおじさんから買うのは、何かしっくりした。値段もかなり安い。ネットで探したら、下手するともう1000円上乗せしているところもありそうだ。

 

「これください」

と言い、結局925の刻印のない、もともと真っ黒で商品価値もなさそうだったマラカイトリングを買った。おじさんはなぜか出身はどこかと私に聞く。途中から、おじさんはそれほど日本語が得意じゃない印象を受け、分かりやすいように、ともすると英語が出そうになりながら、何なら英語を日本語に変換する感じで、私は話した。それで、変に思われたのかもしれない。

 

出身はどこ?この町じゃないでしょ。

どこどこ(国内)

マラカイトは何で?バースストーン?

色が好きで…(魔除けって言いたくなくて)

疑い深そう~~~に見るおじさん

こういう店日本には少ない、安いし、新しいものいつもあるよ。

そう思う。また来ますね。

 

何か義父に似た空気感の、海外に根付いて生きている割に、妙にすれていないおっとりしたおじさんで、仲よくなれそうだった。少なくともとっても楽しい買い物で、値段もかなり良く、それこそ仕入れで行ってもいいのではと感じる程だったので、また行こう。

 

ネットで買うのは便利だけれど、こういう話して、時に値切って、あるいはよもやま話して、という買い物は、楽しい。

 

その後、エスニック雑貨を買って初めてだ。ネパール、銀細工で調べている。公用語ネパール語でも、かなり英語を使っているらしい。

ネパール人の英語力は?クセのある特徴&ネパールで英語が通じる3つの理由! | ネパールにハマ~ル!

 

話しながら、相手も私も同じ言語で話している感じがしたのは、彼も英語→日本語で話していたのかもしれない。憶測ですけどね…。

 

NYで色んなエスニック石屋に入った。恐ろしくお値打ちのお店があって、ペリドットがびっくりするくらい大きいリングをお値打ちで買えて、ペリドットが誕生石だという人に上げて、喜ばれたのを覚えている。また、明らかにガラス玉を「ブルークォーツ(そんな石聞いたことねえ)」とお婆さん店主に言い張られ、面白いので買ったこともある。どうがんばってみても、明らかにガラスでしたが。

 

仕入れって楽しいなあ。海外の人と話せるから楽しい。そういうショップ、憧れるなあ…。

Unicorn oracle cards

I bought a set of unicorn oracle cards. I love horses. Each card has a beautiful unicorn in it. A white unicorn, a brown unicorn, a pair of unicorns. Each card has a meaning. How to use them is quite simple. Just shuffle them and draw one or a few cards. There's a booklet inside the box. We can refer it and understand the meanings.

 

I draw one card almost every morning before I go to work. The oracles are simple, gentle and kind. No card says harsh things. Some card says "Drink more water." Other says "Your parents love you." It's too simple to say it's a fortune telling.

 

I like these cards because pictures of unicorns are very beautiful. I love my sacred morning time. I can't wait.

【Stones】Onyx

 I bought an onyx ring a long time ago. It seemed like a magic ring. It's too big to wear in the office or in mothers' meetings. Besides, it had some scary atmospher so I put it in a box and hided it from my sight those days.

 

I don't remenber why I bought the ring. Although I didn't like it from the begininng, I read the description about onyx in the shop and bought it, maybe. I forgot what was written there though.

 

Our family's had a hard time these days. I decided to put on morion which is the strongest stone against evil I heard. But I didn't know why, I changed my mind. I wanted to wear onyx instead of morion. So I put morion on a shelf, opened the box, take onyx ring out, and put it on my finger.  

 

Soon my first impression of onyx was changed. The stone was so pretty like a elementary school boy. He had pretty smooth skin and liked to experience anything and had full of curiosity. 

 

I felt like I was back to my elementary school and there's nothing to be afraid of anymore. Even though something bad had happened, I may feel "It's interesting!"

 

This stone also stimulats my body. I want to work out very much now a days. It's like a small lively boy overlaps me.

 

I love my childhood. I played with my playmates whom we can't easily see each other these days. We made secret bases togther and it was one of the most precious times in my life. 

 

The black stone seems like a lively child eye looking at me innocently. It doesn't judge me by my career, business success or school name. It just tells me "C'mon. Let's play!" Then I realize that I've not changed a bit since when I was a child and actually, a life is always the same.

【Stones】Rose Quartz

I once hated rose quartz. It seemed too cute and too inoccent for me. It seemed like a baby. It had no experience to be unbeautiful, hated, betrayed and blamed. It's never rethought its identity. It's been loved from the beginning and coherently.

 

My life was not like that. I've been hurt. I've needed to rebuild who I was, what my life's perpose was. Sometimes, my friend's bullied me. My teacher's misunderstood me. My mother's not stayed with me. 

 

I hated rose quartz because it seemed like it didn't have any unhappy experiences and said knowing those unhappy things never make you happy. Not knowing was the best thing.

 

I hated rose quartz. But one day, I don't know why but I decided to put on a rose quartz ring. Day by day I've come to feel confortable.

 

Rose quartz's always smiled at me. Even I made a fault, it smiled at me. Then I thought of myself. My fault was not a big deal. My bleaming myself and punishing myself was the big problem. I could be happy even though I made a mistakes. Honestly, that's not my business.

 

The most fundamental thing in this world was my happiness. This world was a story of myself. I was the main cast of this story. Everyone spent their story. But I didn't have to be the cast of somebodies' stories.

 

One day, I did a great job in my office. I had a confidence in myself. Everybody turned to love me. I felt so happy. I was like surrouned by a pink warm blanket. Yes, a blanket just like rose quartz

 

Although it was the happiest moment, I felt like a little bit uncomfortable. So I looked down to my ring and said" Thank you. It's because of your power. Not mine." 

 

Suddenly I felt something uneasy. I felt like I chose the wrong message. So I tried to find a right message. Then I came to one phrase that perfectly suited the smile of my rose quartz. "I love you." 

 

Rose quartz helpled me. It must be true. But It didn't do it because of anything but love. It's loved me coherently. So the most suitable phrase I would say was "I love you." Not "Thank you."

 

After that, I came to wonder whether I'd ever thought that somebody helped me a lot because simply they loved me. I came home and told it to my husband. He smiled and seemed so happy. Yes, he's always helped me a lot. I said "I love you." instead of "Thank you."