やわらかい ぱん

いつか絵本にまとめたいブログ

感覚統合…!

ninono0412.hatenablog.com

 

いつも拝読しているブログさんで、感覚統合障害の話を読みました。…!!これではないかと思う子が仕事先におり、さっそく感覚統合の本を購入しました。飛んでゆく、今月の稼ぎ…。

 

我が子も、年齢的なこともあるのでしょうが、体がしっかりして見えるわりに、まだ体の使い方が巧くありません。私自身もそんな子供でして。小学校2年生くらいまで、どうも運動の苦手な子でした。いつもかけっこはビリ。縄跳びも、木登りも、鉄棒も下手くそ。

 

小学校2年で田舎に引っ越しました。小学校は遠いし、山だし、なぜかアホほど運動に力を入れている学校で(言い過ぎかな…)、校庭を毎朝1キロ走らされ、体育でさらに走らされる内、一年後、引っ越す前の町を訪ねて行って、その町の友達とかけっこしたとき、ダントツに早かったんですよ。

 

体を使う機会が少ないと、発達も遅いのかも…と今では漠然と思っています。さらには、体を同じだけ動かしても、その刺激が合理的に活用されず、運動量のわりに、体や感覚を統合しにくい子もいるのかも知れません。

 

一人、その子は腹を割って接すると、とても素直でいい子なのですが、どうも何かの調整が下手なのでは…?と感じさせる子がいます。こちらの問いかけに答える声が妙に大きかったり、距離を広めに取ろうとしたり、何たってダントツに心配なのは、姿勢がすごく悪いのです。

 

姿勢。私はどんな格好でも、勉強さえ頭に入れてくれればいい立場なのですが、学校の先生は、姿勢をすごく求めます。姿勢が極端に悪いと、態度が悪い、引いては自分に対してあえて反抗的な態度をとっている、と誤解されがちでは。…いや、実際、すごく態度が悪く見えるのです…。本人は実はとてもまじめでいい子で、これは本当に大変な損なので、どうにか一緒に考えて行かなきゃ…なのですが。

 

見ていると、これは反抗的でこうしている訳じゃないんだな…と分かってきます。なぜか、あえて不安定な座り方をします。椅子のヘリに座り、ものすごーーーく前傾になり、机に伏せる形で学習します。

 

バランスボールに座って勉強をすると、集中力が高まる、という説もあります。自分もあえてイスのヘリに座ることがあるので、この子も、何か意識的にか無意識的にか、刺激を入れているのかも知れない、とは想像しています。

 

肢体不自由児と仕事をしていた経験から、すぐに「体幹弱いんじゃない?」という発想が馬鹿の一つ覚えで出てくるのですが、この子の場合、姿勢を見るにつけ、「…私の思い過ごしかなあ。…やっぱり体幹が弱い感じはするなあ…」と疑っていました。ただこの子は運動はしているようだし、特に他の大人や学校の先生に指摘を受けたことはないようなのですが…。

 

一緒の職場の大人が、気分転換にこの子にストレッチを持ちかけたとき、思い切りぺしょ、と潰れていました。もっと筋力のなさそうな、運動しないだろう生活を送っている子のほうが、そのストレッチを難なくこなしていました。私自身、万年運動不足ですが、特につぶれるような難しい運動ではありませんでした…。

 

…そうか、感覚統合か。その発想はなかった…。たまたま、タイトなスケジュールで、体がガチガチになるような詰め込み勉強をしたので、ストレッチをしましたが、これは案外もしかしたら、すごく大事な活動になるのかも…と今日思いました。

 

子供って、必要な運動はすごく楽しいのかも知れません…。我が子もツイスターゲームが超大好きです。毎日風呂上りにさせられ、汗だくになっています(苦笑)。縄跳びは好きではありません…。たぶん、ちょうどいい運動っていうのがあるんでしょうね。たぶん我が子には、縄跳びは若干早いのだろうと思います。

 

職場の子はすごくやる気で、前向きで、真面目でいい子なのですが、いかんせん何かの調節が上手く行っていないらしく、それが全部「態度が悪い」という評価に結び付いてしまい、気の毒です。何でこんなに返事の声がでかいんだろうな、と。

 

無邪気な感じがして可愛いので、チャーミングに思いつつ、ふと「あれ?」と不思議になっていました。何か、自分の発する音に、鈍感な感じもします。聴覚に何かある…?と考えてみたものの、今までこちらの指示を聞き洩らしたことはなく、ただただ自分で発する声がでかいのです。

 

感覚統合かあ…。もしピタッとはまる運動を導入できて、本人がそうとは気づかずすごく楽しい顔をしてくれたら、いいなあ。

 

その道35年の先生に聞く

先日我が子が通っている公文の面談でした。昨今は公文に面談があるんですね。私が子供のころ通っていた白亜紀には、あったっけかなあ。私が通っていた時代は算数・数学だけで、国語や英語もなかった気がしますし、公文も進化しているんですね。

 

実は我が子の通う公文の先生は、私自身の公文の先生でもありまして、だから、親子二代で通っている事になります。先生のところは我が家のような二代目公文生が結構いまして、そういう意味でも、先生は仕事が楽しい様子。昔通っていた○○君の息子さんが、今度通いたいらしいのよ、とか。その○○君は私の同級生でもあって、お互い膝から粉吹いた田舎の小学生だったのですが、そうか立派に人の父なのかーと。

 

先生のところには、不登校の子、発達障害の子も通っているそうで、元来おっとりした先生だからか、特に何か特別な知識があるでもなく、おっとり引き受けているようです。頭でっかちなビジネス笑顔よりも、近所のおばあちゃん先生で、マイペースに子供好きっていうのは、子供にも伝わるんでしょうね。

「算数のプリントで、全部2を足す問題なんだけど、次のプリントで全部3を足す問題で。だけどたーって全部2足しちゃうのね。とにかく速いのよ。違いはどこかなーって言うんだけどね。」

 

私も、仕事場で英語学習のプリントを大量にさせる事があります。私自身プリント学習より、みんなで会話の練習とか、インタビューとか、スピーチが好きでした。が、職場の子たちの、どうも特に男子に多い気が…しているのですが、プリント学習だとすごく生き生きする連中がいます。

 

先生の話を聞く、ではなく、自分の力で今やることがある、からなのかな。また、とにかく字を書くのが好き、という子もいるようです。書く欄が余っていると、「じゃあ僕、練習しようー」と言って、自らアルファベットを練習したり…。

 

何度指摘しても荒っぽい間違いがあったり、なかなか何度やっても入らなかったりする子もいるのですが、それでもプリント学習が好きな子っています。自宅でも、出したプリントの余白などを使って練習をしているらしく、「ノートの紙丁度なくなっていたんだよね」と先日言われ、…じゃあ、自由に勉強できるように、英語ノートの紙(アルファベット用のガイドが付いている)、大量に引き出しに入れておこうか…?とか。

 

我が子はとても緊張しいの子なので、来年度入学する小学校に、できるだけソフトランディングして欲しいという願いでの公文入門でした。先生の勧めで国語をやっていますが、ぼちぼち就学時に必要そうな内容は足並みが揃い、先取り学習に突入。

 

夏だけ算数もやってみる?と言われ、旦那と相談し、まあ、時間有り余っているし、やってみるかと。国語(平仮名読み書き、簡単な文の音読、理解)と算数(数字の書き方とか、数の理解、簡単な足し算とか)ができた状態での小学校入学なら、さすがの緊張しいの娘でも、多少緊張のタネは少なくなって、何とかやっていくかなあ、とも。

 

と同時に、何かこれだけは負けないという事を身につけさせてあげると、自信になってその子の思春期を支えてくれるよ、とも言われました。ああ~。ヒップホップでもいいし、バレエでも、楽器でも、水泳でも、絵でも…。

 

ついこの間まで、この人(我が子)は習い事に向かないなあ…と思い、時期が来るまで習い事いいや、と思っていました。楽しい、はやるけれど、がんばる、はちっともやらない子でして(当然年齢的なものもあるかと…)。

 

が、最近、周囲より○○ができた自分にえらく気分が上がるらしく、よく○○ができた、自分だけできた、という話をします。周囲への目が育ち、人と自分を比べ、自己肯定感が上がったり下がったりする時期に入ったようです。

 

なら、何か習い事もいいかなあ…。旦那は「ドラムしようよう~我が家にドラム置こうよう~~」と、旦那らしい…無邪気な提案を数年間ずっとしています。どこに置くのさ。「キッチン」…どうやって料理とかするのさ。「…じゃあ俺の部屋」…君の部屋のどこに置くのさ。「…下にもぐって寝る」。

 

ただ、同級生で結婚が早かった友人によると、子供時分の習い事は抑えめにしてお金をためないと、中高の塾代で死ぬ、とも。人生に寄り添う趣味を見つけてあげたい気もするし、公文も将来的に教科を増やすことも考えると、お金が。母も職場で喧嘩している場合ではないです(上司と喧嘩しちゃった☆)。

 

でも、頑張って続けてみると、やっぱり子供に変化がありまして。我が子は最近読むことが楽しくなってきたらしく、ご本が大好き。テレビでも、絵本の中身を簡単なアニメにした5分ほどの番組や、日本昔話が好きになっています。

 

youtubeを見ていても、「何か本読もうか」というと、ぱっと立って本を探してくることも。ご本読んで。時には自分で読んだり。文字っていうのは世界を広げるんだなあ、と見ていて思います。字が読めるっていう港の向こうの世界って、本当に広いんだなあ。駅や町で拾い読みをしたり、私が持ち帰る書類の拾い読みをしたり。世界が私にも分かる、という感じがするんでしょう。それは高揚感があるだろうなあ…。

 

我が子はまた、なぜか県にも興味があり、教育テレビの15分くらいの番組をよく見ています。山形県大阪府和歌山県。なぜか繰り返し見ています。和歌山でマグロが捕れるらしいですよ…。山形は先日旅行で行ったので、「将棋の駒だ」と見た風景と合致して、喜んでいます。

 

保育園時代、平仮名をいち早く覚え、木のネームプレートを一人、読んでいました。当時お友達たちは平仮名が読めず、一人っ子ということもあってか、もりもり集団の中に割って入ることもできず、ぽつねんとしていました。先生に若干発達障害を疑われていたきらいも。なにはともあれ、次第に育ってくると、この人はどうやらとても賢い子のようだ…と感じさせられます。どちらにしても、生きづらいかもしれない、と、最近は思ったりもします。

 

小学校、中学校で私立は考えないの?と先生に聞かれ、いやあ先立つものがなあと思ったりもしましたが、旦那に話すと、「○○△△とか、俺行きたかったなあ。パパのリベンジしない?」と我が子に聞いていました(独特な教育の学校です。鉄を作るのに、砂鉄を数トン校庭に運ぶとか…)。まあ、それも視野に入れるか…とも。

 

先生からヒントをもらったので、備忘録です。

・平仮名表などを部屋に貼っている場合、ときどき貼る場所を変えると、ただの景色になっていたのが、何だかちょっと新鮮に見えて、もう一度見るようになったりする。

 

・0から50や100までお風呂で数える際、逆からもカウントダウンもすると、引き算が得意になる。

 

・指で足し算、引き算をしてもいいが、それをする時はできるだけ速くしてごらん、と言っている。

 

・いつも字がきれいである必要はない。メモなどは汚くても構わない。ただテストの時はよそ行きの文字でね、と言っている。また、計算のひっ算のときなども、自分で書いた数字がずれていたり、字が汚いと、それで自分が混乱するので、ひっ算などの時も丁寧に書くように言う。

 

次の予定がなかったらしく、ぺちゃくちゃと小一時間話し続け。帰宅しながら思ったのは、そういえば、先生は私が小学校2年で入門したとき、宿題を入れる茶封筒に「絵を描いてもいいよ」と言ってくれたんだよなあと。初めての場所で、緊張もあって、無理に話さずに絵を描いていられるのがうれしくて、また、「もうそれ位でいい加減にしなさい」と言われることもなくて、毎回絵を描き足し、びっしり絵で埋め尽くしたら、「あら、すごいね。上手じゃない、あなた。ちょっと他の子にも見せてあげたら」と先生自ら茶封筒を取りに行ってくれ、他の子に見せて、褒めてくれたっけなあと。

 

当時はまだ、ただ絵が好きな子供だったけど、そのたった10年後、美大に行くんですよね。私も自分が教えている子が行く行くどういう人生を歩んでいくのか、細くでも長く見届けて、その経験をもって、また新しい人を見るなんて、したいなあ。

 

世界征服をして長生きをしたいとは思わないけれど、そういう意味では、細くても長く、生きたいなあと思う。どういう子供が、それぞれ七転八倒するだろうけれど、どう育って、どういう幸せを見つけるのか、それを実際に知って、新しい子供にゆったりと接せられるようになりたいなあ、と思いました。

【くるくる】スピナーリングとハンドスピナーは、何かに効くのか

発達障害者支援グッズのスピナーリングを大事にしています。

www.turtlewiz.jp

 

母の日に買ってもらった上記の発達障害者向けのアクセサリー。もともとはStimasticというアメリカの会社が販売しているようです。それを輸入、ちゃんと回転するかなどを検品して、たーとるうぃずさんがアマゾンで販売しています。

 

物がステンレスということもあってか、お値段もお手頃。さらに私は金属アレルギーがありますが、かゆくなることもなく、愛用しています。幅が太いので、むれるのですが。なので常時着用というより、手慰みに着け、時々外し、という感じで付き合っています。

 

何だかんだで1か月。いぶし加工は早々にはがれてしまい、ただの銀色のエンボス状態になっていますが、それはそれで綺麗です。回転も、汚れるとにぶくなりますが、中性洗剤で洗う、フロスで掃除するなどすると、問題なく復活します。

 

スピナーリングを付けたまま重いものを持ったり、手を酷使していますが、傷もあまりつきません。…まあ、皆無ではないんですが、シルバーよりステンレスは頑丈なのかも知れません。

 

…そんなわけで、出かける時は何となくお守り代わりに着けている事が多いです。自分がどこでスピナーを回しているのか、自分で意識してみると、駅が多いです。階段を上り下りして、さあ、これから都会のちょっと混んでいる電車に乗るぞ、という時とか。仕事で落ち込んで、考え事をする時とか…。

 

とはいえハンドスピナーに比べたら、質素で大人しい小さなギミックです。回転も、中にハンドスピナーのようなベアリング(というの?)が入っているわけではなく、ただただ軽い。回転させて「わ、心地よい!」ほどではないです。中毒になるほどではないので、かえっていいのかも。

 

指にはめていられるので、仕事先でもはめています。あまり支援グッズ的なものを持ち歩いて、使ったりはしていないのですが、ちょっと相手の子の気分を変えたいときにスピナーリングをぽん、と渡したりしています。しばらく試して飽きる子もいれば、デザインにダメ出しする子もいれば、思いのほか本人も気に入って、「これいくら?」と聞く子もいれば、まちまちです。

 

回転系にしっくりくる人、スイッチ系の方がいい人、色々のようです。どちらにしても、頭だけで活動をしていると、人間、詰んでくるんじゃないかなあ…と思ったりも。体がここにある、と思い出し、バランスをとるためにも、手慰みグッズっていいのかも知れません。

 

最近ハンドスピナーも購入しました。アマゾンでレビューを参考にして買ったのですが、あまり回転しません。良く回るものでは5分、そこそこでも2,3分、個人的に1分回ればいいかなと思っていましたが、何と我が家のハンドスピナーは、3秒で止まります。

 

とはいえ、回転させているときの振動や、シューンという音、付加をかけて回転する、という肉体を使った単純な因果応報なんでしょうか、それが意外にたのしく、私も帰宅し、ほっと一息コーヒーでも…の前にハンドスピナーを回したり、旦那も帰宅すると、お喋りをしながらせっせとハンドスピナーを回しています。

 

もうちょっと回転するものも欲しいな。

 

子供に勉強を教えていて、興味が違うところへ激しく昇華されてしまったり、何かきっかけで過去のつらい記憶が蘇って、かといってその時の相手がその場にいる訳でもなく、苦しみの矛先に困っているとき。スピナーリングよりは、ハンドスピナーのほうが重みもあり、回す手ごたえ、回した後の振動が心地よく、強く効くだろうなあ、とは思います。

 

ただ、見た目が大きく他の子の目につきやすい事。「それ何?僕もやってみたい」で、簡単に勉強時間が崩壊するだろうなあ^^; が予想され、集団の中だと、使いにくいなあ…がちょっと本音です。

 

後、ハンドスピナー学校持ち込み反対派の人の意見でしばしば目にする、「ハンドスピナー、両手使うから、子供が書字できない。」も、そうだよなあ…。

 

でも、結構いいものです。自分で使っていて、思う。こんな単純な物は流行るなんて、現代って時代は不思議で面白いですね。きっと肉体の感覚と言うものが、案外人間に重要と発見されていく過程なんだろうなあ…。

 

タートルウィズさんでは、スイッチの手慰みグッズも輸入、販売されています。こちらも、ちょっと気になり始めています。

www.turtlewiz.jp

 

DAISY教科書ーディスレクシアの子供の学習支援ー

www.youtube.com

 

主にディスレクシアの子に向けた‥でいいのだろうか、教科書を読み上げてくれるソフトです。読んでいる箇所をハイライトしてくれ、さらに縦書き、横書き、フォントの種類、フォントの大きさ、行間、文字間隔も、変更できるそうです。

 

私はうっすらですが、平均よりディスレクシア傾向があるらしく、縦書きよりは横書きが読みやすいです。さらに、字間のつまったゴシックが読みにくく、場合よっては明朝の方が、多分読みやすいです。これは人によってずいぶん違うようで、旦那はディスレクシア傾向はないようですが、ゴシックより明朝が読みにくいそうです。

 

なるほど、ネットでLD、ディスレクシアと検索すると、デイジーの話題に行きつくことが多かったのですが、表示の変更が色々できるのは、いいなあ~と思います。

 

申請は、本人、保護者、学級の先生や通級の先生や、その他という選択もあり、実質誰でも登録できるようです。私も登録してみようかな、と思ったのですが…使用する子供の登録ページがあり、そこで使用する子供の情報を登録せねばならず。

 

子供に関してはイニシャル可なんですが、でも、仕事先の子供に有効かどうか、本人が集団の中で受け入れるかどうか、さらに職場でパソコンを自由にワタシが使わせてもらえるかどうか^^;などハードルがいくつかあって、気分が折れてしまい、まだ本登録に至れていません。

 

が、我が子に試しに使ってみよう…という方には、すんなり登録ができるんじゃ…という印象です。登録に個人情報を求めるのは、教科書の著作権の問題からのようです。

 

マルチメディアデイジー教科書

( ↑ 登録はこちらからできます)

 

教科書を選択し、自由にデイジーで表示、読ませることができるようです。

ハンドスピナーはADHDの人にいいの?

www.youtube.com

 

怖い、怖いですよ、ADHDというパワーワードをタイトルに着けることが。できればあまり皆さん見に来ませんように。^^;

 

上記のビデオがyoutubeに上がったので、見に行きました。ふうん、総じて何だかよさそう…。

 

ADHD(というかADDかな)の傾向の強い子に、あえて手でいじれる玩具を渡し、それを自由にいじらせながら、授業をうけさせたり、プリントをさせたりしたことがありました。

 

黙って座らせて勉強させるのではなく、手でいじれる単純なおもちゃを渡し、それを自由にいじらせながら勉強をさせるなんて支援を、特に支援と意識もせず、アメリカかどこかのベテランの先生は自然とやっているよ、という記事を読んだことがありまして。

 

へえ~と思って、自分もマクドナルドのハッピーセットの玩具(熱中して遊べるほどのギミックはない)を子供に渡し、そのままプリントをさせたのでした。

 

その子は玩具をしばらくいじり、それからプリントをやり(片手に玩具を持ったまま)、頭の堅い人から見れば「だらだらやってる」なんて言われるのかも知れないんですが、結果として、フルの時間プリント学習をやっていたので、「あれ?本当にいいかも…」という印象がありました。

 

我が家にはスピナーリングが2つありまして。指輪の表面がくるくると指で回せるものです。これはしっかりとした支援グッズで、「たーとるうぃず」さんが輸入、検品し、販売しているものを購入しました。

www.turtlewiz.jp

 

たーとるうぃずさんと作業所で共同制作した、木製のハンドスピナーがあるそうですが、現在欠品中だそうで…。欲しいんですよね…私…。

www.turtlewiz.jp

 

ハンドスピナー、どうなんでしょうね。職場に持っていったら、子供のハンドスピナー大会になっちゃいそうで、上司から叱られそうですが、ハンドスピナーに興味があるので、試してみたい気も。ADHD傾向のある人にいいのかなあ。くるくると回るし、自閉傾向のある子にも、心地よかったりするのかなあ…。

 

youtubeといえば、ヒカキンさんも最近お疲れのようで、そしてずっと「民族」と名付けたハンドスピナーを愛用しているようです。何か人間全般にきく癒し効果があるのかなあ…。私も一つ欲しいなあと思っています。

www.youtube.com

 

たーとるうぃずの木製のハンドスピナー、早く増産されないかなあ…。